競走馬

ハーツクライ産駒のリスグラシューは「鬼門」と言われる京都コースの秋華賞を勝てるのか?ーー展望

牝馬クラシックのラスト1冠は京都芝2000m内回りコースで行われる秋華賞。オークス馬ソウルスターリングは毎日王冠→天皇賞・秋へ向かうことが発表されており、このレースに不出走となりますが、アエロリット、リスグラシュー、ファンディーナ、ディアドラ、ラ…

名牝シンハリーズの娘ミリッサがHalo3×4の機動力で内回りの秋華賞を捲ることができるのか?ーーレース展望

1996年のジャパンカップ(GⅠ・東京芝2400m)は逃げたカネツクロスが前半1000mを59.4秒で通過すると、残り1400mのラップが12.0 - 12.1 - 12.0 - 12.1 - 12.5 - 11.7 - 12.5の持続戦になり、L・デットーリ騎手のアクションに応えたシングスピール(Singspiel)…

ハービンジャー産駒のディアドラは秋華賞で父に初GⅠをプレゼントすることができるのか?ーーレース展望

現3歳世代のハービンジャー産駒は「ゴールデン・エイジ」と呼べるほど活躍馬が出ています。皐月賞2着のペルシアンナイト、オークス2着のモズカッチャン、そして紫苑Sを制したディアドラが世代トップクラスの走りを披露。まだ産駒のGⅠ勝利が「0」のハービンジ…

GⅠ秋華賞(2017年)に出走するアエロリットの唯一とも言える不安点は?ーーレース展望

牝馬クラシックのラスト1冠は京都芝2000m内回りコースで行われる秋華賞。オークス馬ソウルスターリングは毎日王冠→天皇賞・秋へ向かうことが発表されており、このレースに不出走となりますが、アエロリット、リスグラシュー、ファンディーナ、ディアドラ、ラ…

GⅡ毎日王冠はリアルスティールが上り3F32.6で完勝するレースにーーソウルスターリングは逃げて8着に敗退

今春のGⅠオークスを制した3歳牝馬のソウルスターリングが古馬+牡馬のGⅠ馬と対戦することで注目を集めたGⅡ毎日王冠(東京芝1800m)は、M・デムーロ騎手の手綱に導かれたリアルスティールが直線で鋭く伸びて完勝し、天皇賞・秋の優先出走権を獲得しました。2…

マイル重賞を1分33秒0の好時計で駆け抜けたダノンプレミアムーー中内田厩舎の快進撃は続く

2歳のマイル重賞「GⅢサウジアラビアロイヤルC」は中内田厩舎の評判馬ダノンプレミアム(2歳牡馬)が好スタートから2番手でレースの流れに乗ると、直線の坂下で先頭に立っての押し切り勝ち。金曜日に降った雨が残る「稍重」のコンディションにもかかわらず、1…

「遅れてきた大物」グレーターロンドンの全8戦を解説ーーGⅠレースに向けて!

1年の長期休養を挟みながら、5連勝でオープンまで駆け上がった素質馬グレーターロンドンがGⅢダービー卿CTに出走します。後方から鮮やかに追い込む勝ちっぷりから「遅れてきた大物」と評判の馬が、初めての重賞でどのようなレースを見せるのか? 今回はグレー…

新進気鋭の中内田調教師が管理する期待馬ダノンプレミアムはサウジアラビアRCを好走できるのか?

開業4年目の中内田充正厩舎は10月1日(日)終了時点で全国調教師リーディング6位と好成績を上げています。今年はすでに35勝と昨年の31勝を上回る勝ち星を積み重ね、その活躍ぶりからは目が離せません。 管理する現2歳馬はここまで7頭がデビューし、4頭が新馬…

才女ソウルスターリングが毎日王冠へ出走ーーエネイブルと対戦することはできるのか?

イギリスのJ・ゴスデン調教師が管理する3歳牝馬のEnable(エネイブル)は、キングジョージ&クイーンエリザベスSに続き、欧州クラシック・ディスタンスのチャンピオンを決める凱旋門賞を圧勝し、スターホースへの階段を一気に駆け上がりました。そして、エネ…

チンギスシークレットはデインドリームに続き、ドイツ調教馬として凱旋門賞を制することができるのか?

欧州のクラシックディスタンスで争われるGⅠのなかで、世代限定戦のダービーやオークスをのぞけば、凱旋門賞が世界中の競馬関係者にとってもっとも「特別」なレースの1つであることは間違いのないことでしょう。 国際的に開かれたレースにもかかわらず、凱旋…

GⅠスプリンターズS(2017年)はセイウンコウセイの春秋スプリントGⅠ連覇に注目!ーーレース展望

秋のスプリント路線のチャンピオンを決めるGⅠスプリンターズS(中山芝1200m)は、今春のGⅠ高松宮記念(中京芝1200m)を制したセイウンコウセイが春秋スプリントGⅠの連覇をかけて出走する1戦。日本が誇るスプリンター「世界のロードカナロア」がターフを去っ…

GⅡオールカマー('17年)は才女ルージュバックが美しいフットワークと「まさか」のイン強襲で勝利ーー回顧

63回産経賞オールカマー(GⅡ中山芝2200m)は、5番人気のルージュバックが、あの馬群をイヤがるルージュバックが道中でインコースをのびのびと走り、直線の最内を突いて伸びるとステファノスの追撃をしのいで1着でゴールしました。ここまで、少頭数をのぞくと…

ききょうSを勝ったタワーオブロンドンはパワフルな馬体とフットワークをもつ好素質馬ーー血統も上品で素敵すぎる!

9月23日(土)、阪神9Rに組まれた2歳OPききょうS(芝1400m)は、藤沢和雄調教師が管理するRaven's Pass産駒のタワーオブロンドンが後方からレースを進めると、手応え十分に直線に向きレース最速となる上り3F35.2の脚で突き抜けて快勝しました。重厚な好馬体…

GⅡオールカマー(2017年)はメルボルンCではなく有馬記念で◎を打ちたいアルバートに期待してーー予想

秋の古馬中長距離GⅠへ向かう前哨戦として、一着馬には天皇賞・秋の優先出走権が与えられるオールカマー(中山芝2200m)は、春のGⅠ路線を戦った実力馬と夏の重賞で好走した馬が顔を揃えるレースです。今年はGⅠ馬の参戦がないものの、ステファノス、タンタアレ…

名門・堀宣行厩舎のアルバートはオールカマーで好走し、国内レースに専念するのか?ーー展望

豪州の長距離GⅠメルボルンC(フレミントン競馬場 芝3200m)に出馬登録をしているアルバート(6歳牡馬 堀宣行廐舎)は、GⅡオールカマーから今秋のローテーションをスタートさせます。2015、16年のステイヤーズS(GⅢ 中山芝3600m)を連覇し、今年はダイヤモン…

オールカマー出走のPacific Princess牝系のモンドインテロは中山の高速馬場乗り切れるのか?

秋のGⅠを展望する馬と夏の重賞を好走した馬とが集まる「GⅡオールカマー(中山芝2200m)」は、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権が与えられる前哨戦。重賞は未勝利ながらOP特別3勝の実力馬モンドインテロ(5歳牡馬 手塚貴久厩舎)がオールカマーに出走し、秋のGⅠ…

ルージュバックはGⅠ勝利に向けてのラストシーズンでどのような走りをするのか?ーーGⅡオールカマー展望

ダイワスカーレットやウォッカのようにパワフルなストライドで直線を伸びてくるというより、「音もなく」スイスイとスピードに乗って外から「あっ!」と言う間に差し切ってしまうルージュバック(5歳牝馬 大竹正博厩舎)の走りは、「おおっ!」と身を乗り出…

GⅡオールカマー('17年)は「高速の馬場」に適性のある馬をピックアップしたいレースーーブラックバゴの展望

秋のGⅠを展望する馬と夏の重賞を好走した馬とが集まる「GⅡオールカマー(中山芝2200m)は、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権が与えられる前哨戦。古馬中長距離のGⅠ路線を歩む実力馬が、秋の始動戦として選択されるケースも多く、今年の主役は国内GⅠの2着が2度…

2戦2勝のワグネリアンは祖母ブロードアピール譲りの鋭い脚で来春のクラシックを勝てるのか?

2歳OPの野路菊S(阪神芝1800m外回り)は、ディープインパクト産駒の評判馬ワグネリアン(2歳牡馬友道康夫厩舎)が単勝オッズ1.9倍の支持に応えて快勝。デビューから好内容での2連勝を上げました。 午前中から降り出した雨で「重」まで悪化した馬場も苦にせず…

K・ティータン騎手からの乗り替わりは好成績?ーーGⅡセントウルS('17年)のアドマイヤゴッドはどうなのか?

香港で活躍するK…ティータン騎手は、2017年7月22日〜8月6日の3週間(全6日間)の日程で短期免許を取得し日本で騎乗しました。香港リーディング上位の実績をもつティータン騎手は大きな期待をかけられたものの、全成績は(5 - 0 - 4 - 31)と今ひとつ。 とこ…

メラグラーナがGⅠスプリンターズSを勝つためには?ーーGⅡセントウルSの展望も含めて

'17年のGⅠ高松宮記念を10着(3人気)と敗退したメラグラーナ(5歳牝馬 池添学厩舎)は、巻き返しを期してサマースプリントシリーズの第2戦GⅢCBC賞に参戦しましたが、レースがスタートする直前に降り出した大雨に嫌気がさしたのか見せ場を作れずに10着と凡走…

I Dreamed a Dream 夢は札幌でーーエアスピネルのGⅡ札幌記念('17)展望

'16年の3歳牡馬クラシック3冠レースのすべてに出走し、皐月賞4着→ダービー4着→菊花賞3着とGⅠに手が届かなかったエアスピネルは4歳になった今年、マイル路線へ転向しました。今春の目標だった安田記念(GⅠ 東京芝1600m)は2番人気の支持を受けたものの5着に敗…

GⅢ関屋記念('17年)は藤原英昭厩舎のトーセンデュークに期待して

関西の名門・藤原英昭厩舎は現在(8月6日終了時点)、全国調教師リーディング3位(32勝)と今年も手堅く成績をまとめています。ストレイトガールやエイシンフラッシュというGⅠ馬を管理した名調教師が今年のサマーマイルシリーズの第2戦「GⅢ関屋記念」に送り…

池江寿厩舎は夏のローカル・小倉開催に強いのか?ーー小倉記念に出走するストロングタイタンの展望

8月6日(日)、小倉競馬場ではサマー2000シリーズ第3戦「GⅢ小倉記念」が行われます。1600万下のマレーシアC(中京芝2000m)をコースレコードで勝ってここへ参戦するストロングタイタン、同じく1600万下むらさき賞(東京芝1800m)を目の覚めるような末脚で勝…

函館2歳S('17年)の注目馬5頭をズバっと解説ーーナンヨープランタンは好走できるのか?

現2歳世代の初重賞となる「GⅢ函館2歳S」は、まだデビューして日が浅い2歳馬たちの争いとあって、現時点での完成度(早熟性)と豊なスピード能力を問われるのが特徴です。今回の記事では上位人気が予想される4頭をピックアップして解説します。今年初めての2…

函館2歳Sに出走するロードカナロ産駒のスズカマンサクは重賞で好走できるのか?

現2歳世代の初めての重賞となる「GⅢ函館2歳S」は7月23日(日)、函館競馬場の芝1200mで行われます。まだデビューして日が浅い2歳馬たちの争いとあって、完成度(早熟性)と豊なスピード能力を問われるのがこのレースの特徴です。 今年初めての2歳重賞ウィナ…

中内田充正厩舎の期待の2歳馬('17年)をズバっと解説!&私的なベスト3を発表

開業4年目を迎える中内田充正厩舎は7月9日(日)終了時点で全国調教師リーディング6位と好成績を上げています。今年はすでに26勝と昨年の31勝を上回るペースで勝星を量産しており、その活躍ぶりは目が離せません。 管理する2歳馬はここまで3頭がデビュー(す…

'17年、ハービンジャー産駒の特徴に変化が?!ーー春のクラシックを賑わせたハービンジャー

英GⅠキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(アスコット競馬場芝2400m)を11馬身差で圧勝したハービンジャーが種牡馬として日本に輸入され、'14年には初年度産駒がデビューしました。 日本の競馬を変えたと言われる大種牡馬サンデーサイレンスの血をもつ繁…

JpnⅠジャパンダートダービー(JDD)に出走するJRA勢7頭を解説!

7月12日(水)、JRA・地方の3歳ダート路線のチャンピオンを決めるJpnⅠ「ジャパンダートダービー(JDD)」が大井競馬場2000m(外回り)を舞台に行われます。今年はJRAから7頭、地方から7頭が顔を揃えました。 「砂のダービー馬」の栄冠をつかむのは一体どの馬…

新進気鋭のトレーナー・中内田厩舎からデビューした3頭の2歳馬を解説!

中内田充正厩舎(栗東)は開業4年目となる2017年、年明けから勝率が3割を超える好調なスタートを切ると、一時は全国厩舎リーディングのトップに立つ活躍を見せました。 7月2日(日)終了時点でリーディング5位、勝率・連対率・複勝率ともに他の名門厩舎に引…