秋華賞(2018年)におけるアーモンドアイの唯一の不安は?ーー今年は馬券の買い方が大切なレースに!

桜花賞とオークスを制した天才少女「アーモンドアイ」は、ジェンティルドンナ以来となる牝馬3冠を目指して秋華賞(GⅠ・京都芝2000m)に出走します。 秋華賞のポイント 秋華賞は牝馬3冠のなかでもっとも直線の短いコースで行われます。牝馬3冠レースの直線距…

重馬場のスプリンターズS(2018年)は人気でもレッツゴードンキに◎ーー3連単6点で高配当を!

秋のスプリント路線のチャンピオンを決めるGⅠスプリンターズSは、中山芝1200mを舞台に争われます。今年は春の高松宮記念(GⅠ・中京芝1200m)を制したファインニードルが1人気。ロードカナロア以来となる春秋スプリントGⅠ連覇がなるのかに注目です。 スプリン…

スプリンターズS(2018年)は重馬場 or 高速馬場?ーー前半3Fのタイムに注目の1戦に!

秋のGⅠ戦線は9月30日(日)、中山競馬場を舞台に行われるスプリンターズS(芝1200m)からスタートします。スプリンターズSはJRAのなかでもっとも短い距離の芝GⅠとあって、スピード自慢の馬が集まる1戦です。 2006年に創設されたサマースプリントシリーズを好…

セントライト記念(2018年)は配当が低いので、3連単4点で!ーー予想

9月17日(月・祝)、変則3日間開催の中山最終日は、メインレースに菊花賞トライアルのGⅡセントライト記念が組まれています。今年は春のクラシックをパスした良血馬レイエンダが、ギベオン、グレイル、オウケンムーン、コズミックフォースなどの実績馬を抑え…

高速馬場想定のローズS(2018年)はしなやかにキレる◎レッドランディーニから!ーー予想

9月17日(日)、秋華賞トライアルのGⅡローズSが阪神競馬場の芝1800m外回りコースを舞台に行われます。今年は2冠馬アーモンドアイ、2歳女王ラッキーライラックなど、クラシックの上位組が不出走。その替わり、サトノワルキューレやカンタービレなどの重賞馬が…

ローズS(2018年)は重馬場になるのか?ーートニービンもちが好走するって本当?

秋競馬の2週目は9月15(土)〜17(祝)の変則3日間開催。中山と阪神の東西で牡馬と牝馬のクラシックのトライアルが行われます。 ・ローズS(GⅡ・阪神芝1800m) →1〜3着馬に秋華賞の優先出走権 ----- ・セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m) →1〜3着馬に菊花…

アーモンドアイ不在のローズS(2018年)はノーザンファーム生産馬が好走するのか?ーー展望

秋競馬の2週目は9月15(土)〜17(祝)の変則3日間開催。中山と阪神の東西で牡馬と牝馬のクラシックのトライアルが行われます。 ・ローズS(GⅡ・阪神芝1800m) ・セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m) 春のクラシック2冠を制したアーモンドアイはローズSをス…

高速馬場のセントライト記念(2018年)はディープインパクト産駒が好走するのか?ーー展望

9月17日(月・祝)、変則3日間開催の中山最終日は、菊花賞トライアルの「セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m)」が組まれています。 1人気に推されるのはC・ルメール騎手が「兄レイデオロ以上の素材」と惚れ込むレイエンダ。春のクラシックに間に合わなかっ…

セントライト記念(2018年)は「高速馬場+中山コースOK」の良血レイエンダに注目!ーー展望

秋競馬の2週目は9月15(土)〜17(祝)の変則3日間開催。中山と阪神の東西で牡馬と牝馬のクラシックのトライアルが行われます。 ・ローズS(GⅡ・阪神芝1800m) →1〜3着馬に秋華賞への優先出走権 ・セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m) →1〜3着馬に菊花賞へ…

セントウルS(2018年)はGⅠ馬ファインニードルが完勝し、春秋スプリントGⅠ連覇に向けて好発進!ーー回顧

スプリンターズSへの前哨戦・セントウルS(GⅡ・阪神芝1200m)は、1人気のファインニードルが「休み明け+58kg」をものともせず、素晴らしい内容での完勝。GⅠ馬としての格の違いを見せつけました。 セントウルS1着馬はここ10年以上、スプリンターズSを勝って…

京成杯AH(2018年)は中山マイル+高速馬場が得意なハービンジャー産駒のヒーズインラブに◎を!ーー予想

秋の中山開幕週は土日に1つずつ重賞が組まれ、日曜日のメインレースはサマーマイルシリーズ最終戦となるGⅢ京成杯AHが行われます。 土曜日に行われた秋華賞トライアル「紫苑S(GⅢ・中山芝2000m)」は、ルメール騎手の手綱に導かれたノームコアが1分58秒0の好…

セントウルS(2018年)は重馬場を苦にしないパワー型◎アドマイヤゴッドのイン差しに期待して!ーー予想

秋の阪神開幕週のメインを飾るセントウルS(GⅡ・阪神芝1200m)は、サマースプリントシリーズの最終戦、そしてGⅠスプリンターズSの前哨戦となる大切な1戦です。 1人気に推されるのは今春の高松宮記念を制したファインニードル。今走は香港遠征後の休み明け初…

紫苑S(2018年)はエアレーション馬場なら好走できると想定してロサグラウカに◎をーー予想

中山競馬場の芝2000mで行われる紫苑S(GⅢ)は、3着以内の馬に秋華賞(GⅠ・京都芝2000m)への優先出走権が与えられます。 紫苑SはOP特別として実施されていた頃は秋華賞につながりの薄いトライアルでした。ところが、GⅢへと格上げされた2016年、17年とこのレ…

紫苑S(2018年)に登録しているディープインパクト産駒は好走できるのか?ーーマウレアなど

中山競馬場の芝2000mで行われる紫苑S(GⅢ)は、3着以内の馬に秋華賞(GⅠ・京都芝2000m)への優先出走権が与えられます。 今年の出走予定馬のなかでもっとも注目を集めるのは、桜花賞とオークスを5着と好走したマウレア(手塚貴久厩舎・美浦)。現3歳牝馬路線…

セントウルS(2018年)は重馬場になるのか? それとも例年通りの「イン+前々有利」になるのか?

サマースプリントシリーズの最終戦、そしてGⅠスプリンターズSの前哨戦となるセントウルS(GⅢ・阪神芝1200m)は、ビッグアーサーやロードカナロア、ストレイトガールなどのGⅠ馬が人気の中心となる例年通り、今年はかなり高松宮記念を制したファインニードルが…

京成杯AH(2018年)は「エアレーション=外差し」馬場になるのか?ーー注目馬をご紹介!

2012年、レオアクティブがGⅢ京成杯AHでマークした1分30秒7は、現在も破られていない芝1600mの日本レコードです。JRAはこの後、馬場の硬度を低下させる対策として、2013年から秋の中山開催の3週間前にエアレーション作業を実施することとしました。 この開催…

紫苑S(2018年)に出走する良血馬フィニフティは秋華賞の優先出走権をゲットできるのか?

中山競馬場の芝2000mで行われる紫苑S(GⅢ)は、3着以内の馬に秋華賞(GⅠ・京都芝2000m)への優先出走権が与えられます。今年の3歳牝馬路線の中心は、桜花賞とオークスの2冠を制したアーモンドアイ。この天才少女にストップをかける才媛は現れるのでしょうか…

新潟記念(2018年)は良血馬◎レアリスタと人気薄の先行馬に期待して高配当を!ーー予想

サマー2000シリーズの最終戦「GⅢ新潟記念」は9月2日(日)、JRA全10場のなかで最長を誇る新潟競馬場の外回りコースを舞台にレースが行われます。長い直線でのレースとは言え、人気薄の馬が好走するのは先行して粘り込む形でのもの。今年もこのパターンが当て…

GⅢエルムS(2018年)は外枠からスムーズに先行するディアデルレイとブラゾンドゥリスに注目!ーー予想

エルムS(GⅢ・札幌ダート1700m)は上がり馬と実績馬がぶつかり、秋のGⅠを占う意味でも大切な1戦です。今年は上がり馬のハイランドピーク、実績馬のミツバとロンドンタウンなどが出走し、白熱したレースが期待できます。 JBCとチャンピオンズCに向けて勝ち名…

関屋記念(2018年)は高速決着が得意なディープインパクト産駒に◎と◯を!ーー予想

サマーマイルシリーズの第2戦「GⅢ関屋記念」はJRA最長を誇るホームストレッチをもつ新潟競馬場を舞台に行われます。夏のマイル・チャンピオン、そして秋の大舞台へと飛躍するのはどの馬なのでしょうか? 関屋記念のポイント 関屋記念のポイントについては週…

GⅢ関屋記念(2018年)は今年も逃げ・先行馬が好走するのか?ーー注目馬ベルキャニオンについても解説!

サマーマイルシリーズの第2戦「GⅢ関屋記念」はJRA最長を誇るホームストレッチをもつ新潟競馬場を舞台に行われます。夏のマイル・チャンピオン、そして秋の大舞台へと飛躍するのはどの馬なのでしょうか? 新潟芝は「高速」馬場 今開催の新潟芝は、開幕2週目の…

レパードS(2018年)はDeputy MinisterとNureyevを併せもつイダペガサスに◎を!ーー予想

3歳限定のダート重賞「レパードS(GⅢ)」は、過去にトランセンドやホッコータルマエなどのGⅠ馬を輩出した出世レース。今後のダート路線の主役を張る馬が現れるのかに注目の1戦です。 ユニコーンS(GⅢ・東京ダート1600m)→ジャパンダートダービー(JpnⅠ・大井…

ハービンジャー産駒のサンマルティンは小倉記念(2018年)を好走することができるのか?

2017年の秋華賞を制したディアドラ(現4歳牝馬・橋田満厩舎)は、父ハービンジャーに初めて「GⅠ」の栄冠をプレゼントしました。昨年の3歳馬はハービンジャー産駒の「当たり年」と言われ、ディアドラを含む3頭がGⅠを制しています。 ▼ハービンジャー産駒のGⅠ馬…

レパードS(2018年)はSeattle Slew、Nureyev、Deputy Ministerもちに注目!ーーレース展望

3歳限定のダート重賞「レパードS(GⅢ)」は8月5日(日)、新潟の1800mを舞台に行われます。過去にはトランセンドやホッコータルマエなど後のGⅠ馬を輩出した出世レース。今後のダート路線の主役を張る馬を占う意味でも目の離せない1戦です。 レパードSが波乱…

アイビスサマーダッシュ(2018年)のポイントは54秒台前半で走れるかのタイムレース!ーー注目馬を含めた展望

JRAは7月28日(土)から札幌、新潟、小倉へと開催が替わり、いよいよ夏競馬も本番を迎えます。開幕週の新潟メインを飾るのは直線1000mの重賞「アイビスサマーダッシュ(GⅢ)」。今回の記事は、JRAの芝レースのなかで最短距離の重賞を展望していきます。 直線…

函館2歳Sは人気薄の「内枠+関東馬」を2・3着にマークした3連単で高配当を!ーー予想

函館2歳S(GⅢ・芝1200m)はJRAにおける最初の2歳重賞。デビューして間もない若駒たちがスピードと完成度、そして素質を武器に世代初のステークスウィナーを目指します。開催最終週の重賞レースを勝ち上がるのはどの馬なのでしょうか? 函館2歳Sのポイント 函…

中京記念(2018年)は時計の速い馬場もOKな先行馬コウエイタケルに◎を!ーー予想

サマーマイルシリーズの第1戦「中京記念(GⅢ・芝1600m)」はフルゲートとなる16頭が揃いました。安田記念4着の実績をもつグレーターロンドン、気温の上昇とともに調子が上がる「夏馬」ウインガニオンなどが上位の人気に推されているものの、その他にも多くの…

中京記念(2018年)は速い時計の決着になればインを突ける1400mベストの馬が有利に?--リライアブルエースについて

中京競馬場がリニューアルオープンした2012年から6年が経ち、「国内屈指のタフな芝」と言われたのが懐かしいほど、現在の中京芝コースは速い時計の出る馬場へと変わっています。 夏の中京開催の最終週に組まれている中京記念は、このレースを連覇したフラガ…

函館2歳S(2018年)は2桁人気の関東馬に注目!ーーイチゴミルフィーユとトーセンオパールについて

函館2歳S(GⅢ・芝1200m)はJRAにおける最初の2歳重賞。デビューして間もない若駒たちがスピードと完成度、そして素質を武器に世代初のステークスウィナーを目指します。開催最終週の重賞レースを勝ち上がるのはどの馬なのでしょうか? 函館2歳Sは前傾ラップ…

函館記念(2018年)はアイドリームドアドリーム牝系のエアアンセムがイン捲りで快勝!ーー回顧

2018年の函館記念(GⅢ・芝2000m)は5人気のエアアンセムが好位のインから抜け出すと、サクラアンプルールの追撃を振り切って1着でゴールを駆け抜けました。名門アイドリームドアドリーム牝系出身の良血馬とあって、今後の活躍が期待されます。 日本で繁栄す…