MENU

新進気鋭の中内田調教師がプロキオンS('17年)に送り出すイーデンホールはどうなのか?

f:id:hakusanten:20170704042015j:plain

中内田充正厩舎(栗東)は開業4年目となる2017年、年明けから快調に勝ち星を重ねると一時は全国厩舎リーディングのトップに立つ活躍を見せました。

 

リーディング5位をキープ!

中内田厩舎は7月2日(日)終了時点でリーディング5位と上位をキープしており、その好調ぶりは目を離すことができません。今年はグレイトパール(4歳牡馬)が5連勝でGⅢ平安S(京都ダート1900m)を制するなど、勝ち星だけではなく獲得賞金も上がってきています。

 

イーデンホールがプロキオンSに出走

中内田厩舎がグレイトパールに続く重賞制覇を目指してプロキオンS(GⅢ中京ダート1400m)に送り込むのは、5歳牡馬のイーデンホールです。

前走の栗東S(OP京都ダート1400m)を3着と好走してプロキオンSに向かうイーデンホールは、3歳時のユニコーンS(GⅢ東京ダート1600m以来となる2度目の重賞挑戦。ヴゼットジョリー、グレイトパールに続く重賞勝利を厩舎に届けることができるのでしょうか?

今回の記事では、プロキオンSでイーデンホールが好走できるのかを考察します。

 

イーデンホール5歳牡馬

父:ゴールドアリュール

母:シーリーコート(母父:Distorted Humor)

厩舎:中内田充正(栗東)

馬主:GⅠレーシング

3歳ダート路線の出世レース・ヒヤシンスS(OP東京ダート1600m)をゴールデンバローズの2着と好走するなど、早い時期から高い競走能力を垣間見せていたイーデンホール。

ユニコーンS6着後は1000万下から再出発するものの、気性的な難しさから安定して好走することができませんでした。

古馬になってから少しずつ気性面が成長。降級戦となった昨秋の500万下を勝ち上がると、一気にオープンまで駆け上がりました。

 

血統

母シーリーコートはJRAに出走した4頭の内、3頭が2勝以上を上げている好繁殖牝馬。勝ち上がった3頭はすべて父が異なりますが、いずれもダートで活躍しているように、現役時代にダートの1000万下で走っていた母のパワーが仔どもたちにしっかりと伝わっているからでしょう。

母はパワースプリンターDanzigのクロスが効いており、どのような種牡馬を配してもダート向きのパワーが発現してしまう遺伝力の強さをもった繁殖牝馬。イーデンホールは父母ともに欧州の重厚な血が入ることから、ダート馬としては素軽い先行力に欠け、マイルあたりを差す競馬が合うタイプに出ました。

 

レース適性

昨秋の秋から京都のダート1400mに的を絞って(3 - 0 - 1 - 1)の成績を上げています。イーデンホール自身の上りは35秒台がデフォルトなので、瞬発力勝負の方がベターな馬。

1400m戦であっても全体的に緩みのないペースで、残り800mからゴールに向けて失速していくハイペースのラップは不得意なことから、どこかで息が入る流れからの瞬発力勝負が合うタイプです。

3歳の春にヒヤシンスS2着があることから、左回りも苦にする馬ではなく、しっかりと加速をつけられればあまりコースは問いません。

 

プロキオンSに向けて

今年のプロキオンSは逃げ・先行馬が少ないメンバー構成になりました。「先行馬が少ない=レースのペースが遅い」とはならないのが競馬の難しいところです。スッとハナに立てるテンの速い馬がいなければ、意外に先行争いが激しくなることもあります。

地方交流重賞かきつばた記念をJRA勢相手に逃げて勝ったトウケイタイガー、揉まれると力を発揮できないナンチンノンとコパノチャーリーなど、「行けるならハナ」と考えている馬が何頭かいるので、これらの先行争いがどうなるのかがレースの流れを大きく左右することになりそうです。

また、1〜3人気の支持を受けるカフジテイク、エイシンバッケン、キングズガードといった有力馬がすべて追い込み脚質のために、イーデンホールの位置取りも問題になります。有力馬よりもワンテンポ早く仕掛けて投げ出せることができるのか……。

 

プラスの材料

プロキオンSに向けて、イーデンホールの強調材料は厩舎、騎手、生産者の組み合わせがしっかりしていることです。

中内田厩舎に+M・デムーロ+追分ファームと社台系ファームの生産馬らしい組み合わせで、非社台系生産馬の多いプロキオンSではより期待値は高くなります。

イーデンホールは前走の栗東Sの後はリフレッシュ放牧に出されて(放牧に出しているかどうかはJRAのHPの調教師→管理馬のページで確認することができます)おり、しっかりと外厩で調整してからの参戦。仕上がりに関してはそれほど心配をする必要がなく、騎手と調教師の複勝率がともに4割を超えているのは魅力ですね。

 

中内田厩舎の看板馬の1頭になれるのか?

7月の段階で、調教師リーディング5位+勝率2割・複勝率4割オーバーという好成績を残しているのは、開業4年目の厩舎としては異例です。

中内田厩舎は今年の2・3歳馬に期待のかかる馬が多く、ここで勝ち星を稼げればリーディング5位以内をキープすることも不可能ではありません。

それに加えて、厩舎の看板馬グレイトパールが秋にはダートGⅠ路線に向かうとなれば、厩舎全体に勢いがつくことも間違いのないところです。ただし、まだまだ厩舎にオープン馬が手薄なことは否めないので、ダート短距離の稼ぎ頭としてイーデンホールにかかる期待は大きいと言えます。

イーデンホールが厩舎の看板馬の1頭となるためにも、プロキオンSは大切なレースです。

 

まとめ

中内田厩舎の好調さを考えると、グレイトパールに続いてイーデンホールの重賞制覇も……と期待をかけたくなりますね。

厩舎期待の2歳馬がポンポンと新馬戦を勝ち上がったことからも、夏競馬シーズンも目が離せない中内田調教師。複勝率が4割を超えているので、調教師欄にその名前を見かけたら、チェックしておいて損はありません。

新進気鋭のトレーナーがプロキオンSに送り出すイーデンホールの走りに注目しましょう。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。