MENU

サトノクロニクルのラジオNIKKEI賞は斤量とコースとの戦いに

GⅢラジオNIKKEI賞(福島1800mハンデ)に出走するサトノクロニクルは、関西の名門・池江寿調教師がアルアイン、ペルシアンナイト、サトノアーサーに続く「ダービー4頭出し」を目指した1頭。GⅡ京都新聞杯(京都芝2200m)2着→OP白百合S1着(京都芝1800m)の実績…

帝王賞('17年)に出走するJRA勢7頭についての解説ーーレース展望

6月28日(水)、帝王賞(JPNⅠ)が大井競馬場ダート2000mを舞台に行われます。春の中距離ダート・チャンピオンを決める1戦は、JRAから7頭と地方所属9頭のフルゲート16頭が顔を揃えました。「地方交流重賞」の上半期を締めくくる春のダート・グランプリはどの…

夏の福島競馬が開幕!ーーコースと馬場の特徴についての簡単解説

春のグランプリ宝塚記念が終わると、阪神→中京競馬場、東京→福島競馬場へと開催場が替わり、北海道シリーズの函館競馬場と合わせて、いよいよ「夏競馬」のシーズンが本格的に到来します。 今回の記事では福島競馬場のコースと馬場の特徴についてまとめておき…

サトノクラウンが歩むシャンティイ2400mへの道ーー宝塚記念('17年)回顧

春のグランプリ宝塚記念はサトノクラウンが抜群の手応えから直線を力強く抜け出して快勝し、香港ヴァーズ以来のGⅠ2勝目を上げました。国内GⅠは初制覇。 圧倒的な人気に支持されたキタサンブラックは直線で伸びを欠き9着と敗退。2着には馬場の内側を伸びたゴ…

WIN5でずんどば!ーー宝塚記念(6月25日)デーの予想

宝塚記念は春の古馬中長距離GⅠ3連勝を狙うキタサンブラックが登場。11頭立てのレースということもあって、キタサンブラックの絡む馬券はかなりの低配当が予想されます。今年の宝塚記念のように圧倒的な1番人気馬が出走する場合は、配当を期待して「WIN5で勝…

函館競馬場の芝は速い時計の決着が続くのか?ーー大沼S他、特別戦の予想

函館開幕週に行われた重賞「函館スプリントS(芝1200m)」は、3歳牝馬のジューヌエコールが50kgの軽量を活かし、1分6秒8のレコードで勝利しました。昨年の同レースを勝利した3歳牝馬のソルヴェイグがマークした1分7秒台の時計も、当時は「函館の芝がかなり速…

高速馬場の阪神芝はどうなるのか?ーー垂水S、出石特別、京橋特別の予想

6月17、18日の阪神競馬場は開催3周目にも関わらず、メインのオープン特別戦でレコードタイムが出るほどに芝が「高速」化しました。これは、梅雨の時期に入っても好天に恵まれたため、芝や路盤の含水率が低下したことで時計の速い馬場になったと考えられます…

春のグランプリ宝塚記念('17年)は凱旋門賞を勝てる馬に◎を!ーー予想

宝塚記念は春のGⅠ3連勝がかかるキタサンブラックの1強ムード。今秋に海外遠征を視野に入れているキタサンブラックにとって、宝塚記念は「凱旋門賞へ向けての壮行レース」とも言われています。 同じく凱旋門賞への挑戦を表明しているサトノダイヤモンドは宝塚…

サトノクラウンは内回りの苦行を乗り越えられるのか?ーー宝塚記念展望

サトノクラウンがR・ムーア騎手を背に東京スポーツ杯2歳Sを勝った瞬間、「翌年のダービーはこの馬がゴール板を1着で駆け抜けるのでは?」と背筋に電気が走ったのを覚えています。 サトノクラウンは新馬→東京スポーツ杯→弥生賞と3連勝して挑んだクラシック第1…

横山典騎手とゴールドアクターが紡ぐ2分10数秒のドラマーー宝塚記念展望

横山典騎手とゴールドアクターは、天皇賞・春に続いて宝塚記念でもコンビが継続されます。NHKマイルCをアエロリットで制し、東京優駿を人気薄のマイスタイルで4着と存在感を見せつけている横山典騎手。馬とのコンタクトにおける確かな技術とレースの中での冷…

京成盃GM・SⅢの予想ーー各馬のポジショニングが難しい1戦に

船橋競馬場で開催されているハートビートナイターの3日目、6月21日(水)のメインレースに組まれているのが京成盃GM・SⅢ(船橋ダート1600m)。 JRAから船橋に移籍したグレナディアーズ、前走、的場文男騎手を背に川崎マイラーズを制したリアライズリンクスな…

池江寿調教師が宝塚記念に送り込むミッキークイーン

春のグランプリ宝塚記念はキタサンブラックの「1強」ムードが漂っています。現役最強馬の春のGⅠ3連勝に「待った!」をかける馬は現れるのでしょうか? 関西の名門、池江寿厩舎からはオークスと秋華賞の2冠馬ミッキークイーンが宝塚記念に出走します。今年の…

阪神競馬場が史上最速の馬場に!?ーー宝塚記念に向けて馬場はどうなるのか?

開幕から3週目の阪神の芝は日曜日のメイン・レース米子S(オープン 芝1600m)で1分31秒9のレコードタイムが飛び出しました。今春のJRAはどこもかしこも馬場が高速化していて、「びっくり!」よりも「またか……」といくらか食傷気味ではありますね。 もともと…

シャケトラの捲りはキタサンブラックを打ち負かせるのか?ーー宝塚記念に向けて

GⅡ日経賞(中山芝2500m)を後方からの鮮やかな捲りで快勝したシャケトラ(4歳牡馬)は、GⅠ初挑戦となった天皇賞・春で3番人気に支持されたものの、見せ場を作れずに9着と敗退しました。 現役最強馬と呼ばれるキタサンブラックと初対戦となった天皇賞・春では…

ストライドが輝く東京のダートーーユニコーンS('17年)回顧

GⅠフェブラリーSと同じ舞台で行われるGⅢユニコーンSは、ダート路線を歩む3歳馬にとって今後を占う「登竜門」のレース。今年はNHKマイルC2着から参戦した牝馬リエノテソーロが1番人気の支持を集めたように、JRAの3歳ダート路線で高いパフォーマンスを見せてき…

函館芝はレコードの叩き売り!ーー函館スプリントS回顧

函館開幕週を飾る重賞「GⅢ函館スプリントS」は3歳牝馬のジューヌエコールが50kgの軽量を活かし、鮮やかな差し切り勝ちを上げました。勝ち時計の1分6秒8はコースレコード。2番手からレースを進めた1番人気のセイウンコウセイは直線で伸びを欠き4着と敗れる波…

GⅢユニコーンSはダービーのようなスローもあり得るメンバーだけにーー予想

春の3歳ダート路線の最大目標と言えるユニコーンSは例年、GⅠフェブラリーSを見据える素質馬・有力馬が集まる注目の1戦です。 今年はアディラート、リヴェルディと言った有力と目された馬が除外され、NHKマイルC2着から参戦する牝馬リエノテソーロの1強という…

函館スプリントSは高速馬場でのレースに?ーーセイウンコウセイの馬場適性とレース予想

函館競馬が開催とともに、いよいよ「夏競馬!」が始まります。宝塚記念が終わるとシーズン本番のムードになるので、それまでは函館で夏のハシリを存分に味わいましょう! 函館競馬の開催週のメインはサマースプリントシリーズの第1戦「函館スプリントS」が組…

HTB杯…他ーー函館の特別3レースの予想

夏競馬のシーズンが到来! 今週から函館競馬が開催され、JRAも夏競馬のシーズンが始まります。今回の記事では、開催初日の函館競馬場で組まれている特別の3レース、10R駒ケ岳特別、11RHTB杯、12R遊楽部特別を予想します。 10R 駒ケ岳特別(芝2600m 3歳以上50…

函館スプリントSーーエイシンブルズアイは輝きを取り戻せるのか?

函館競馬場の開幕週に組まれている重賞「GⅢ函館スプリントS」は、過去にロードカナロア、カレンチャン、キンシャサノキセキなどのGⅠ馬も参戦しており、秋のスプリンターズSに向けて目が離せない1戦です。 今年はGⅠ高松宮記念を制したセイウンコウセイが出走…

GⅢユニコーンSはストライド走法の馬を探そう!ーー展望として

ダート路線の出世レースと言われるGⅢユニコーンSは、東京競馬場の1600mを舞台に行われます。昨年の勝ち馬ゴールドドリームが今年のフェブラリーS(GⅠ東京ダート1600m)を制したように、今後のダート界の中心となる馬が出走することも多い注目の1戦です。 地…

リエノテソーロとアディラートが人気のユニコーンSーー上位人気の馬はどうなの?

GⅠフェブラリーSと同じ距離とコースで行われるユニコーンSは、今後のダート路線の中心となる馬が現れる出世レース。昨年の覇者ゴールドドリームが今年のフェブラリーSを制したように、GⅠへとつながる大切な1戦です。 今年は、NHKマイルC2着の牝馬リエノテソ…

函館競馬が開幕!ーーGⅠ馬が登場する函館SSの展望

夏競馬の始まりを告げる函館開催が6月17日からスタートします。 函館競馬場は札幌競馬場と同じく、3種類(ケンタッキーブルーグラス、ペレニアルライグラス、トールフェスク)が混合した洋芝でレースが行われるのが大きな特徴です。洋芝は柔らかい(芝の硬度…

マーメイドSとエプソムカップ回顧ーー重賞はスローがデフォルト

来週から函館競馬場が開催し、久しぶりにJRAは3場開催に。その夏競馬を前に阪神ではGⅢマーメイドS、東京ではGⅢエプソムカップの2重賞が行われ、白熱したレースが展開されました。 今回の記事では、その2レースを回顧していきます。 マーメイドS(GⅢ 阪神芝20…

エプソムカップ('17年)予想ーーアストラエンブレムは勝てるのか?

近年は秋のGⅠ戦線への「登竜門」という位置だけになりつつあるGⅢエプソムカップ(東京芝1800m)。 過去10年、4歳馬が(7 - 5 - 2 - 10)と好成績を上げているのも素質のある馬がここを重要なステップの1つとして出走してくるからだと言えます。 ここ2年、4歳…

マーメイドS('17年)予想ーー今年は持続戦で映える馬を!

牝馬限定の重賞マーメイドSは少頭数ながら、面白いメンバーが揃って混戦模様。上位人気に支持されるのはGⅢ中山牝馬Sを制したトーセンビクトリーとGⅢ愛知杯を制したマキシマムドパリの重賞馬2頭。ハンデ戦のレースだけに、力量馬がそのまま好走を果たすことが…

アハルテケSと安芸Sの予想

6月10日の土曜日は東京競馬場でアルハテケS、阪神競馬場で安芸Sがメインレースに組まれています。 今週の土曜日は重賞競走がないため、今回の記事ではこの2レースを張り切って予想していきます。 アハルテケS 東京ダート1600mのオープン競走。16頭と頭数が揃…

マイネルミラノはエプソムカップで逃げるのか?また、好走できるのか?

秋のGⅠに向けて「登竜門」とも呼ばれるエプソムカップ(東京芝1800mGⅢ)が6月11日、東京競馬場で行われます。今年も有力な4歳馬4頭を含むハイレベルなメンバーが集まり、注目の1戦になりました。 エプソムカップの出走メンバーを見渡すと、「何が何でもハナ…

プリメラアスールは51kgの軽量を利してマーメイドSを逃げ粘れるのか?

牝馬限定のハンデ重賞マーメイドSは6月8日(木)に出走馬が確定し、12頭が熱い戦いを繰り広げます。 注目は、軽量51kgの逃げ馬プリメラアスール。昨秋のGⅠエリザベス女王杯を無欲の逃げで5着に好走してからは他馬のマークが厳しくなり、9着→12着→12着→7着と…

エプソムCは4歳馬が好相性? アストラエンブレム+3頭の4歳馬を解説

6月11日、東京競馬場ではGⅢエプソムカップ(芝1800m)が行われます。昨年はルージュバック、一昨年はエイシンヒカリが勝利し、秋のGⅠで活躍する馬の登竜門とも言われるエプソムカップ。今年はどの馬が主役に躍り出るのか、サマーシリーズや秋へ向けて注目の1…

JRAは「競馬はレジャー」というコンセプトを若者に伝えられるのか?

2017年のJRAのプロモーションCM『HOT HOLIDAYS!』は木村カエラのポップな曲をバックに、松坂桃李、土屋太鳳、高畑充希、柳楽優弥の若者4人が休日を競馬場で過ごすシーンが描かれています。 『HOT HOLIDAYS!〜春編〜』では、初めて競馬場を訪れた若者たちが…

J・モレイラの柔らかさとサトノティターンの暴れっぷりと

今年のGⅠ安田記念(東京芝1600m 6月4日)は香港から2頭の馬が参戦し、Z・パートン騎手のビューティーオンリーは6着、J・モレイラ騎手のコンテントメントは10着といずれも掲示板に載ることができませんでした。 コンテントメントに騎乗するために来日したJ・…

エピカリスの全5戦を解説ーーベルモントSに向けて

3月25日、メイダン競馬場で開催されたUAEダービー(UAE GⅡ)に日本管理馬としてエピカリスが出走しました。 レースは先手を取ったエピカリスが直線で抜け出したところを、断然の人気を集めていたUAE所属のサンダースノーがC・スミヨン騎手のアクションに応え…

独自ドメインへの移行の経緯と理由についての覚え書き

6月1日、はてなブログのドメインから独自ドメイン「zundoba-horce-racing.com」へと移行しました。 2月のフェブラリーSの週からポツポツと記事を書き始め、その時は「はてなブログpro」に契約することも、独自ドメインを取得してブログを運営することも想像…

エプソムカップと言えば……そう、ルージュバック!

ブエナビスタやハープスターのようにグイグイと直線を力強く伸びてくるというより、「音もなく」スイスイとスピードに乗って外から差し切ってしまうルージュバックの走りは、「おおっ!」と身を乗り出してしまうほどのインパクトがあります。 「ルージュバッ…

高速馬場の阪神芝コースーーマーメイドSは高速決着に?

6月開催の阪神競馬場は初日から芝のレースで速い時計が出るなど、馬場が高速化しています。梅雨の時期にあたるこの開催は雨の影響を受けることが多く、芝が傷み路盤が緩むにつれてインコース有利から外差し馬場へと変化するのがデフォルトです。最終週には春…

今年はスプリンターの舞台ーー安田記念('17年)回顧

東京競馬場で行われる5週連続GⅠの最後を飾る安田記念は、前半800mが45秒5の平均ペースを大外から差し切ったサトノアラジンが1着、逃げたロゴタイプがゴール前まで粘って2着に入りました。勝ちタイムは1分31秒5。 前傾ラップの逃げを打ったロゴタイプ 昨年の…

'17年の安田記念はスピードとパワーを振り絞るレースに期待してーー予想

モーリスのような、パワー満点の走りで東京も京都も香港のコースもぶち抜けるマイラーが不在の安田記念。 今年はスプリント路線からレッドファルクス('16年スプリンターズS1着)、中距離路線からステファノスとアンビシャスが参戦し、いかにも層の薄いマイ…

鳴尾記念('17年)予想ーーインベタ阪神内回りを立ち回って

6月の阪神競馬場は春のグランプリ・宝塚記念が掉尾を飾る1ヶ月間の開催。その開催初日に組まれているのが、宝塚記念へのステップレースとなるGⅢ鳴尾記念(阪神芝内回り2000m)です。 今年の鳴尾記念は出走が10頭と寂しい顔ぶれになったものの、実力の拮抗し…

ビューティーオンリーとコンテントメントの香港馬2頭を解説ーー'17年安田記念

春のマイル・チャンピオンを決めるGⅠ安田記念は実力伯仲の好メンバーが集まりました。絶対王者モーリス、昨年のマイルCS勝馬ミッキーアイルの引退にともない今年は混戦模様。その中でも香港から遠征してきた2頭、ビューティーオンリーとコンテントメントはGⅠ…

外れ!外れ!それでもめげずに!ーー外れ馬券の供養

今回はTwitterにアップしていた「外れ馬券」を供養するためにまとめてみました。書いている途中で「その時の悔しさ」や「むなしさ」が込み上げて来た馬券たちです。チーン……。

安田記念が高速馬場になったときのポイントーー'17年展望

東京競馬場の芝はダービーの週のレースを観ても速い時計が出ていることが分かります。東京優秀が2分26秒9という遅いタイムの決着になっものの、古馬1000万下の青嵐賞(芝2400m)では2分23秒6の速い時計が出ていたように、まだ高速馬場は継続中です。土日のレ…

J・モレイラが日本にやって来る!ーー安田記念

「雷神」、「マジック・マン」と形容されるJ・モレイラ騎手がGⅠ安田記念でコンテントメントに騎乗するために来日の予定、と5月19日にJRAから発表されました。 J・モレイラがまた日本に! J・モレイラ騎手は昨年のオースタージョッキーシリーズ(短期免許を取…

安田記念<中山記念の適性をもつ馬(エアスピネル他)たちーー安田記念展望

春のマイル王を決めるGⅠ安田記念が6月4日、東京競馬場で行われます。 今年の安田記念は昨年の覇者ロゴタイプ、皐月賞馬で昨年の夏マイルCS2着のイスラボニータ、3歳時はクラシック路線で好走したエアスピネルなど有力馬が目白押し。モーリスが引退した後のマ…

アンビシャスのベストパートナーは?ーーGⅠ安田記念展望

'17年6月4日、春の古馬マイルチャンピオンを決めるGⅠ安田記念が東京競馬場で行われます。マイル路線の絶対的な王者だったモーリスと昨年のマイルチャンピオンシップを勝ったミッキーアイルの引退によって、再びこの路線のチャンピオンは不在(✳︎)。どの馬が…

第84回東京優駿('17年)回顧ーー分かり合えているからこそ

東京優駿の前に行われた1000万下の青嵐賞(2400m)の勝ちタイムが2分23秒8。レース実況のアナウンサーが「古馬1000万下で23秒台の決着」と高いテンションで語っていたように、日曜日の東京芝は高速化していました。 素晴らしい天候に恵まれた東京競馬場は金…

目黒記念('17)予想ーー8歳馬の春

東京優駿の興奮も冷めやまぬ中で行われるのが、恒例の古馬中距離重賞「GⅡ目黒記念」。 この時期の古馬重賞は明け4歳馬vs5歳以上馬の対決に注目が集まります。目黒記念は過去5年で4歳馬が2勝。今年の出走馬の中ではカフジプリンスとラニの2頭が4歳馬ですが、…

第84回東京優駿('17年)予想

東京優駿が行われる東京競馬場の土曜日の芝レースは、ピンク(桃)色帽祭りが開催され、全5レースを8枠が勝利しました。 午後からは馬場が乾いてきたこともあり、インコースを通った馬も伸びていて、日曜日はこの土曜日ほど外枠有利ではなくなると考えられま…

欅ステークス他、土曜日のレースをまとめて予想

東京優駿(ダービー)ウィークは東京と京都の2場所開催。土曜日のメインは東京がダートのOP戦、京都が芝の1600万下のレースが組まれています。 今回の記事では東京のメイン「欅ステークス(ダート1400m)」と京都メイン「朱雀ステークス(芝1200m)」を中心…

ダービーの喧騒の前にーー馬券的な予想

また今年も競馬の祭典、ダービーがやって来ます。 ダービーが近づくと、胸が高鳴ってドキドキするというより、ぎゅっと心臓を掴まれたような、胸を締め付けられる感じがあって、それはきっと「また今年もダービー馬が1頭誕生する」ことへの妙な哀しさから生…