'17年、ハービンジャー産駒の特徴に変化が?!ーー春のクラシックを賑わせたハービンジャー

f:id:hakusanten:20170711142101j:plain

英GⅠキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(アスコット競馬場芝2400m)を11馬身差で圧勝したハービンジャーが種牡馬として日本に輸入され、'14年には初年度産駒がデビューしました。

日本の競馬を変えたと言われる大種牡馬サンデーサイレンスの血をもつ繁殖牝馬と交配できるハービンジャーへの期待は大きく、初年度から大きな期待がかけられることになります。

 

ハービンジャーの血統

ハービンジャーの父Dansiliはデインヒル直仔の欧州のパワー・マイラー。競走馬時代はGⅠを勝つことができませんでしたが、種牡馬として凱旋門賞馬レイルリンクを出し、'06年の仏リーディングサイアーを獲得するなどの活躍を見せています。

母Penang Pearlは母系にしなやかな血のShareef Dancer(その母Sweet AllianceはSir Ivor×Tom Fool)が入り、日本の芝に向く競走馬を出す下地をもっているのが特徴です。

ハービンジャー自身はNorthern Dancerのクロスがうるさく、スピードよりもパワーに勝った配合のため、どのようにスピードを引き出すかがキーポイントになります。

ハービンジャーの血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com

 

初年度産駒は大きな期待に応えることができず……

初年度産駒からGⅢ京成杯(中山芝2000m)を制したベルーフが出るなど好スタートを切りました。ただ、この世代で春のクラシックに出走したのは皐月賞のベルーフ1頭のみ。生産者の期待の大きさほどには活躍馬を出せなかったと言えます。

 

ハービンジャー産駒の特徴として

ハービンジャーが1、2年目と産駒を送り出すなかで、少しずつその特徴が現れてきました。まずは重賞勝ちの内容から特徴を洗い出してみましょう。

 

'16年までに3つの重賞勝ち

ハービンジャー産駒は'16年までに芝の重賞を3つ勝っています。その内容は以下の通りです。

 

前走レース コース 馬 名
15 GⅢ京成杯 中山芝2000m ベルーフ
15 GⅢラジオN杯京都2歳S 京都芝2000m ドレッドノータス
16 GⅢ京成杯 中山芝2000m プロフェット

 

重賞レースで活躍するハービンジャー産駒は内回り・小回り向きの器用さとパワーに優れていて、直線の長い東京や外回りコースをしなやかに差すタイプは出ていません。

現オープン馬のトーセンバジル(5歳牡馬)のように直線で鋭くキレる産駒もいますが、GⅡ京都新聞杯4着、GⅡ神戸新聞杯3着と外回りコースの瞬発力勝負ではあと一歩足りない成績になってしまいます。

 

全体的なハービンジャー産駒の特徴

ハービンジャー産駒の特徴として挙げられるのは以下の6つ。

 

1. 札幌や函館などの洋芝が得意

2. ダートと重馬場は不得手

3. 距離は1600〜2000mがベスト

4. 内回り・小回りコースが得意

5. ややキレる脚に欠ける

6. 古馬になってからの成長力「?」

 

ハービンジャー産駒は全体として仕上がりが早く、函館や札幌、小倉などの2歳新馬戦でデビューする馬が多く、初年度から夏場に好成績を出していたことから、洋芝向きのパワーと小回り向きの器用さをもっているというイメージが定着しました。ただ、パワーがあると言ってもダートや重馬場は苦手で、クッションの利いた時計のかかる芝がベストです。

3歳春のクラシック路線で思うような成績が上がらないのは、瞬発力でディープインパクト産駒に劣ってしまうことが最大の原因と考えられます。

 

'17年、ハービンジャー産駒に変化が!?

ハービンジャーの3年目の産駒となる今年の3歳世代は、牡馬が皐月賞2着のペルシアンナイト、牝馬がオークス2着のモズカッチャンと春のクラシックで活躍しました。

オークスではモズカッチャン(2着)、ディアドラ(4着)、モーヴサファイア(12着)、ヤマカツグレース(18着)と4頭が出走した内の2頭が掲示板に載るなど好成績を上げました。直線の長い東京コースのGⅠレースで好走馬が出たのはこれまでのハービンジャー産駒「らしくない」もので、その特徴が大きく変化していることがわかります。

オークス('17年)はハービンジャー産駒が大攻勢?ーーモズカッチャン他 - ずんどば競馬

 

ペルシアンナイトとモズカッチャン

GⅠでは「底力が足りない」と揶揄されたハービンジャー産駒も、今年は春のクラシックにおいて2着が2回と力のあるところを見せました。そのペルシアンナイトとモズカッチャンの2頭はいずれも直線の長いコースで重賞勝ちを上げています。

 

馬 名 前走レース コース
ペルシアンナイト GⅢアーリントンC 阪神芝1600m
モズカッチャン GⅡフローラS 東京芝2000m

 

ペルシアンナイトは母系に入るNureyevから受け継いだ重厚なストライドで阪神外回りを「ズドーン!」と差し切り、モズカッチャンはMr. Prospectorのクロスらしいスピードで東京の芝2000mで「バキューン!」と弾け、いずれもディープインパクト産駒を寄せ付けない完勝。

内回り向きの器用さとパワーではなく、スピードとキレ味で重賞を勝ったことはハービンジャー産駒にとっては大きな変化と言えるのです。

 

ディープインパクトを差し切るハービンジャー

ハービンジャー産駒は今年、37の勝利数を上げています。そのなかで33.0〜34.0の上りを使って勝ったのは13回と、3割を超える確率で瞬発力勝負を制していることがわかります。'16年は99勝の内33.0〜34.0の上りを使ったのは13勝ですから、単純な比較をすれば数字上で瞬発力勝負に強くなっているのです。

これまでは瞬発力勝負でディープインパクトに負けていたハービンジャー。GⅠなどの舞台では瞬発力を問われるレースになることが多いため、キレる脚を使える産駒が増えたというのは今後に向けて期待がもてる変化と言えるでしょう。

 

EI(アーニングインデックス)も年々上昇

ハービンジャーは「種牡馬の優劣」を表す指標の1つ「EI(アーニング・インデックス)」が年々上昇しています。IEについてはJRAの競馬用語辞典の解説を引用しておくので、どのような内容なのかはご確認下さい。

 

種牡馬の優劣を判定するためのめやすで、出走馬1頭当たりの収得賞金の平均値を1.00として、各々の種牡馬の産駒の平均収得賞金の割合を数値で表わしたもの。1.00が平均となり、数値が大きくなるほど産駒が多くの賞金を獲得していることを表わす。これを算式で示すと(産駒の総収得賞金÷産駒の出走頭数)÷(出走馬総収得賞金÷総出走頭数)となる。

引用元:アーニング・インデックス(競馬用語辞典) JRA

 

初年度産駒が走り始めた'14年〜'17年の7月時点でのEIは以下の通りです。

 

勝利数 勝馬率 EI
14 21 .232 0.53
15 69 .258 0.78
16 99 .291 0.99
17 37 .193 1.30

参照元:netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

'14年は2歳馬しか走っていないので、EIは低くなっています。今年のEIはここまで平均値を上回る1.30ですから、下級条件だけではなく上級条件でしっかりと賞金を獲得していることがわかります。EIが年々上昇しているというのは、ハービンジャー産駒の育成や調整方法を生産者や厩舎が理解してきたからだけではなく、古馬になって上級条件で活躍している馬が増えていることもその要因です。

 

ハービンジャー産駒の今後

初年度産駒の成績が期待したほどではなかったことから、年々種付け頭数が減少しているハービンジャーですが、今年の春のクラシックの成績から来年以降はまた種付け頭数が増える可能性があります。

今後は内回り・小回りをパワーで捲るタイプだけではなく、東京や外回りコースをバキューンと鋭く差す馬がどんどん現れるのでは、と期待したいですね。

 

注目のハービンジャー産駒

今年、1600万下を鋭い脚で勝ち上がった2頭のハービンジャー産駒を注目馬としてご紹介します。

 

サンマルティン 5歳騸馬

父:ハービンジャー

母:ディアデラノビア(母父:サンデーサイレンス)

厩舎:国枝栄(美浦)

母ディアデラノビアはオークス・エリザベス女王杯・ヴィクトリアマイル3着、重賞3勝の活躍馬で、繁殖としても重賞勝ち馬を送り出している名牝。

サンマルティンは前進気勢が強く、当たりの柔らかいルメール騎手や戸崎騎手が乗っても折り合いが難しい馬。名手が乗っても折り合えないほどの抜群のエンジンをもっているので、スムーズなレースができれば母譲りの末脚で「バキューン」と弾けます。母に似た回転の速いフットワークながらストライドも伸びるタイプなので、直線の長いコースでも速い上りを使えるのが最大の長所です。

前走のむらさき賞(1600万下 東京芝1800m)は戸崎騎手が4コーナーを手綱を引っ張りっきりで、「これは脚が残せているのかな?」と不安になったものの、直線を向いて前の進路がクリアになると上り33.3の末脚を発揮しての差し切り勝ち。ディープインパクト産駒顔負けの瞬発力を見せました。

サンマルティンはとにかく「折り合えれば」素晴らしい脚を使えるので、瞬発力が活きるレースになればオープンでもと思わせる好素質馬です。

 

ヒーズインラブ 4歳牡馬

父:ハービンジャー

母:シーズインクルーデッド(母父:Include)

厩舎:藤岡健一(栗東)

今春、中山1600mの1000万下→1600万下を連勝。「超」高速馬場だった皐月賞の日の12R春興ステークスではインコースをスルスルと抜け出したオートクレールを上り33.2の鋭脚で差し切り、キレるハービンジャー産駒「らしい」ところを見せました。

母シーズインクルデッドは今年のGⅢ新潟大賞典を勝ったサンデーウィザードを出す好繁殖牝馬。Northern Dancerのクロスをもたないアメリカ血統で固められた配合から、Northern Dancerのクロスのうるさいハービンジャーとの相性は良さそうです。

ヒーズインラブの血統表 | 競走馬データ - netkeiba.com

前走のOP谷川岳Sは1番人気に支持されたものの、ウインガニオンのマイペースの逃げを捕らえることができずに7着と敗退。オープンでも十分に通用する脚をもっているだけに、上級条件でどのような走りを見せるのかに注目ですね。

 

まとめ

夏競馬シーズンの到来とともに、2歳馬も続々とデビューを迎えています。今年のハービンジャー産駒のなかでクラシックを賑わす馬が現れるのか? 今から来年のクラシックが楽しみですね。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。