MENU

欅ステークス他、土曜日のレースをまとめて予想

f:id:hakusanten:20170527032719j:plain

東京優駿(ダービー)ウィークは東京と京都の2場所開催。土曜日のメインは東京がダートのOP戦、京都が芝の1600万下のレースが組まれています。

今回の記事では東京のメイン「欅ステークス(ダート1400m)」と京都メイン「朱雀ステークス(芝1200m)」を中心に予想をしますので、ご参照下さい。その他、気になるレースや馬についてもピックアップしてご紹介します。

 

欅ステークス:東京ダート1400m オープン

短距離ダートのオープン競走らしいメンバーが揃いました。人気はフェブラリーS4着から一息入れての出走となるエイシンバッケン。昨秋に復帰してから1600万下→オープンと連勝すると、その勢いのままGⅢ根岸S3着→GⅠフェブラリーS4着と重賞戦線でも安定した走りを見せています。ハンデも57kgでコース実績もあることから抜けた人気に支持されるのも納得。

 

ペース

金曜日の降雨の影響がどこまで残るかは分からないものの、少なくともパサパサのダートではなく時計の速い状態でレースが行われそうです。

ハナを主張するのはトミケンユークアイかアキトクレッセントの内目の枠に入った2頭。5枠のシュテルングランツとキタサンサジンは外目追走であれば控えてもOKなタイプ。6枠より外にはそれほどテンのダッシュが速い馬はいませんから、トミケンユークアイとアキトクレッセントとの折り合い次第では平均かややスローの流れで落ち着く想定で。怖いのは横山典騎手のメイショウオセアンで、これがハナにこだわるようだと平均よりも速くなることもあり得ます。

 

コースの特徴

東京の短距離ダート戦はペースや位置取り以上に、上りの速い脚を使えるかどうかが重要なコース。また、Seattle Slew→A. P. Indy系のダートでもしなやかな走りをするストライド型が活躍する舞台で、とくに湿ったダートではここを重視して予想を組み立てたいところです。

 

◎タールタン 9歳牡馬

名血名配合のタールタンも今年で9歳を迎えることになりました。種牡馬入りしてもおかしくはないほどの良血馬ですが、いまだに重賞は未勝利……。今年の秋の武蔵野Sは重賞勝利のラストチャンスかもしれないので、何とか……。

父タピットはアメリカを代表する種牡馬でA. P. Indyの孫。ダート馬としてはしなやかなストライドで走る馬で、脚抜きの良い(時計の速い)東京ダートはずんどばな舞台です。斤量は58kgと背負わされましたが、ハンデ戦ではないために他馬との斤量差もそれほどあるわけではないので気になりません。

ここ2戦は自身のレースがまったく出来ていませんが、スムーズな追走ができそうな外枠からの発走であれば変わり身があっても驚けません。3走前のGⅢカペラSの内容からも大きな力の衰えななく、この程度の人気におさまるのであれば積極的に手を出してみたい1頭。

 

◯レッドゲルニカ 4歳牡馬

こちらも父はA. P. Indyの孫カジノドライブ。タールタンと同様にしなやかな走りをする馬で、重・不良の東京ダートでは(2 - 1 - 0 - 1)。4走前には東京ダート1400〜1600mの鬼ベストマッチョとハナ差の接戦を演じていることからもこの舞台はベストです。6枠からのスタートで、内の馬を見ながら先行策が取れるのもプラス。北村宏騎手ですから直線では仕掛けを遅らせての瞬発力勝負に持ち込むはずで、このメンバーならチャンスは十分にあります。

 

▲ラストダンサー

母ワルツダンサーは湿った東京ダートが得意で、そこにキングカメハメハですから東京ダート1400〜1600mの適性はズンドバです。時計が速い決着もOKのタイプ。2走前には◎のタールタンを頭差で凌いでオープン戦を勝利しました。休み明けになりますが、前走のGⅢ根岸Sはハイレベル戦でしたし、エイシンバッケンとの着差は僅かですから、ここでの逆転は十分にあり得ます。

 

△エイシンバッケン

フェブラリーSから一息入り、どの程度の仕上げでここへ臨んで来ているのかがポイントになります。コース適性なども大きな不安はない馬で、揉まれない外枠に入ったのもプラス。後は瞬発力が活きる展開になるかどうか……。

 

以下は3着候補として

△ポイントブランク

△アキトクレッセント

△トミケンユークアイ

アキトクレッセントに乗る荻野極騎手は2年目ながら、巧みな手綱捌きを見せるのでこのレース以外でも騎乗ぶりが楽しみです。

トミケンは逃げられればチャンスはあるので、配当跳ね上げ要員として。

 

朱雀ステークス 京都芝1400m 1600万下

京都競馬場の芝は先週の状態が続くと考えて、パワー系の馬が活躍できる高速馬場+インが有利の想定で。朱雀ステークスは「帯に短し襷に長し」のメンバー構成。

 

ペース

レッドリーガルがポンとスタートを切って飛び出せるのならこれがハナへ。ただ、内枠各馬もそこそこ主張しそうで、先手争いは難解です。内枠で幸騎手のアドマイヤナイトもスタートが出れば逃げることもできるので……。

どの馬が逃げたとしてもスローペースで、いかにも京都らしい瞬発力較べになりそうです。

 

◎アドマイヤナイト

アドマイヤムーン産駒で、インベタ+高速馬場だけれどパワー系統の馬の活躍が目立つ今の京都はおそらくベストの舞台。ここ数戦は1200mを使われていますが、1400mにも連対歴があり苦にしませんし、もともとこのクラスで好走していた馬なので昇級初戦も気になりません。

内枠に入ったので、幸騎手が出して行けばハナにも立てますし、誰かを先に行かせてもインのポケットが取れる組み合わせは有利。ここは押し切りに期待したいところです。

 

◯マカハ

スローペースの差し馬で、前々走のように積極的に仕掛けるとペースに関係なく甘くなってしまう馬です。浜中騎手が中団辺りをキープしてインを突くことができればチャンスは十分にあります。キングカメハメハ産駒らしいピッチ走法ですから、一瞬のギアチェンジが活きる流れになれば……。内枠なので前が詰まるリスクは承知で◯を。この人気であれば積極的に狙いたい1頭。

 

▲スマートカルロス

スピードとパワーが徐々に発現して、近走は中団あたりで流れに乗れるようになってきました。まだまだ成長するはずで、この馬は先行できるようになった時が完成期だと思います。内枠に入ったので、ここは先行したところですが、鮫島駿騎手がどのように乗るのか……。道中、あまりにも後ろへ下げ過ぎるようだと評価も下げ。1400mなので3走前の斑鳩Sのように中団をキープできればベストです。

 

△スペシャルギフト

ここなら先行策がとれるはずで、3走前の再現も十分に。

 

以下は3着候補として

レッドリーガル

ネオスターダム

レッドアヴァンセ

 

その他のレースの注目馬

メインレース以外で注目している馬をピックアップします。

 

京都9R メイショウカフウ 6歳牡馬

ダート→芝替わり。前走は好スタートを切って内の3列目を追走し、直線もジリジリと伸びての7着と敗退しました。スタートセンスのある馬で、ここはハナへ行ききれるメンバー構成。もし隣のトウショウジャイロが強引に主張するなら下げても好位のインが取れます。幸騎手なので今度はそれほど後ろへ下げないと考えてここから。高速馬場とは言え、ダートを好走するパワーのある馬も走れる今の京都芝も後押ししますね。

 

東京7R カイマノア 5歳牡馬

前走は好スタートからインを抜群の手応えで追走し直線へ。そして、そこからがドン詰まりで、進路が取れずに追うことがほとんどできませんでした。今回も強力な先行型を先に行かせて中団よりも前のポジションが取れればチャンスは十分に。

 

これ以外には面白そうなレースや馬が見つかれば追記してアップします。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。