MENU

エプソムカップと言えば……そう、ルージュバック!

f:id:hakusanten:20170605215942j:plain

ブエナビスタやハープスターのようにグイグイと直線を力強く伸びてくるというより、「音もなく」スイスイとスピードに乗って外から差し切ってしまうルージュバックの走りは、「おおっ!」と身を乗り出してしまうほどのインパクトがあります。

「ルージュバックのベストパフォーマンスはどのレースか?」と聞かれれば、パッと挙げるのは上り32秒8の鋭さで牡馬を一蹴した'16年のエプソムカップ。大外枠から外目を追走したルージュバックは、1頭だけ他の馬とは別のレースをしているような美しいストライドで東京競馬場の長い直線を駆け抜けました。GⅠ級の能力を秘めるアンビシャスと直線で叩き合った毎日王冠(東京芝2000m)も素晴らしいレースでしたが、「美しさ、速さ、強さ」という意味では昨年のエプソムカップがNO.1でしょう。

このGⅠ級の能力を秘めた馬も今年で5歳。法人クラブオーナーの所有馬ですから、GⅠを取れるチャンスは今年の秋がラストチャンスになることを考えると、このまま無冠で競争生活を終えるのは胸が締め付けられます……。

ルージュバックの全13戦を解説ーー金鯱賞GⅡ(2017年)の展望として - ずんどば競馬

 

GⅠ級の能力

ルージュバックは2歳新馬戦→きさらぎ賞までの3連勝で、一躍オークスを飛び越えて日本ダービー候補とまで言われた才女。ただ、圧倒的な1番人気に支持された桜花賞で9着に敗れると、ボタンは掛け違えられたまま……。これだけの競走馬がGⅠ未勝利という現実に競馬の、そしてレースの難しさを痛感する次第です。

'17年の春、古馬牝馬チャンピオン決定戦の「ヴィクトリアマイル」にGⅠ初制覇をかけてルージュバックが参戦しました。コース適性の高い東京競馬場でレースとあって、この才女が再び輝きを取り戻せるのでは?と期待をかけましたが、10着と敗退。今後はNF(ノーザンファーム)空港で休養し、秋に備えることに。

 

ルージュバックの弱点

ルージュバックがGⅠをいまだ勝てないのは、レースの展開や出走メンバー、自身の適性に合った舞台でのレースかどうか、あるいは体調が万全なのかなどさまざまな原因が挙げられます。そのなかでも、この才女が抱えている大きな弱点は2つ。

 

1. 外に馬がいると伸びない

ルージュバックは外からのプレッシャーを受けることが少ない7、8枠に入ったときは(3 - 2 - 0 - 1)という好成績をおさめています。

2走前の金鯱賞はこの馬にとって最悪とも言える1枠からのスタートで、田辺騎手のプロディガルサンに外を張り付かれてしまい、直線では伸びずバテずの8着に敗退。昨年のジャパンカップは直線で外目に出すことができずに最内に進路を取りましたが、まったく伸びる気配がなく9着に敗れました。

エプソムカップ→毎日王冠と牡馬相手の重賞を連勝したときは、道中は外目を追走し、直線では大外にもち出して鋭い脚を使ったように、外に馬がいなければもち前の「おおっ!」という走りを発揮できます。

 

昨年のヴィクトリアマイルも……

昨年、5着に敗れたヴィクトリアマイルは初騎乗だったルメール騎手が直線で馬群を割るような進路を取ったため、ルージュバックは前へ進まず、外に馬がいなくなった状態(大外を伸びたショウナンパンドラに抜き去られた後)になって初めて伸び始めるというチグハグな競馬。

コースロスや仕掛けのタイミングが遅れることよりも、手応えがあっても外に出さないと伸びないというルージュバックの特徴がはっきりと出たレースになりました。

 

今年のヴィクトリアマイルも……

10着に敗れた今年のヴィクトリアマルも4枠7番と内目の枠に入り、難しい競馬になることはレース前から予想はできました。悪い予感は的中するもので、道中は外にフロンテアクイーンがぴったりと張りつかれてしまい、直線では馬群の中へと突っ込む競馬。もちろん、スローペース+稍重馬場を後方からの競馬になったため、直線大外に出したとしても前をまとめて交わすだけの脚は見せられなかったとは思いますが……。

スローのヴィクトリアマイル('17)ーーキレ味鋭い2頭での決着 - ずんどば競馬

 

大外枠に入れないのであればレースプランを変えることも

大外枠に入りさえすれば、昨年のエプソムカップや毎日王冠のように牡馬相手でも力を発揮できるので、外目をスムーズに追走して差し脚を活かす競馬でOK。ただ、昨年の天皇賞・秋からスムーズに外目を走れないレースが続いているので、中から内目の枠に入った場合にはレースプランを変えることも考えなければいけない時期にきているのかもしれません。

大外枠からの発走でないのであれば、道中で外に馬を置かないように走るためには「逃げる」か「最後方へ下げる」かの2択しかありません。早目の捲りでミッキークイーンと叩き合ったオークスのレース内容から、かかる馬ではないルージュバックは逃げても競馬ができるはずです。

 

2.コーナリングが下手

ルージュバックは東京競馬場に良績が集中しているように、コーナーをスムーズに曲がるのが苦手(コーナーでスピードに乗り切れない)です。コーナーでどうしても置かれてしまうので少しでもカーブが緩くなる東京はプラス。

 

東京のGⅠは?

コーナーの緩い東京競馬場で行われる秋のGⅠは天皇賞・秋とジャパンカップの2つ。

どちらのレースに出るとしてもチャンスはあるはずです。この2つのGⅠは中距離のトップホースが集まる1戦ですから、ルージュバックにとっても厳しい戦いになることは確かですが、1つプラスなのは凱旋門賞に挑戦する予定のキタサンブラックとサトノダイヤモンドが不在の可能性があること。この2頭が出走しないのであれば、牝馬のルージュバックにもチャンスは十分に出てきます。

 

エリザベス女王杯は?

牝馬限定のGⅠエリザベス女王杯は一昨年に出走し4着。京都の外回りコースで行われるレースですから、東京競馬場ほどではないにしてもコーナーで加速するのが苦手なルージュバックにとっては悪くない舞台です。

問題は、大本命の天皇賞・秋からエリザベス女王杯だと中2週+長距離輸送、ジャパンカップだと中4週+長距離輸送なしなので、どちらを選択するかは悩みどころ……。牝馬の長距離輸送はどうしてもリスクがありますから、牡馬相手とメンバーが上がったとしてもジャパンカップに賭ける方がベターだとは思います。

 

秋3戦のローテーション

気が早いですが、ルージュバックの今秋のローテーションは毎日王冠→天皇賞・秋→ジャパンカップと東京競馬場だけの出走になる公算が大。この3戦はルージュバックのハイライトと言えるレースになりますから、とにかくひとつでもタイトルを……。

 

弱点を武器に変えて

先に述べた2つの弱点も武器に変えることができるはずです。

 

外に馬を置くと伸びない

→リードを保った状態での逃げに持ち込む

ルージュバックの末脚は少しずつスピードを上げるものです。スイスイと音もなく加速するしなやかなフォームは、逃げたとしても損なわれることはありません。

1枠に入った金鯱賞で戸崎騎手がスタートから出して行こうとする姿勢を見せたことからも、馬群に包まれるくらいなら逃げても、と陣営も考えているはずで、もし内枠に入ってしまったら腹をくくっての逃げを期待したいところ。

 

コーナーを曲がるのが苦手

→東京競馬場に絞ったローテーションを組める

毎日王冠と天皇賞・秋はコーナーは3つのコース。だからこそ「ここが勝負!」とも言え、長距離輸送のない東京競馬場の3戦というローテーションは牝馬のルージュバックにとっては明らかにプラス。

コーナーを器用に回れなかったとしても、その替わりに眼を見張るような素晴らしい末脚を持っているのですから、これを武器に東京の直線を美しく駆け抜けるルージュバックの姿を期待したいところ。

 

まとめ

昨年のエプソムカップは久しぶりに「ルージュバックらしい「美しい」末脚が発揮されたレースになりました。

ルージュバックがベストパフォーマンスを見せたレースはエプソムカップではなく、'17年の天皇賞・秋、あるいはジャパンカップと言われることを期待して。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

ルージュバックなら1枠1番から美しく逃げ切ることもできるはずーーGⅡ金鯱賞(2017年)予想 - ずんどば競馬