MENU

【札幌競馬場8月19日(土)】の特別3レースをドーンと予想ーー富良野特別、札幌日刊スポーツ杯、石狩特別

f:id:hakusanten:20170818182928j:plain

JRAは現在、6週間におよぶ新潟・小倉・札幌の3場所開催。札幌競馬場は短期免許を取得したJ・モレイラ騎手が参戦し、19日(土)は11鞍に騎乗するなど初日から多くの有力馬が集まりました。昨年は連対率が5割を超える素晴らしい成績を上げたモレイラ騎手がどのような手綱さばきを見せるのかにも注目です。

下の記事では昨年短期免許を取得したモレイラ騎手の成績をまとめてありますので、よければご覧下さい。

「雷神」J・モレイラが'17年WAJSに参戦ーー'16年の日本での成績についてまとめました - ずんどば競馬

J・モレイラ+堀宣行厩舎の日本での成績は?ーーこのコンビが3着外になった7レースを考察 - ずんどば競馬

今回の記事では8月19日(土)、札幌競馬場に行われる富良野特別、札幌日刊スポーツ杯、石狩特別の特別3レースをドーンと予想していきます。

 

8月19日(土) 札幌競馬場の特別戦

8月19日(土)、札幌競馬場の特別戦は芝のレースが3レース組まれました。メインの札幌日刊スポーツ杯(1000万下 札幌芝2600m)は長距離のハンデ戦。モレイラ騎手が乗るGⅢ青葉賞3着馬のアドマイヤウイナーが前日の時点で単勝1倍台の支持を受けており、札幌芝2600mの大外枠をどのようにこなすのかは注目です。10〜12Rの3レースともにモレイラ騎手は上位人気馬に騎乗。胸がドキドキするようなレースを期待しましょう!

 

10R 富良野特別 3歳以上500万下 芝1800m

11R 札幌日刊スポーツ杯 3歳以上1000万下 芝2600m ハンデ

12R 石狩特別 3歳以上500万下 芝1500m

 

この3レースともに、J・モレイラ vs C・ルメール、そこに福永騎手と池添騎手がちょろちょろと参戦するという構図ですね。モレイラ騎手かルメール騎手のどちらかに特別3連勝を決められたら手も脚も出ませんね……。それでは1レースずつ見ていきましょう。

 

10R 富良野特別 3歳以上500万下 芝1800m

モレイラ騎手 vs ルメール騎手の第1ラウンド。1番人気は降級2戦目となるモレイラ騎手のクイーンズベスト。1000万下クラスでも2、3着を続けていた馬で500万下ではあきらかに格上の存在です。ルメール騎手の乗る2番人気のロライマが最内枠を利してどこまでクイーンズベストに迫れるのか……そんなメンバー構成。

クイーンズベスト以外は横一線のメンバーだけに、ちょっとした展開のアヤで「あっ!」と驚く人気薄の好走もあるかもしれませんね。また、ピュアな逃げ馬がいないので、思い切って先手を取った馬にもチャンスが生まれそうです。

 

◎フローラデマリポサ 3歳牝馬

父:フランケル

母:Jeu de Cartes(母父:ストラヴィンスキー)

厩舎:堀宣行(美浦)

吉田和美氏の所有馬らしい「豪州産」+「遅生まれ」のフローラデマリポサ。フランケル産駒ということもあって、デビューから注目を集めた1頭。堀厩舎の管理馬にもかかわらず内田博幸騎手が札幌まで乗りに来たのは、それだけこの馬の素質を感じ取っているからでしょう。牝馬にあたりの強い内田騎手というのはやや不安……。

フローラデマリポサは名牝SpecialとBlushing Groomのクロスをもち、重厚さとしなやかさの合わさったストライドで差すタイプの牝馬。勝ち上がった東京の未勝利戦でも残り200mからのストライドの伸びは素晴らしく、いかにも長い直線が合っています。

小回り札幌+外枠と条件は厳しいものの、骨っぽいのはクイーンズベストくらいで、他は横一線のメンバーですから、まだまだ伸びしろの大きい遅生まれの3歳牝馬、外目から好位を確保してスムーズなレースができればここでも十分にチャンスがあります。

 

クイーンズベストについて

好位から競馬をする馬で、どのコースを走っても2、3着と堅実な成績を残している実力馬。今回はピュアな逃げ馬がいないため、思い切って逃げてしまえばほぼ負けない組み合わせだとは言えます。ただ、ここまで勝ち切れないのは末脚の甘さがあるからで、ここもまた差されて2着のおそれも……。

 

内枠の人気薄の馬がするすると3着に

このメンバー構成だと人気薄の馬がこそっと2、3着に入れる可能性があります。このレースで内枠の人気薄の馬はメイショウアンカー、ミスズダンディー、ラレゾン、マイネルサグラの4頭。こそっと3着のイメージだとミスズダンディーの無欲の追い込みがもっともぴったり当てはまります。クイーズベストが1〜3着内に入ったとしても人気薄の馬が1頭食い込めば配当は間に合いそうですね。

 

買い目

フローラデマリポサの単勝とミスズダンディーとの馬連を。クイーンズベストが3着内に入る可能性が高いため、この3頭の3連複も。

 

単勝

11

 

馬連

11 - 4

 

3連複

11 - 4 - 3

 

11R 札幌日刊スポーツ杯 3歳以上1000万下 芝2600m ハンデ

モレイラ騎手 vs ルメール騎手の第2ラウンド。ただ、この2頭はいかにもあやしい人気馬だけに、波乱の目も考えられます。メイショウガーデン、ダノンアローダ、ウインボラーレと先行馬も揃い、ドスローからの捲り合いのような出入りの激しいレースにはならないでしょう。好調な3歳馬やこの1000万下クラスで好走してきた馬たちが出走し、なかなかの混戦模様。

 

上りのかかるレースになる想定で

ダノンアローダとメイショウガーデンの逃げ争い、そこにルメール騎手のウインボラーレ、モレイラ騎手のアドマイヤウイナー、レジェンドセラーなどの先行馬が好位をキープし、ドスローの流れにはならない組み合わせ。

先週の札幌競馬場の芝コースは雨の影響で時計のかかるコンディションでしたが、週中に雨が降らなかったことから19日(土)は「良」馬場でのレースとなりそうです。良馬場であってもペースが流れて、上りが34秒後半から35秒台になると想定して、ジリジリと脚を伸ばせる持久力タイプの馬をピックアップします。

 

◎ケージーキンカメ 6歳牡馬

昨秋からこのクラスで強敵相手にも好走を続けていたものの、前走は久しぶりの大敗。その前走は時計の速い中京競馬場で上り34秒前半のレースになってしまったため、ジリジリと脚を伸ばすこの馬には展開が合いませんでした。34秒2の脚を使って後方から追い込んでも前が止まらずに13着。今回、上り35秒台の決着にもち込めれば3着内はありえるメンバー構成ですから、内枠を活かしてコースロスなくレースを進めたいところです。もともと中団あたりで流れに乗れる馬で、人気の先行馬を見ながら追走し、イン差しが叶えば3着内には……。太宰騎手もこの人気であれば、前が詰まるのを覚悟でイン差しをしてくれるはずです。

 

3歳馬のなかではレジェンドセラーとロードアルバータに注目

このレースに出走する3歳馬は4頭。このなかで注目したいのはレジェンドセラーとロードアルバータの2頭です。

 

木村哲厩舎の好調さに乗るレジェンドセラー

木村哲也厩舎は今年の上半期はリーディング100位あたりをウロウロするほどに不調が続きましたが、厩舎の看板馬ゼーヴィントが七夕賞を快勝してから息を吹き返し、それまでの成績が嘘だったかのような絶好調に入っています。ゼーヴィントが七夕賞を勝った7月9日からの厩舎成績は(9 - 1 - 2 - 12)。この厩舎はルメール騎手が主戦のため、レジェンドセラー+内田博幸騎手というのはやや心配な面は残るものの、3歳馬のなかではこの馬を上位に。ただし、ストライドで走る馬なのでコース適性としては「?」がつきます。

 

母レディアルバローザらしいピッチ走法で

角居調教師が管理する3歳馬ロードアルバータは中山牝馬Sを連覇したレディアルバローザの初仔。ディープインパクト産駒ながら母のピッチ走法を受け継ぎ、小回り・内回りを捲るのがベスト。札幌コースはこの馬の無駄のない脚さばきを活かすのにはベストの舞台で、距離の2600mも苦にはしません。休養明け初戦となった前走の500万下クラスはいかにも「力が違う」という楽勝ですから、1000万下への昇級初戦であっても強気になれます。上位人気に押されている3歳馬アドマイヤウイナーに素質でもヒケを取らないので、これだけ人気差がつくのなら積極的に狙いたい1頭です。

 

アドマイヤウイナーについて

前走の青葉賞3着はアドミラブルとベストアプローチの上位2頭と力の差があることがはっきりとしたレース。休養明け初戦で札幌の2600mという条件は悪くはないものの、大外枠でこの1番人気はいかにもモレイラ騎手によるもの……。スパッとキレる脚がないので上りのかかるレースになるのはOKですが、大外枠からどこまで上位に来れるのかは……。この人気であればむしろ積極的に嫌いたいところです。

 

買い目

ケージーキンカメから3歳馬のレジェンドセラーとロードアルバータの2頭への馬連を。

 

馬連

1 - 2. 9

 

12R 石狩特別 3歳以上500万下 芝1500m

モレイラ騎手 vs ルメール騎手の第3ラウンド。こちらはルメール騎手のスターオブペルシャが1番人気に。上位人気の中では「夏馬」+「洋芝向き」のサフランハートが最有力。好位のポジションをしっかりと取れる脚があり、札幌の芝1500mの内枠ですから、とくに嫌う要素がありません。

 

逃げ馬が不在

ピュアな逃げ馬が不在。スタートが決まれば、池添騎手のビッグランチか大外のハーツブライトのどちらかがハナヘ。池添騎手はこの条件だと巧みなペースで逃げるので、外を回る差し馬には苦しい流れになります。反対に大外から強引にハーツブライトが行く展開だと、差し馬にもチャンスが。

う〜ん、レース展開から考えると内枠+好位から脚を使える馬をピックアップしたくなりますね。

 

◎コスモスピード 3歳牡馬

国枝栄厩舎のディープインパクト産駒。好位に取り付ける脚があり、ここ2走は強敵相手に0.4、0.1差と僅差の勝負に持ち込んでいます。中山の2歳未勝利戦を捲って勝っているように、ディープインパクト産駒ながら器用な脚のある馬で、スピードの上げ下げも上手な馬。丹内騎手ならしっかりと好位をキープしての抜け出しに期待します。

 

買い目

ここは人気馬がイマイチ信用できないものの、誰かは2、3着に入って来そうなので、コスモスピードの単勝のみで。

 

単勝

3

 

まとめ

今週と来週の札幌競馬場は、短期免許を取得したモレイラ騎手の手綱さばきに注目が集まります。昨年以上の成績を残すことができるのか、雷神のレース振りをしっかりとチェックしておきましょう。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。