MENU

JpnⅠジャパンダートダービー('17年JDD)予想ーー砂のダービー馬は?

f:id:hakusanten:20170710163536j:plain

7月12日(水)、大井競馬場の2000mを舞台に3歳ダート路線のチャンピオンを決めるJpnⅠジャパンダートダービー(JDD)が行われます。JRAから7頭、地方から7頭が顔を揃え、「砂のダービー馬」を目指します。

3歳ダート・チャンピオンの栄冠をつかむのはどの馬なのでしょうか?

 

今年のJRA勢は?

今年のJpnⅠジャパンダートダービーに出走するJRA所属馬は7頭。この世代のダート路線を引っ張るエピカリスがヒヤシンスS以降はUAEダービー→ベルモントSというローテーションを組んだために、3歳春のダートのOP戦はコロコロと勝ち馬が変わるレースが続きました。

1番人気が想定されるサンライズノヴァは伏竜Sでリゾネーターに、鳳雛Sでローズプリンスダムに負けていることから、JRAから参戦する上位勢は人気差ほどには各馬の実力に開きがないと言えます。

JRA勢7頭の詳しい解説については「ジャパンダートダービーの展望記事」として書いていますので、そちらをご参照下さい。

JpnⅠジャパンダートダービー(JDD)に出走するJRA勢7頭を解説! - ずんどば競馬

 

地方勢の注目馬は?

今年の地方勢は南関の牡馬クラシックの羽田盃と東京ダービーを分け合ったキャプテンキングとヒガシウィルウィンに注目が集まります。

 

キャプテンキング

父:ファスリエフ

母:ストロベリーパフェ(母父:ブライアンズタイム)

厩舎:的場直之(大井)

騎手:矢野貴之

エピカリスの勝ったヒヤシンスSで5着と好走した後、JRAから大井の的場直之厩舎に移籍し、南関牡馬クラシック1冠目の羽田盃(大井1800m)を制しました。

JRAでは追い込みの競馬で未勝利と500万下を勝ち上がりましたが、羽田盃では一転して逃げの手に出ての勝利。JRA在籍時よりも行き脚が付いたレースができたのは大きな収穫があったと言えます。

羽田盃から距離が200m延びた東京ダービー(大井2000m)は中団から直線で脚を伸ばしたものの、先に抜け出したヒガシウィルウィンに1.3秒突き放されての2着。マイラーの体型をしていることから、距離への不安が的中する結果になりました。

 

ジャパンダートダービーに向けて

JRA在籍時のレース内容からオープン級の能力があることは間違いありません。前走と同じ2000mの距離で今まで以上のパフォーマンスを発揮できるのかは「?」がつきます。

祖母のワルツダンサーは競走馬時代にオープンまで出世した活躍馬で、1200〜1600mを得意としたマイラー。そこにブライアンズタイム×ファスリエフとかけられたキャプテンキングも体型はマイラーに見えるだけに……。

 

ヒガシウィルウィン

父:サウスヴィグラス

母:プリモタイム(母父:ブライアンズタイム)

厩舎:佐藤賢二(船橋)

騎手:本田正重

門別でデビューし、JpnⅢ北海道2歳優駿(門別ダート1800m)はエピカリスの2着、JpnⅠ全日本2歳優駿(川崎ダート1600m)はリエノテソーロの4着と交流重賞でもソコソコの好走を見せました。

船橋に移籍してからは南関クラシック路線を歩み、東京ダービーで2着キャプテンキングに1秒差以上つける快勝。初距離となった2000mも臆することなく好位から直線であっさりと抜け出したように、現状では距離の不安はありません。

 

ジャパンダートダービーに向けて

主戦の森泰斗騎手が手術療養中のため、鞍上は本田正重騎手が務めます。内枠に入ったので、本田騎手がどこまでポジションを主張していくのかに注目です。このメンバーであればインのポケットにも入れる組み合わせで、コースロスなくインを追走するのか、外目をスムーズに走るのかの選択は難しいところですね。

サウスヴィグラス産駒らしく腹袋が立派な体型で、ベストは1800mのマイラーかなとは思うものの、母プリモタイムはGraustarkのクロス、祖母はアサティス産駒とスタミナ十分の配合ですから、3歳のこの時期なら2000mの距離はまったく問題はありません。

ペースが緩くなっての瞬発力勝負だと分が悪いので、ソコソコのペースには引き上げたいところでしょう。

 

予想

今年のジャパンダートダービーはJRA・地方ともに有力馬の力差にそれほどの開きがないだけに、展開と各馬の体調面、そしてコースへの適性面が結果を大きく左右するレースになります。

 

レース展開

伏竜Sで対戦した大外枠のノーブルサターンとシゲルコングのハナ争いに。ただ、揉まれ弱いシゲルコングはスタートが安定しないのがネックで、出遅れたとすると内田騎手が強引に外からハナを奪い返しに行きそうで……。シゲルコングのスタートが決まって「何が何でもハナ」を主張するのであれば、大外枠のノーブルサターンは2番手で控える競馬になります。

シゲルコングがハナと仮定すると、ユニコーンSのように前半3Fが速くなってもその後のペースは少しずつ遅くなるというトリッキーな流れになり、3コーナー過ぎからスピードに乗せて直線で脚を伸ばせる馬に有利な展開に。3コーナーでシゲルのスピードが緩んだところでノーブルがハナを奪い返し、その後ろからどの馬が捲り気味にポジションを押し上げるのかがポイントです。

今回はローズプリンスダム、タガノディグオ、サンライズソア、リゾネーターと道中で前へ押し上げて行くタイプの馬が揃い、3コーナー過ぎからのペースアップは避けられそうにありません。サンライズノヴァは前の馬たちの動きを見ながら直線勝負というレースになるでしょう。

 

◎ローズプリンスダム

母父シンボリクリスエスらしい胴の長い馬体とダート馬としては伸びやかなフォームで走ることから、大井の外回り2000mは適性としては合っている舞台。

スタートが速く、この枠でもすっと好位が取り切れる先行力も魅力。大野騎手が早めに砂を被らないポジションに付けられれば、3コーナー過ぎからもち前の「長く良い脚を」使って直線でしぶとく抜け出してくるシーンが描けます。

前走の鳳雛S1着は素晴らしいレース内容。平均よりも速いペースを向正面で2番手まで押し上げ、直線ではサンライズノヴァを競り落とす強い競馬を見せました。

リゾネーターに完敗している4走前のレースを見ても、前半のペースが遅く残り4Fの末脚勝負になると甘さが出ますが、前走や5走前のようにペースが流れれば簡単にはバテないこの馬の良さを最大限に活かすことができます。

今回は少なくとも平均ペース以上に流れるはずで、早めに仕掛けることができればチャンスは十分です。

 

◯タガノディグオ

もう少し外枠であれば……。外目からスムーズにポジションを押し上げて行く競馬になるため、1コーナーに入るまでには外へ出したいところです。内に包まれてしまう心配があるので◯の印に。

前走の兵庫CSはタガノディグオの強さが際立つレース内容。関東オークスを圧勝したクイーンマンボを外から捲り、逃げ粘るノーブルサターンをきっちりと捕らえたのはパワーとスタミナに優れているからこそ。エンパイアメーカー産駒らしくパワーを感じさせる好馬体とA.P.Indy系のしなやかさが表れた伸びのあるフォームが特徴的です。

中距離馬らしい胴の長い体型からも大井の外回り2000mはずんどばの舞台で、川島騎手が落ち着いて乗れれば勝つチャンスは十分にあります。

川島信二騎手とアメリカへ再輸出されてしまったエンパイアメーカーの初GⅠ制覇に期待します。

 

△ヒガシウィルウィン

本田正重騎手がこの好枠を活かし切ることができれば……。

火曜日の大井競馬場はインが伸びる馬場。明日、このままの天気が続くのであれば、ジャパンダートダービーもイン優勢のはずです。

ヒガシウィルウィンは砂を被ってもOKなので、インのポケットで我慢をして直線で抜け出せればチャンスも……。JRA勢が4コーナーで外目を押し上げてくる形ならインでアドバンテージが取れ、スルッと2着もという想定の△。

明日はとにかく本田騎手の手腕にかかっています。

 

△サンライズソア

印をつけるかどうか迷った1頭です。不安な点は2つ。

1. 調教で一杯に追われている

→馬体減と気性的にカリカリしてしまう怖れ

2. 3戦連続の長距離輸送

→この時期の3歳馬にとっては疲労が溜まりやすく……

能力は疑いようがなく、胴の長い馬体をした中距離馬ですから大井の外回り2000mもOK。ただ、問題は馬体減と気性面です。当日のパドックの気配もしっかりと確認したいところですね。

河内厩舎は謎の馬体減が多いので、前走で増えた馬体がマイナス10kg以上減るようだと心配です。

 

その他の有力馬について

サンライズノヴァは体型としてはマイラーで、道中ペースが緩むところで前に取り付く競馬ができないと苦しくなります。今回はある程度ペースが流れるはずで、3〜4コーナーで置かれ気味になるようだと……。また、外差しが利きにくい馬場というのも不安な要素です。

リゾネーターは気性的な難しさを抱える馬で、初のナイター競馬などレースの環境が変わるのは不安。緩めのペースから徐々にスピードを上げる競馬が得意ですが、今回はその流れになるのかどうか……。大井競馬場で乗り慣れていない木幡巧騎手というのもプラスの要素ではなく。

キャプテンキングは距離の不安がつきまといます。ただ、火曜日の矢野貴之騎手のコース取りを観ていると、インをロスなく立ち回る競馬をする可能性が高く、それであれば3着も……とは思うものの、やはりマイラー体型なので印はつけずに。

 

買い目

◎◯を1、2着に固定した3連単と◎⇄◯の馬単。

 

3連単

1着:2. 3

2着:2. 3. 4

3着:2. 3. 4. 8

 

馬単

2⇄3

 

まとめ

エピカリスが不在で、混戦模様のジャパンダートダービー。今年はペースが流れると考えて、長く良い脚が使えるローズプリンスダムとタガノディグオに期待します。

「砂のダービー」を制するのはどの馬なのか、今からレースが楽しみですね。皆様にとっても素晴らしいレースになりますように。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。