MENU

またサトノダイヤモンドの走りを見ることができるーー阪神大賞典(2017年)予想

f:id:hakusanten:20170319005332j:plain

2017年、サトノダイヤモンドの始動戦として選ばれたのは阪神大賞典

 

菊花賞有馬記念を連勝して「現役最強馬」とも称されるサトノダイヤモンドの始動戦は、結果だけではなく「どのようなレースをするのか?」という内容も問われることになりそうです。

 

hakusanten.hatenablog.jp

 

サトノダイヤモンドシュヴァルグランもHaloのクロスをもつ機動力に優れた馬で、サトノはキタサンブラックをねじ伏せた昨年の有馬記念、シュヴァルは抜群の手応えで4角先頭捲りを見せた昨年の阪神大賞典と、それぞれ内回りコースで高いパフォーマンスを示しています。

 

今年の阪神大賞典も頭数が落ち着いたので、素晴らしい加速で(息を呑むようなハッとする脚で)4角を捲る2頭の走りを堪能したいレース。

サトノもシュヴァルも気性がおとなしく、長い距離も苦にせず走れるので、死角は見当たりません。

 

予想

予想としては◎サトノダイヤモンド、◯シュヴァルグランとしか印を打ちようがなく、この◎◯の走りを存分に楽しみたいです。

 

3着に何が来るのか?

3連単を買う人にとっては、サトノダイヤモンドシュヴァルグランの3着に来る馬を探すことになるのでしょうが、それぞれの馬にチャンスがあり選ぶのが難しそうです。

 

そんな3着に来そうな馬を探すにあたって少しでも役に立つように、サトノダイヤモンドシュヴァルグラン以外の馬について簡単な解説を。

 

3着馬を探せ! 各馬の簡単解説

1枠から順に3着候補の馬を解説します。

 

1枠1番 スピリッツミノル

ディープスカイ×母父ラムタラですから、スピードに欠ける分長い距離を同じペースで走り続けることができる配合。

3歳時は逃げという武器でOPのすみれSを制しましたが、その後はスランプに陥ります。古馬になってから脚質転換に成功して再度のオープン入りは立派の一言。近走での好走は重など馬場が渋ったときで上りが掛かった方がベターです。

サトノダイヤモンドシュヴァルグランが捲り切った後で、スピリッツミノルが内枠を利して実直に伸びて来るシーンも十分あり得ます。

 

2枠2番 ウインスペクトル

前走の小倉の長距離戦は、馬の力だけではなく丹内騎手のファインプレーも光った勝利。

レースのペースが落ちたところを見計らって、ホームストレッチで先頭を奪うとペースを緩めることなく押し切りました。他の騎手にとってもウインスペクトルが途中からハナに立ったために、間を詰めることができませんでした。

サトノダイヤモンドシュヴァルグランは内回りでは捲りが主戦法なので、被されてしまうと3着に残るのは難しいかと…

反対に好走するとしたら、前走のように後ろが誰も捕まえに来なかったときですが…

 

4枠4番 トーセンバジル

ハービンジャー産駒としては斬れる脚を使える馬で、古馬になってからスローの上り勝負でも結果を出しています。ただ、本質としては2歳時の葉牡丹賞で見せた「持続的な流れで上りのかかる勝負」の方が向いているタイプで、今回は人気の2頭が捲った後での差し比べであれば時計がかかることが想定されるので、条件としてはぴったりです。

ただ、直線に坂のあるコースよりは平坦の方がベターですから、3着を狙ってどこまで…というところ。

 

5枠5番 トウシンモンステラ

前走のダイヤモンドSは見せ場十分の走りで、ステイヤーズSを連覇したアルバートと0.6秒差の4着であれば、ここでの3着は可能性があります。こちらもスピリッツミノルと同じように末脚が遅いタイプなので、内ラチをぴったりと回って実直に伸びれば3着は拾えるかもしれません。

前日のオッズでは最低人気、気楽な立場で臨めますから人気の2頭の捲りで他馬が苦しくなるようだとスタミナが活きる場面も考えられます。

 

6枠6番 レーヴミストラル

コンスタントに重賞馬を輩出する名繁殖牝馬レーヴドスカーの仔で、ベストは外回り。京都や東京などの直線の長いコースで力を発揮するので、阪神の内回りは適性としてはマイナスです。

 

7枠7番 ワンアンドオンリー

ダービー馬ですが、古馬になってからは精彩を欠くレースが続いています。最後に勝利したのは3歳時の神戸新聞杯ですから、もう2年半勝ち星を挙げていません。

とは言え、走る気力を完全に失っているわけではなく、近走は伸びずばてずのレースで大きく負けているわけではありません。

ズブイので3000mという距離もOK。ただ、このタイプの馬はどんなレースに出ても同じような競走をしてしまう傾向があるので…3着狙いとしては買い辛いですね。

 

7枠8番 タマモベストプレイ

母ホットプレイは重賞勝ち馬をコンスタントに輩出する名繁殖。京都の下り坂でペースを上げて直線で粘り込む競馬が得意で、阪神の内回りは割引です。

ただ、阪神大賞典トウカイトリックデスペラードのように、中山のステイヤーズSで好走した馬が結果を出す舞台でもあるので、昨年のステイヤーズS5着であれば一考の余地はあるかもしれません。アルバートと1.4秒差つけられていることから強く押すことは出来ませんが…

 

8枠9番 マドリードカフェ

掴み所のない馬で、スタミナは豊富ですから、他馬がバテたところを…

ただ、この馬は最も買い辛いです…

 

まとめ

圧倒的な支持を集める馬が2頭いる場合、3連単の3着に人気薄をマークする人は一定以上います。そのため、最低人気の馬でも意外にオッズがつかないこともままあるので注意が必要です。

 

馬券とは別のところで、阪神大賞典は楽しみの多いレースですし、まずは人気2頭の走りに注目ですね。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。