GⅠ

宝塚記念(2018年)は「前々+イン有利」なタフな馬場を活かしたミッキーロケットが快勝!ーー回顧

春のグランプリ・宝塚記念は、素晴らしいスタートから好位のインを取り切ったミッキーロケット(5歳牡馬・音無秀孝厩舎)が4コーナーで先頭に立つと、直線の外からグイグイと伸びてきた香港馬ワーザーを振り切り、1着でゴールを駆け抜けました。勝ちタイムは…

宝塚記念(2018年)は「良(稍重)馬場+スロー」を想定してステファノスに◎を!ーー予想

6月18日(日)の阪神競馬場は開催3週目にも関わらず、メインレースの米子S(OP・芝1600m)で1分31秒9のタイ・レコードがマークされるほどに芝が「高速」化しました。これは、梅雨の時期に入っても好天に恵まれたため、芝や路盤の含水率が低下したことによる…

牝馬の好走が目立つ宝塚記念(2018年)はヴィブロスとスマートレイアーの2頭に注目!ーー展望

春のグランプリ・宝塚記念(GⅠ・阪神芝2200m)は牝馬の好走が目立つレースです。過去5年のすべてで、少なくとも1頭以上の牝馬が3着内に入線していることから、ヴィブロスとスマートレイアーの2頭に期待が集まります。 好走する牝馬の共通点は? 2013〜17年に…

宝塚記念(2018年)は重馬場でなくともタフなレースになるのがデフォルトーー好走するための条件とは?

春のグランプリ・宝塚記念(GⅠ・阪神芝2200m)は「梅雨時+開催最終日」にレースが施行されることから、時計のかかるタフな芝コンディションとなるのがデフォルトです。同レースの過去10年における「レースの上り3F」からも、タフな決着となっていることがわ…

重馬場の可能性がある宝塚記念(2018年)をサトノクラウンは連覇できるのか?ーー展望

「キタサンブラックの1強」と言われた昨年の宝塚記念(GⅠ・阪神芝2200m)は、主役と目された現役最強馬が直線で「いつもの」粘りを欠くなか、外からしなやかなストライドでグイグイと伸びたサトノクラウンが1着でゴール板を駆け抜けました。 宝塚記念で初め…

宝塚記念(2018年)は梅雨の影響でタフな重馬場となるのか?ーー重馬場適性のある馬をピックアップ!

春のグランプリ・宝塚記念(GⅠ・阪神芝2200m)は梅雨時に行われるとあって、タフな芝コンディションとなることの多いレースです。現在の阪神芝はOP特別の米子S(芝1600m)で1分31秒9のタイムが出ているように、かなりの高速馬場。今年は例年よりも軽い馬場に…

安田記念(2018年)は1分31秒3の好タイムでモズアスコットがGⅠ初制覇!

春のチャンピオン・マイラーを決める安田記念は、後方からの追走となったモズアスコットが直線で鋭く伸びると、先に抜け出したアエロリットをゴール前で捕らえ、これが嬉しいGⅠ初制覇となりました。勝ちタイムは1分31秒3(良)。 1分31秒台の決着 現在の東京…

高速馬場の安田記念(2018年)は1分31秒台の決着になると想定して、1400mベストのモズアスコットに◎を!ーー予想

JRAのマイル路線はピュアマイラーとは言えないイスラボニータがトップレベルを引っ張っていたように、「ハイレベル」と呼べない現状です。また、この路線の絶対王者だったモーリスが不出走となった一昨年のマイルCSから、マイル重賞はコロコロと勝ち馬が替わ…

安田記念(2018年)は高速馬場で1分31秒台の決着になるのか?ーー注目馬は?

春のマイル・チャンピオンを決める安田記念(東京芝1600m)は、1400mベストのスプリンターから中距離馬までが出走するレースです。今年は大阪杯(GⅠ・阪神芝2000m)を制したスワーヴリチャード、ドバイターフを制したリアルスティールなどの「ピュアマイラー…

アーモンドアイの眩しさに思わず目を背けた2018年のオークスーー回顧

眩しくて、あまりにも眩しすぎて、目を背けたーー アーモンドアイは「バンビ」のような軽くてしなやかなフットワークでオークスの直線を駆け抜けました。 「桜花賞よりももっと苦労するかな?」とか「ラッキーライラックと叩き合いになったらルメール騎手も…

日本ダービー(2018年)は高速馬場+東京コース向きのステルヴィオに◎を!ーー予想

日本ダービーの季節が巡ってきて、3歳馬たちの若々しい走りをまた堪能できると考えただけで、思わず幸せなため息が出てしまうーー。 ダービーはいろいろな切り口がある 競馬の祭典として商業的価値の高いダービーは、さまざまなメディアでどの馬がダービー馬…

名繁殖牝馬ライラックスアンドレースとオークス(2018年)についてのアレコレーー予想

米GⅠ4勝などの名牝ステラマドリッドは日本でも枝葉が広がる名繁殖牝馬です。ミッキーアイル、アエロリット、ラッキーライラックは3代母にこの血を引く芝GⅠ馬。ステラマドリッド牝系の日本における活躍馬は、前向きな気性とスピードを活かした先行で、前々か…

オークス(2018年)は重馬場になるのか?ーー重馬場適性のある馬をピックアップ!

5週連続でGⅠが行われる春の東京開催は、芝コースが時計の速いコンディションとなっています。NHKマイルCの週から「高速馬場」へと変化し、京王杯SCではレコードタイムが計時されました。 ▼2018年 NHKマイルC:1分32秒8 京王杯SC:1分19秒5(レコード) ヴィ…

ハープスターに似たアーモンドアイはオークス(2018年)を好走できるのか?ーー展望

牝馬クラシックの第2冠・オークスは東京の芝2400mで行われ、中距離馬としての資質だけではなく、直線の長いコースでしなやかにキレる脚が使えるのかも問われるレースです。桜花賞がコース改修によって直線の長い外回りへと変わり、オークスと強い結びつくよ…

ヴィクトリアマイル(2018年)はスローペース+高速馬場を利したジュールポレールが初GⅠ制覇!

4歳以上・牝馬のマイルチャンピオンを決める「ヴィクトリアマイル(東京芝1600m)」は、昨年の同レース3着のジュールポレールが直線で鋭く抜け出し、初GⅠ制覇を飾りました。出走メンバー最速となる上り3F32.9で追い込んだ1人気リスグラシューが2着、直線で先…

ヴィクトリアマイル(2018年)は高速馬場を利して1400mベストの人気薄から高配当を!ーー予想

5月13日(日)、東京芝1600mを舞台に4歳以上牝馬のマイル・チャンピオンを決める「GⅠヴィクトリアマイル」が行われます。ここ数年、牡馬混合の安田記念を好走できる牝馬のトップ・マイラーが現れていなことから、ヴィクトリアマイルは今年も混戦模様です。 …

ヴィクトリアマイルは重馬場?!ーーサヨナラ高配当

サヨナラ高配当 2015年に「GⅠにおける3連単の最高配当」の2000万超の馬券が出たことで知られるヴィクトリアマイル(東京芝1600m)は今年も混戦です。GⅠ馬5頭を含むハイレベルな馬たちが揃うだけでなく、馬場状態がどうなるのかも不透明とあって、レースの予…

名繁殖牝馬エリモピクシーの仔レッドアヴァンセはヴィクトリアマイル(2018年)を好走できるのか?

現在の日本における名繁殖牝馬と言えば、ヴァルシーナ=ヴィブロス全姉妹とシュヴァルグランのGⅠ馬3頭を産んだハルーワスウィート、ラキシス=サトノアラジンのGⅠ姉弟を産んだマジックストームなどの名前が真っ先に上がるでしょう。 上記の2頭のように複数頭…

ヴィクトリアマイル(2018年)は1400mベストの人気薄から高配当を狙って!ーー展望

JRAの古馬牝馬路線は、春と秋のシーズンそれぞれにGⅠが組まれています。 春:ヴィクトリアマイル(東京芝1600m) 秋:エリザベス女王杯(京都芝2200m) ヴィクトリアマイルが創設される以前、GⅠレベルの古馬牝馬にとって、春シーズンの目標は牡馬混合の高松…

NHKマイルC(2018年)はディープインパクト産駒のケイアイノーテックが差し切り勝ちーー回顧

3歳のマイル・チャンピオンを決める「NHKマイルC(GⅠ・東京芝1600m)」は、ニュージーランドT2着からここへ臨んだケイアイノーテックが直線大外から鋭く脚を伸ばすと、先に抜け出したギベオンを捕らえて1着でゴールを駆け抜けました。 藤岡祐介騎手、ケイア…

NHKマイルC(2018年)はダノンスマッシュとアンコールプリュから高配当を狙って!ーー予想

春の東京開催は5週連続でGⅠが行われます。その開幕を飾るのは、3歳馬のマイルチャンピオンを決める「NHKマイルC」。スピードだけでは乗り切れない東京芝1600mを舞台に、今年はどの馬が栄冠をつかむのでしょうか? 近年のNHKマイルCの傾向は? 創設されたばか…

NHKマイルC(2018年)の上位人気馬についてズバっと解説ーータワーオブロンドン、テトラドラクマ他

3歳のマイル・チャンピオンを決めるNHKマイルC(GⅠ・東京芝1600m)は、17年のアエロリット、16年のメジャーエンブレム、15年のクラリティスカイと3年続けて桜花賞&皐月賞組から優勝馬が出ているように、クラシック路線を歩んできた馬が上位のレースです。 …

GⅠ皐月賞(2018年)は俊敏な加速力で抜け出したエポカドーロが勝利!ーー回顧

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞(GⅠ・中山芝2000m)は、7人気のエポカドーロ(藤原英昭厩舎)が4コーナーからスムーズに加速して直線で先頭に立つと、サンリヴァルの追撃を振り切っての勝利を上げました。騎乗した戸崎圭太騎手はこれが嬉しいクラシック初…

皐月賞(2018年)は高速馬場か重馬場かが読めないのなら、その2パターンを想定しての買い目を!ーー予想

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は、圧倒的な1人気が想定されたダノンプレミアムが回避したこと、レース当日に降雨の予報が出ていることなどから、混戦ムードとなっています。 1、2人気を分け合うワグネリアンが1枠、ステルヴィオが8枠に入ったこと、そし…

福永騎手のワグネリアンは皐月賞(2018年)を好走できるのか?ーー血統や走りの特徴を解説!

4月15日(日)、3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞が中山競馬場の芝2000mで行われます。 デビューから4戦4勝のダノンプレミアムが回避したことで、ステップレースを好走したワグネリアン(弥生賞2着)とステルヴィオ(スプリングS1着)のノーザンファーム生…

ロードカナロア産駒のステルヴィオは皐月賞(2018年)を好走できるのか?ーーコースと馬場適性について

3歳牝馬クラシックの第1冠・桜花賞(GⅠ・阪神芝1600m)は、2人気のアーモンドアイが1人気のラッキーライラックを素晴らしいフットワークで差し切り、父ロードカナロアに初GⅠをプレゼントしました。 ロードカナロア産駒は、牝馬クラシックを制したアーモンド…

皐月賞(2018年)は重馬場か、それとも高速馬場か?ーー重馬場適性のある馬は?

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は16年のディーマジェスティ、17年のアルアインが2年続けてレースレコードをマークしています。昔から「もっとも速い馬が勝つ」と言われるレースだけに、今年も1分58秒を切る好タイム決着となるのでしょうか? 「皐月賞ウィ…

重馬場が得意なRobertoが捲る皐月賞(2018年)ーージャンダルムは好走できるのか?

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は小回りの中山芝2000mで行われ、3〜4コーナーを俊敏に回るパワーと器用さが求められるレースです。昔から「最も速い馬が勝つ」と言われるレースにおいて、「最も捲りが速い」のはどの馬なのでしょうか? 今年の皐月賞出走…

GⅠ皐月賞(2018年)はノーザンファーム生産馬が好走するのか?ーー注目馬についても解説!

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞(GⅠ・中山芝2000m)はデビューから4戦4勝のダノンプレミアムが回避し、中心馬不在の1戦となりました。 「ラッキーライラック1強」と言われた桜花賞は、シンザン記念からの異例のローテーションとなったアーモンドアイが上…

桜花賞(2018年)はロードカナロア産駒のアーモンドアイが大外バキューンで1着!ーー回顧

3歳牝馬クラシックの第1冠「桜花賞(阪神芝1600m)」は、2人気のアーモンドアイが直線で大外に出すと、好位のインから抜け出した1人気ラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切り1着でゴールしました。勝ちタイムの1分33秒1(良)はレースレコード。 桜花賞の…