3歳馬

3冠牝馬のアーモンドアイはジャパンカップ(2018年)を好走できるのか?ーー展望

桜花賞・オークス・秋華賞の3冠を制した「天才少女」のアーモンドアイは、バンビ(子鹿)に似たバネのある柔らかいフットワークで走ります。ため息が出るほどに美しいフォームはあまりにも眩しく、私たち競馬ファンに贈られた「ギフト」だと言えるでしょう。…

菊花賞(2018年)はノーザンファーム生産の関東馬フィエールマンの優勝ーー回顧

3歳牡馬クラシックの最後の1冠・菊花賞(GⅠ・京都芝3000m)は、デビューから4戦とキャリアの浅いフィエールマン(手塚貴久厩舎・美浦)がゴール前でエタリオウとの叩き合いを制し優勝。レースの上り3Fが12.2 - 10.7 - 11.3と瞬発力を問われることになり、し…

菊花賞(2018年)は上がり馬のユーキャンスマイルとRobertoもちのグレイルに期待してーー予想

牡馬クラシック最後の1冠・菊花賞(GⅠ・京都芝3000m)の枠順が10月18日(木)に確定し、1人気のブラストワンピースは2枠3番、皐月賞馬のエポカドーロは3枠5番、神戸新聞杯2着のエタリオウは5枠9番に入り、上位人気の3頭が揃って1桁番枠からのスタートとなり…

菊花賞(2018年)は下り坂をロスなく走れる馬が好走する?ーー高速馬場になればイン有利に?

3歳牡馬クラシックのラストを飾る菊花賞(GⅠ・京都芝3000m)は、3歳牡馬クラシックのなかで最長のレース。そのため、スピードよりも「スタミナ」を競うレースだと考えられがちですが、近年は高速馬場で行われることもあって、インを器用に立ち回った中距離馬…

異例のローテーションで臨むブラストワンピースは菊花賞(2018年)を好走できるのか?

牡馬クラシック・レースの最後の1冠は「もっとも強い馬が勝つ」と言われる菊花賞(GⅠ・京都芝3000m)。今年はダービー馬のワグネリアンが神戸新聞杯をステップに天皇賞・秋へと向かうため、主役は3歳馬として35年ぶりに新潟記念を制したブラストワンピースが…

秋華賞(2018年)におけるアーモンドアイの唯一の不安は?ーー今年は馬券の買い方が大切なレースに!

桜花賞とオークスを制した天才少女「アーモンドアイ」は、ジェンティルドンナ以来となる牝馬3冠を目指して秋華賞(GⅠ・京都芝2000m)に出走します。 秋華賞のポイント 秋華賞は牝馬3冠のなかでもっとも直線の短いコースで行われます。牝馬3冠レースの直線距…

セントライト記念(2018年)は配当が低いので、3連単4点で!ーー予想

9月17日(月・祝)、変則3日間開催の中山最終日は、メインレースに菊花賞トライアルのGⅡセントライト記念が組まれています。今年は春のクラシックをパスした良血馬レイエンダが、ギベオン、グレイル、オウケンムーン、コズミックフォースなどの実績馬を抑え…

高速馬場想定のローズS(2018年)はしなやかにキレる◎レッドランディーニから!ーー予想

9月17日(日)、秋華賞トライアルのGⅡローズSが阪神競馬場の芝1800m外回りコースを舞台に行われます。今年は2冠馬アーモンドアイ、2歳女王ラッキーライラックなど、クラシックの上位組が不出走。その替わり、サトノワルキューレやカンタービレなどの重賞馬が…

ローズS(2018年)は重馬場になるのか?ーートニービンもちが好走するって本当?

秋競馬の2週目は9月15(土)〜17(祝)の変則3日間開催。中山と阪神の東西で牡馬と牝馬のクラシックのトライアルが行われます。 ・ローズS(GⅡ・阪神芝1800m) →1〜3着馬に秋華賞の優先出走権 ----- ・セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m) →1〜3着馬に菊花…

アーモンドアイ不在のローズS(2018年)はノーザンファーム生産馬が好走するのか?ーー展望

秋競馬の2週目は9月15(土)〜17(祝)の変則3日間開催。中山と阪神の東西で牡馬と牝馬のクラシックのトライアルが行われます。 ・ローズS(GⅡ・阪神芝1800m) ・セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m) 春のクラシック2冠を制したアーモンドアイはローズSをス…

高速馬場のセントライト記念(2018年)はディープインパクト産駒が好走するのか?ーー展望

9月17日(月・祝)、変則3日間開催の中山最終日は、菊花賞トライアルの「セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m)」が組まれています。 1人気に推されるのはC・ルメール騎手が「兄レイデオロ以上の素材」と惚れ込むレイエンダ。春のクラシックに間に合わなかっ…

セントライト記念(2018年)は「高速馬場+中山コースOK」の良血レイエンダに注目!ーー展望

秋競馬の2週目は9月15(土)〜17(祝)の変則3日間開催。中山と阪神の東西で牡馬と牝馬のクラシックのトライアルが行われます。 ・ローズS(GⅡ・阪神芝1800m) →1〜3着馬に秋華賞への優先出走権 ・セントライト記念(GⅡ・中山芝2200m) →1〜3着馬に菊花賞へ…

紫苑S(2018年)はエアレーション馬場なら好走できると想定してロサグラウカに◎をーー予想

中山競馬場の芝2000mで行われる紫苑S(GⅢ)は、3着以内の馬に秋華賞(GⅠ・京都芝2000m)への優先出走権が与えられます。 紫苑SはOP特別として実施されていた頃は秋華賞につながりの薄いトライアルでした。ところが、GⅢへと格上げされた2016年、17年とこのレ…

紫苑S(2018年)に出走する良血馬フィニフティは秋華賞の優先出走権をゲットできるのか?

中山競馬場の芝2000mで行われる紫苑S(GⅢ)は、3着以内の馬に秋華賞(GⅠ・京都芝2000m)への優先出走権が与えられます。今年の3歳牝馬路線の中心は、桜花賞とオークスの2冠を制したアーモンドアイ。この天才少女にストップをかける才媛は現れるのでしょうか…

レパードS(2018年)はDeputy MinisterとNureyevを併せもつイダペガサスに◎を!ーー予想

3歳限定のダート重賞「レパードS(GⅢ)」は、過去にトランセンドやホッコータルマエなどのGⅠ馬を輩出した出世レース。今後のダート路線の主役を張る馬が現れるのかに注目の1戦です。 ユニコーンS(GⅢ・東京ダート1600m)→ジャパンダートダービー(JpnⅠ・大井…

レパードS(2018年)はSeattle Slew、Nureyev、Deputy Ministerもちに注目!ーーレース展望

3歳限定のダート重賞「レパードS(GⅢ)」は8月5日(日)、新潟の1800mを舞台に行われます。過去にはトランセンドやホッコータルマエなど後のGⅠ馬を輩出した出世レース。今後のダート路線の主役を張る馬を占う意味でも目の離せない1戦です。 レパードSが波乱…

ラジオNIKKEI賞(2018年)はRobertoのパワーをもつ◎ロードアクシスのイン捲りに期待して

「夏競馬!」シーズンの開幕を告げる3歳ハンデ重賞「ラジオNIKKEI賞」が福島芝1800mを舞台に行われます。今年は新馬→500万下と2連勝の上がり馬フェエールマンが1人気に押され、メイショウテッコンやイェッツトなどのOP実績馬がそれに続く人気となり、ハイレ…

CBC賞(2018年)は高速馬場の前残りを狙って、2桁人気の先行馬たちに期待!ーー予想

JRAは中京、福島、函館の3場所開催となり、本格的に夏競馬がスタートします。その中京開幕週を飾るのはサマースプリントシリーズの第2戦・CBC賞(GⅢ・中京芝1200m)。過去の勝ち馬にはスプリンターズSを連覇したレッドファルクスなどがおり、注目度の高いレ…

2冠牝馬アーモンドアイはPerfumeよりも°C-uteに似ているーー大人の階段を上った先には?

出典:℃-uteオフィシャルブログ Powered by Ameba 桜花賞とオークスの2冠を制した「天才少女」のアーモンドアイは、バンビ(子鹿)のような柔らかいフットワークで走ります。その溜息が出るほどに美しいフォームはあまりにも眩しく、私は才女のオークスでの…

ユニコーンS(2018年)は素質馬ルヴァンスレーヴが1分35秒0の好タイムで快勝ーー回顧

3歳春のダート路線の最大目標となるユニコーンSは例年、GⅠ・フェブラリーSを展望する素質馬・有力馬がズラリと集まる注目の1戦です。 今年は1人気に推されたルヴァンスレーヴがM・デムーロ騎手の手綱に導かれ、1分35秒0(重)の好タイムで快勝しました。 同…

アーモンドアイの眩しさに思わず目を背けた2018年のオークスーー回顧

眩しくて、あまりにも眩しすぎて、目を背けたーー アーモンドアイは「バンビ」のような軽くてしなやかなフットワークでオークスの直線を駆け抜けました。 「桜花賞よりももっと苦労するかな?」とか「ラッキーライラックと叩き合いになったらルメール騎手も…

日本ダービー(2018年)は高速馬場+東京コース向きのステルヴィオに◎を!ーー予想

日本ダービーの季節が巡ってきて、3歳馬たちの若々しい走りをまた堪能できると考えただけで、思わず幸せなため息が出てしまうーー。 ダービーはいろいろな切り口がある 競馬の祭典として商業的価値の高いダービーは、さまざまなメディアでどの馬がダービー馬…

名繁殖牝馬ライラックスアンドレースとオークス(2018年)についてのアレコレーー予想

米GⅠ4勝などの名牝ステラマドリッドは日本でも枝葉が広がる名繁殖牝馬です。ミッキーアイル、アエロリット、ラッキーライラックは3代母にこの血を引く芝GⅠ馬。ステラマドリッド牝系の日本における活躍馬は、前向きな気性とスピードを活かした先行で、前々か…

オークス(2018年)は重馬場になるのか?ーー重馬場適性のある馬をピックアップ!

5週連続でGⅠが行われる春の東京開催は、芝コースが時計の速いコンディションとなっています。NHKマイルCの週から「高速馬場」へと変化し、京王杯SCではレコードタイムが計時されました。 ▼2018年 NHKマイルC:1分32秒8 京王杯SC:1分19秒5(レコード) ヴィ…

ハープスターに似たアーモンドアイはオークス(2018年)を好走できるのか?ーー展望

牝馬クラシックの第2冠・オークスは東京の芝2400mで行われ、中距離馬としての資質だけではなく、直線の長いコースでしなやかにキレる脚が使えるのかも問われるレースです。桜花賞がコース改修によって直線の長い外回りへと変わり、オークスと強い結びつくよ…

NHKマイルC(2018年)はディープインパクト産駒のケイアイノーテックが差し切り勝ちーー回顧

3歳のマイル・チャンピオンを決める「NHKマイルC(GⅠ・東京芝1600m)」は、ニュージーランドT2着からここへ臨んだケイアイノーテックが直線大外から鋭く脚を伸ばすと、先に抜け出したギベオンを捕らえて1着でゴールを駆け抜けました。 藤岡祐介騎手、ケイア…

NHKマイルC(2018年)はダノンスマッシュとアンコールプリュから高配当を狙って!ーー予想

春の東京開催は5週連続でGⅠが行われます。その開幕を飾るのは、3歳馬のマイルチャンピオンを決める「NHKマイルC」。スピードだけでは乗り切れない東京芝1600mを舞台に、今年はどの馬が栄冠をつかむのでしょうか? 近年のNHKマイルCの傾向は? 創設されたばか…

NHKマイルC(2018年)の上位人気馬についてズバっと解説ーータワーオブロンドン、テトラドラクマ他

3歳のマイル・チャンピオンを決めるNHKマイルC(GⅠ・東京芝1600m)は、17年のアエロリット、16年のメジャーエンブレム、15年のクラリティスカイと3年続けて桜花賞&皐月賞組から優勝馬が出ているように、クラシック路線を歩んできた馬が上位のレースです。 …

フローラS(2018年)はディープインパクト産駒の逆襲があるのか?ーーエアレーション馬場の開幕週

春の東京開催の開幕週に行われるGⅡフローラSは、3歳牝馬クラシックの第2冠・オークス(GⅠ・東京芝2400m)へのステップ・レース。昨年のモズカッチャン、一昨年のチェッキーノとこのレースを制した馬が続くオークスを2着と好走しており、先のGⅠを占う意味でも…

GⅠ皐月賞(2018年)は俊敏な加速力で抜け出したエポカドーロが勝利!ーー回顧

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞(GⅠ・中山芝2000m)は、7人気のエポカドーロ(藤原英昭厩舎)が4コーナーからスムーズに加速して直線で先頭に立つと、サンリヴァルの追撃を振り切っての勝利を上げました。騎乗した戸崎圭太騎手はこれが嬉しいクラシック初…