フローラS(2018年)はディープインパクト産駒の逆襲があるのか?ーーエアレーション馬場の開幕週

春の東京開催の開幕週に行われるGⅡフローラSは、3歳牝馬クラシックの第2冠・オークス(GⅠ・東京芝2400m)へのステップ・レース。昨年のモズカッチャン、一昨年のチェッキーノとこのレースを制した馬が続くオークスを2着と好走しており、先のGⅠを占う意味でも…

GⅠ皐月賞(2018年)は俊敏な加速力で抜け出したエポカドーロが勝利!ーー回顧

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞(GⅠ・中山芝2000m)は、7人気のエポカドーロ(藤原英昭厩舎)が4コーナーからスムーズに加速して直線で先頭に立つと、サンリヴァルの追撃を振り切っての勝利を上げました。騎乗した戸崎圭太騎手はこれが嬉しいクラシック初…

皐月賞(2018年)は高速馬場か重馬場かが読めないのなら、その2パターンを想定しての買い目を!ーー予想

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は、圧倒的な1人気が想定されたダノンプレミアムが回避したこと、レース当日に降雨の予報が出ていることなどから、混戦ムードとなっています。 1、2人気を分け合うワグネリアンが1枠、ステルヴィオが8枠に入ったこと、そし…

アーリントンC(2018年)は名繁殖牝馬の仔◎レッドヴェイロンに期待して!ーー予想

NHKマイルCへのステップ・レースとなるアーリントンC(GⅢ・阪神芝1600m)は、朝日杯FS3着のタワーオブロンドン、毎日杯3着のインディチャンプ、きさらぎ賞3着のラケットなど重賞で活躍した馬が揃い、3歳マイル路線を占う重要な1戦となりました。 タワーオブ…

皐月賞(2018年)はディープインパクト産駒向きの高速馬場か、Roberto向きの重馬場か?

2014年、中山競馬場の芝コースは「排水性」を高めるため、馬場の改造工事を行いました。それ以降の2015年〜17年、3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は「高速馬場」のなかでのレースとなり、速い時計の決着が続いています。 ▼2015〜17年の皐月賞の勝ち時計 20…

福永騎手のワグネリアンは皐月賞(2018年)を好走できるのか?ーー血統や走りの特徴を解説!

4月15日(日)、3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞が中山競馬場の芝2000mで行われます。 デビューから4戦4勝のダノンプレミアムが回避したことで、ステップレースを好走したワグネリアン(弥生賞2着)とステルヴィオ(スプリングS1着)のノーザンファーム生…

ロードカナロア産駒のステルヴィオは皐月賞(2018年)を好走できるのか?ーーコースと馬場適性について

3歳牝馬クラシックの第1冠・桜花賞(GⅠ・阪神芝1600m)は、2人気のアーモンドアイが1人気のラッキーライラックを素晴らしいフットワークで差し切り、父ロードカナロアに初GⅠをプレゼントしました。 ロードカナロア産駒は、牝馬クラシックを制したアーモンド…

皐月賞(2018年)は重馬場か、それとも高速馬場か?ーー重馬場適性のある馬は?

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は16年のディーマジェスティ、17年のアルアインが2年続けてレースレコードをマークしています。昔から「もっとも速い馬が勝つ」と言われるレースだけに、今年も1分58秒を切る好タイム決着となるのでしょうか? 「皐月賞ウィ…

重馬場が得意なRobertoが捲る皐月賞(2018年)ーージャンダルムは好走できるのか?

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は小回りの中山芝2000mで行われ、3〜4コーナーを俊敏に回るパワーと器用さが求められるレースです。昔から「最も速い馬が勝つ」と言われるレースにおいて、「最も捲りが速い」のはどの馬なのでしょうか? 今年の皐月賞出走…

GⅠ皐月賞(2018年)はノーザンファーム生産馬が好走するのか?ーー注目馬についても解説!

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞(GⅠ・中山芝2000m)はデビューから4戦4勝のダノンプレミアムが回避し、中心馬不在の1戦となりました。 「ラッキーライラック1強」と言われた桜花賞は、シンザン記念からの異例のローテーションとなったアーモンドアイが上…

桜花賞(2018年)はロードカナロア産駒のアーモンドアイが大外バキューンで1着!ーー回顧

3歳牝馬クラシックの第1冠「桜花賞(阪神芝1600m)」は、2人気のアーモンドアイが直線で大外に出すと、好位のインから抜け出した1人気ラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切り1着でゴールしました。勝ちタイムの1分33秒1(良)はレースレコード。 桜花賞の…

GⅠ桜花賞(2018年)は高配当を期待してマイラー色の強い馬をピックアップーー予想

3歳牝馬クラシックの第1冠「桜花賞」は、2014年のハープスターから昨年のソウルスターリングまで、4年続けて1人気の単勝オッズが1倍台となりました。ただ、1人気馬の成績は(1 - 0 - 1 - 2)と高い支持を集めたほどには走れていません。 今年の主役は4戦4勝…

ニュージーランドT(2018年)は内枠の人気薄の馬とケイアイノーテックに期待して

3歳のマイルチャンピオンを決めるNHKマイルカップ(GⅠ・東京芝1600m)のステップレース・ニュージーランドT(GⅡ)は中山の芝マイルで各馬がスピードを競います。 近年、3歳春の1200m〜1600m戦はそれほどハイレベルな争いにはなりません。昨年のNHKマイルCを…

阪神牝馬Sは名繁殖エリモピクシーの仔レッドアヴァンセに◎を!ーー予想

阪神牝馬ステークスは、4歳以上牝馬のマイル・多ャンピオンを決める「ヴィクトリアマイル(GⅠ・東京芝1600m)」へのステップレース。今年はトップレベルの牝馬が出走し、GⅡとは思えない好メンバーが揃いました。 ハイレベルと呼ばれる4歳馬からはソウルスタ…

リリーノーブルとマウレアは桜花賞(2018年)で2歳女王を逆転できるのか?

3歳クラシックは阪神芝1600mで行われる桜花賞からその幕を開けます。今年は「2歳女王+4戦4勝」のラッキーライラックが主役。前走のチューリップ賞は休み明けをものともせず、阪神JF上位組のマウレアとリリーノーブルをアッサリと退けて快勝しました。 シン…

阪神牝馬(2018年)は中距離馬とマイラーのどちらに適した舞台なのか?ーーリスグラシューは?

GⅠヴィクトリアマイル(東京芝1600m)へのステップ・レースとなる阪神牝馬ステークス(阪神芝1600m)は2016年に施行条件が1400m内回り→1600m外回りへと替わり、実力馬がすんなりと好走するレースになりつつあります。 今年はソウルスターリング、リスグラシ…

ロードカナロア産駒のアーモンドアイは桜花賞(2018年)を好走できるのか?

3歳牝馬クラシックの第1冠「桜花賞」は阪神芝1600mを舞台に行われます。今年の1人気はデビューから4連勝で臨む2歳女王のラッキーライラック。前走のチューリップ賞は阪神JF(GⅠ・阪神芝1600m)の再戦となったリリーノーブルやマウレアを寄せ付けない走りで、…

1人気が3連敗の桜花賞(2018年)を2歳女王のラッキーライラックは好走できるのか?

2歳女王のラッキーライラックはステップ・レースのチューリップ賞を快勝し、3歳牝馬クラシック第1冠「桜花賞」へ向かいます。デビューからここまで4戦4勝。そのレースぶりも「ケチ」のつけようがないもので、現3歳牝馬路線の「主役」となるのは間違いありま…

大阪杯(2018年)はハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが内回りのGⅠを制覇!

4月1日(日)、阪神芝2000m(内回り)で行われた大阪杯(GⅠ)は、1コーナーで後方に位置していたスワーヴリチャードが、向正面から外をスムーズに捲り上げて早目に先頭に立つと、直線に入っても脚色は衰えずにそのまま1着でゴールを駆け抜けました。2着にペ…

社台ファーム生産馬のレッドサクヤは桜花賞(2018年)を好走できるのか?

3歳牝馬クラシックの第1冠「GⅠ桜花賞」は4月8日(日)、阪神芝1600mを舞台に行われます。昨年は1人気のソウルスターリングが直線で伸び切れず3着と敗退したことから、この馬を生産した社台ファームにとっては1年越しの雪辱を果たすレースとなりました。 今年…

桜花賞(2018年)はノーザンファーム生産馬が制するのか?ーー注目馬プリモシーンについて

牝馬クラシックの第1冠「桜花賞(GⅠ)」は阪神芝1600m外回りコースで争われます。うら若き乙女が集まり、スピードと瞬発力を競うレース。直線の長いコースでバキューンと弾ける脚を使うのはどの馬なのでしょうか? 関連記事 ディープインパクト産駒は2018年…

ドバイターフ&シーマクラシック(2018年)をスバっと予想!ーー日本馬は好走できるのか?

ドバイミーティング(Dubai World Cup Day)はメインレースとなるドバイワールドカップを含め、1日に4つのGⅠレースが行われます。今年はレイデオロやリアルスティールなど日本から総勢14頭が出走。質で量ともに申し分のないメンバーが遠征することから、レー…

Bコース替わりのGⅠ大阪杯(2018年)はノーザンファーム生産馬が1着になるのか? それともーー予想

大阪杯(GⅠ・阪神芝2000m)は古馬の芝中距離路線を拡充するため、昨春にGⅡからGⅠへと格上げされたレースです。これにより、4歳以上の芝・中長距離馬は大阪杯→天皇賞・春→宝塚記念と3つのGⅠレースを目標とするローテーションが組めるようになりました。 昨年…

GⅠ大阪杯(2018年)は社台系ファームの運動会!?ーー非社台のヤマカツエースは好走できるのか?

昨年、古馬による芝の中長距離GⅠ(JRA)は6レース行われ、その内の4勝を年度代表馬に輝いたキタサンブラックが上げました。そして、残りの2つのGⅠはノーザンファーム生産のサトノクラウンとシュヴァルグランが制し、日本の馬産を支える「社台系ファーム」の…

ドバイ・シーマクラシックとターフに出走する有力馬(日本馬を中心に)をズドーンと解説!ーー展望

3月31日、UAE・ドバイのメイダン競馬場で開催される「ドバイ・ワールドカップ・デー(ドバイミーティング)」に、日本馬は総勢14頭(6レースに出馬登録)が参戦予定。 今年はレイデオロ、サトノクラウン、リアルスティール、ヴィブロスと日本を代表する芝の…

GⅠ大阪杯(2018年)に有力馬4頭を出走させる池江寿厩舎の戦略は?

2017年からGⅠに格上げされ、春シーズンの古馬・芝中距離チャンピオンを決めるGⅠ大阪杯(阪神芝2000m)は、キタサンブラックがターフを去った後、中長距離路線の「王者」に君臨する馬が現れるのかを占う重要な1戦です。 今年はジュヴァルグラン、サトノダイヤ…

高松宮記念(2018年)は前傾ラップをしぶとく伸びたファインニードルが勝利ーー回顧

春のスプリント・チャンピオンを決める「GⅠ高松宮記念(中京芝1200m)」はステップレースのシルクロードSを快勝してここへ臨んだファインニードル(5歳牡馬)が、直線の坂下で先に抜け出したレットゴードンキをゴール前で捕らえて1着。馬主の名称を「ゴドル…

GⅠ高松宮記念(2018年)は2015年のヴィクトリアマイルをイメージして、3連単で高配当を!

春のスプリント・チャンピオンを決めるGⅠ高松宮記念(中京芝1200m)はスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが1人気に推されています。 「世界のロードカナロア」がターフを去ってからのスプリント路線は、コロコロと重賞の勝ち馬が変わるほどの混戦模…

GⅡ日経賞(2018年)はコテコテの欧州血統+時計のかかる中山がスンドバのガンコに◎を!

天皇賞・春のステップレース「GⅡ日経賞(中山芝2500m)」は昨年の菊花賞馬キセキ、香港ヴァーズ2着のトーセンバジルなど15頭が顔を揃えました。GⅠ好走馬を多く出す伝統の長距離重賞だけに、今年のレース内容にも注目が集まります。 日経賞は「コース適性」が…

毎日杯(2018年)はハービンジャー産駒の◎ブラストワンピースから3連単1点で!

春の3歳牡馬クラシックへと繋がる重賞「GⅢ毎日杯(阪神芝1800外回り)」は、出走馬が10頭と落ち着いた頭数になったものの、素質馬と目される馬がズラリと揃い、馬券以上に見応えのある1戦となりました。 昨年このレースを制したアルアインのように、今年はこ…