レース展望

5歳牝馬ミッキークイーンとルージュバックは有馬記念(2017年)を好走できるのか?ーー2015年オークスのように

2015年のオークスは3頭の才女がゴール前で壮絶な叩き合いを演じました。直線早々に抜け出したルージュバックをクルミナルが捕らえにかかり、2頭が馬体を併せて叩き合うところを外からしなやかなストライドで交わしたのがミッキークイーン。 後半1000mが11.9 …

タワーオブロンドンと同馬主のライトオンキューは朝日杯FS(2017年)を好走できるのか?

2歳のマイル・チャンピオンを決める「朝日杯FS(GⅠ・阪神芝1600m)」は、「大物」と称されるタワーオブロンドンとダノンプレミアムの2頭が出走を予定しており、来春のNHKマイルC(GⅠ・東京芝1600m)やクラシックを占う意味でも重要な1戦です。 タワーオブロ…

「大物」タワーオブロンドンはマイルの朝日杯FS(2017年)を好走できるのか?ーー展望

2歳のマイル・チャンピオンを決める「朝日杯FS(GⅠ・阪神芝1600m)」は、「大物」と称されるタワーオブロンドンとダノンプレミアムの2頭が出走を予定しており、来春のNHKマイルC(GⅠ・東京芝1600m)やクラシックを占う意味でも重要な1戦です。 参照記事 好調…

好調・中内田厩舎のダノンプレミアムとフロンティアは朝日杯FSを好走できるのか?

参照:NAKAUCHIDA Stable | Nakauchida Stable's official Website. 2歳のマイル・チャンピオンを決める「朝日杯FS(GⅠ・阪神芝1600m)」は、「大物」と称されるタワーオブロンドンとダノンプレミアムの2頭が出走を予定しており、来春のNHKマイルC(GⅠ・東京…

阪神JFに出走するディープインパクト産駒の5頭をズバっ!と解説ーーマウレア、ラテュロス他

2歳女王を決める阪神JFは芝1600mの外回りコースで行われるようになってから、ブエナビスタ、レーヴディソール、ジョワドヴィーヴル、レッドリヴェール、ショウナンアデラなど中団・後方からバキューンと脚を使った馬が勝ち切るのがデフォルトでした。 ところ…

好配合のロンドンタウンは父カネヒキリに初GⅠをプレゼントできるのか?ーーチャンピオンズCに向けて

ダートの国際GⅠ競争「チャンピオンズC」は12月3日(日)、中京競馬場1800mを舞台に行われます。今年はアウォーディー、コパノリッキー、ケイティブレイブなど7頭のGⅠ馬(地方交流のJpnⅠを含む)が顔を揃え、ハイレベルな1戦に。 そのGⅠ馬たちに立ち向かうの…

チャンピオンズC(2017年)に出走する「前走JBC」組の7頭についてズバっ!と解説ーー展望

ダートの国際GⅠ競争「チャンピオンズC」は12月3日(日)、中京競馬場1800mを舞台に行われます。アウォーディーやサウンドトゥルー、コパノリッキーなど多数のGⅠ馬に加え、テイエムジンソクやロンドンタウンなどの上り馬も出走し、豪華なメンバーが顔を揃えま…

テイエムジンソクは同じMy Juliet牝系出身アエロリットのようにチャンピオンズCを制することができるのか?

今夏の北海道シリーズ(函館・札幌)は、3頭のクロフネ産駒がOPと重賞で活躍を見せました。アエロリットとジューヌエコールの3歳牝馬2頭が重賞を勝ち、5歳牡馬のテイエムジンソクがOPの大沼SとマリーンSを連勝後に、エルムS(GⅢ・札幌ダート1700m)2着と好走…

ジャパンカップ(2017年)に出走するアイダホ、イキートス、ギニョール、ブームタイムの外国馬4頭を解説!

「1着賞金3億円」の国際GⅠジャパンカップ(東京芝2400m)は今年、4頭の外国調教馬が参戦します。出走馬は以下の通りです。 ▼2017年ジャパンカップ出走の外国調教馬 アイダホ 4歳牡馬(アイルランド) イキートス 5歳牡馬(ドイツ) ギニョール 5歳牡馬(ドイ…

3歳牝馬のソウルスターリングはジェンティルドンナのようにジャパンカップ(2017年)を勝てるのか?

「1着賞金3億円」の国際GⅠジャパンカップは11月26日(日)、「チャンピオン・ディスタンス&コース」と言われる東京芝2400mを舞台に行われます。 今年は年内での引退が発表されている現役最強馬キタサンブラックが主役を務め、そこに宝塚記念を制したサトノ…

3歳馬のレイデオロがジャパンカップを好走するためには?ーーペースと騎手が鍵?

マイルCSをペルシアンナイトが制し、M・デムーロ騎手が10戦連続GⅠ3着以内を達成しました。今秋のGⅠはここまでC・ルメール、M・デムーロ、武豊騎手の3人しか勝っていません。 スプリンターズS:M・デムーロ 秋華賞:C・ルメール 菊花賞:M・デムーロ 天皇賞・…

「不運の名馬」キタサンブラックは、ジャパンカップ(2017年)で再び「歴史的名勝負」を演じられるのか?

キタサンブラックは「不運」の名馬だ。引退までジャパンカップと有馬記念の2レースを残して、GⅠ6勝、天皇賞の春秋連覇などの実績を積み上げているのだから、競走馬として「運がない」とは言えない。2016〜17年シリーズの「現役最強馬」として一時代を築いた…

ジャパンカップ(2017年)は東京芝2400mなら騎手が誰でもサトノクラウンに◎を!

ハイランドリールを差し切った昨年の香港ヴァーズから、直線の長いコース+ロングスパート戦でサトノクラウンが負けたレースは、キタサンブラックとゴール前まで叩き合った今年の天皇賞・秋(GⅠ・東京芝2000m)のみ。 それだけに、上り3F12.0 - 12.7 - 14.0…

マイルCS(2017年)で重馬場適性のある馬を買うときに、注意をしなければいけないことは?

今秋の京都開催は10月半ばから後半にかけて、雨の降りしきる中でレースが行われ、「重〜不良」まで馬場状態が悪化しました。 菊花賞(GⅠ・京都芝3000m)の行われた10月22日(日)は133.5mmの雨量を計測し、馬場が「不良」まで悪化。メインレースの頃には芝に…

マイルCS(2017年)出走馬から、重馬場に適性のある馬をピックアップーー枠順確定後の展望

マイルCS(GⅠ・京都芝1600m)の行われる京都芝は、10月半ばから後半まで続いた雨の影響を受け、やや時計のかかるタフなコンディション。 18日(土)の京都の天気は「雨のち曇り」の予報が出ており、日曜日に行われるマイルCSの馬場状態が心配されます。 今回…

あの頃のマイラーは痺れる手応えでマイルCSの4コーナーを回っていたーーR・ムーア騎手は馬にハミを噛ませて走らせる

ダイタクヘリオスもシンコウラブリイもタイキシャトルも、90年代のマイルCSを先行して勝ち切った馬たちは、3コーナーの上り坂で軽くハミを噛んでいて、それでも、4コーナーを痺れる手応えで回ってきました。 ▼1991年マイルCS 1着:ダイタクヘリオス youtu.be…

マイルCS(2017年)の上位人気5頭についての解説ーーR・ムーア騎手に◎のレース

淀の1600mでスピードを競うマイルCS(GⅠ)は、秋のマイル王決定戦。今年の安田記念1、3着のサトノアラジン、レッドファルクス、さらにはエアスピネルやイスラボニータなどのマイルの実績馬が集まり、混戦模様と言われています。 先週のエリザベス女王杯と同…

マイルCS(2017年)は京都の下り坂をスムーズに走れるディープインパクト産駒に注目!ーー展望

京都の外回りコースで行われるマイルCS(GⅠ)は「しなやかな」ストライドで走る馬に優勢のレースで、「だから」現代の日本の競馬でもっとも産駒に「しなやかさ」を伝える種牡馬ディープインパクトの強いレースとも言えます。 参照記事 マイルCSは「しなやか…

I Dreamed a Dream エアスピネルの「夢」はどこにあるのか?ーーマイルCS(2017年)展望

2016年、3歳牡馬クラシックの3冠すべてに出走し、皐月賞4着→ダービー4着→菊花賞3着とGⅠタイトルに手が届かなかったエアスピネルは、4歳の今年、マイル路線へと転向しました。 今春の最大目標だった安田記念(GⅠ・東京芝1600m)は、2人気の支持を受けたものの…

マイルCSは「しなやかにキレる」馬が優勢のレース、馬場がややタフな2017年はどうなるのか?ーー展望

淀の1600mでスピードを争うマイルCS(GⅠ)は、秋のマイル王決定戦。京都の外回りコースは、「3コーナーから下り坂→直線が平坦」というレイアウトのため、パワーよりもしなやかなスピードをもつ馬の活躍が目立ちます。 過去10年の勝ち馬を見ても、GⅠレースを…

エリザベス女王杯は3年連続でノーザンファームと社台ファームが1〜3着を独占ーー今年は?

芝中距離「女王」の座を争うエリザベス女王杯(GⅠ・京都芝2200m)は、近い将来に「繁殖」としての第2の馬生が待っている牝馬たちによる1戦です。 そのため、近年は日本の馬産をリードするノーザンファームと社台ファーム生産馬の好走が目立ちます。 今年はこ…

古馬サンマルティンは父ハービンジャーに重賞8勝目をプレゼントできるのか?ーー福島記念

2017年の秋華賞を制したディアドラ(3歳牝馬・橋田満厩舎)は、父ハービンジャーに初めて「GⅠ」の栄冠をプレゼントしました。今年の3歳馬はハービンジャー産駒の「当たり年」と言われ、ディアドラを含む3頭がGⅠで連対を果たしています。 ▼ハービンジャー産駒…

エリザベス女王杯(2017年)に出走する1〜4人気の古馬4頭をドーンと解説!ーー展望

芝中距離の「女王」を決めるエリザベス女王杯(GⅠ・京都芝2200m)は、ドバイターフを制したヴィブロス、牡馬相手の京都大賞典(GⅡ・京都芝2400m)を快勝したスマートレイアー、2015年の2冠馬ミッキークイーンなど実力の古馬がズラリと顔を揃えました。 秋華…

GⅡデイリー杯2歳S(2017年)に出走するフロンティア他、1〜5人気の5頭をズバっと解説!ーー展望

阪神JFと朝日杯FSのステップレースとされる、デイリー杯2歳S(GⅡ・京都芝1600m)は、新潟2歳S(GⅢ・新潟芝1600m)を制したフロンティア、良血馬のジャンダルムなどの期待馬が顔を揃えました。年末のGⅠに向けて、好走を果たすのはどの馬なのでしょうか? 今回…

エリザベス女王杯(2017年)に出走する3歳馬ディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャンの3頭を解説!ーー展望

芝中距離の「女王」を決めるエリザベス女王杯(GⅠ・京都芝2200m)は、今年の秋華賞で1〜3着に入線したディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャンの3歳馬が、強豪の揃う古馬と対戦します。 「ハイレベル」と呼ばれた今年の3歳牝馬が、ヴィブロス、スマート…

エリザベス女王杯(2017年)は1〜4人気が母系にBlushing Groomを引く馬たちーーレース展望

2017年のエリザベス女王杯(GⅠ・京都芝2200m)は、中距離の「女王」を決めるのにふさわしい豪華なメンバーが揃いました。 近年は、ジェンティルドンナやショウナンパンドラのように、中距離に適性のある牝馬がジャパンカップを目標にすることもままありまし…

JBCクラシック(2017年)に出走するJRA所属の全7頭をスバっ!と解説ーーレース展望

参照:JBC特設サイト2017【トップページ】 11月3日(金)、3つのカテゴリー(✳︎)のダート・チャンピオンを1日の内に決める競馬の祭典「JBC(ジャパン・ブリーダーズ・カップ)」が、今年は大井競馬場を舞台に行われます。 「ダートのすべてが、ここにある。…

アルゼンチン共和国杯(2017年)はスワーヴリチャードとセダブリランテスの3歳馬に注目!ーー展望

11月5日(日)、東京競馬場の芝2500mで行われるアルゼンチン共和国杯(GⅡ)は、ジャパンカップ(GⅠ・東京芝2400m)へのステップレース。昨年1着のシュヴァルグランはその後のジャパンカップで3着と好走しており、目の離せない1戦です。 今年は、ダービー2着…

GⅠ天皇賞・秋(2017年)は台風の影響で「重〜不良」馬場でのレースとなるのか?ーー重馬場が得意な馬は?

東京競馬場は10月14(土)〜22日(日)にかけ、2週(開催4日間)続けて雨が降るなかでのレースとなりました。超大型の台風21号の影響を受けた21日と22日はかなりの雨量があり、芝コースは「不良」馬場まで悪化。日曜日の芝レースでは上り3Fが37秒〜39秒台と…

天皇賞・秋はペースと重馬場、そして「ピッチかストライドか?」がポイントーー展望

東京芝2000mで行われる天皇賞・秋は昨年の勝ち馬モーリスをもち出すまでもなく、ペースと展開によってはマイラーから中距離馬(1600〜2400m)まで、そして瞬発力型と持続力型のどちらのタイプの馬でも好走できる「公平」なレースです。 東京競馬場は1年間に8…