MENU

GⅢユニコーンSはダービーのようなスローもあり得るメンバーだけにーー予想

f:id:hakusanten:20170618025623j:plain

春の3歳ダート路線の最大目標と言えるユニコーンSは例年、GⅠフェブラリーSを見据える素質馬・有力馬が集まる注目の1戦です。

今年はアディラート、リヴェルディと言った有力と目された馬が除外され、NHKマイルC2着から参戦する牝馬リエノテソーロの1強というムード。前走芝→ダート替わりはこのレースで好走例がないだけに、リエノテソーロは好走することができるのでしょうか?

 

リエノテソーロ

2歳時には地方交流重賞、エーデルワイス賞と全日本2歳優駿を制し、ダートでも力のあるところを見せたリエノテソーロ。芝のGⅠ

「NHKマイルC」を1分32秒5の好タイムで2着と好走し、芝とダートで見せるパフォーマンスから、この馬のポテンシャルの高さが伺えます。

 

鬼門のローテーション

ユニコーンSはリエノテソーロ以外に重賞馬がいないメンバーで、前走が芝のレースからの参戦にも関わらずこの馬の「1強」ムード。過去、2歳時にGⅠ朝日杯を制したアジアエクスプレスが皐月賞6着から参戦し、単勝1倍台の圧倒的な支持を受けながら大敗を喫したように、芝→ダートのローテーションは鬼門です。

 

内枠で馬群に揉まれると……

逃げると目されていたアディラートが除外され、ユニコーンSは例年に比べてびゅんびゅんと前を引っ張る先行馬が薄い組み合わせになりました。

逃げるのは外枠に入ったテイエムヒッタマゲ、あるいは前走の青竜Sで逃げの手に出たシゲルベンガルトラの2頭。それに続く先行勢も中より外目の枠に入り、2枠のリエノテソーロは馬群に包まれる可能性があります。

2歳時のダート2連勝は内で砂を被り馬群に揉まれるレースではなかったために、この点は大きな不安です。

 

1400mがベストなタイプ

もともとリエノテソーロは「1600mが長いのではないか?」と不安視されていたため、NHKマイルCは二桁人気の低評価に甘んじました。その根拠は初めての芝のマイル戦となったアネモネSで4着と敗れたレースの内容にあります。

アネモネSは4角手前から一気に逃げ馬に取り付く素軽いスピードを見せたものの、直線では伸びきれずに4着。このスピードの高さと加速力は明らかにマイラーではなくスプリンターに近いものだったと言えます。

NHKマイルCが速いタイムでの決着になり、1400mベストの馬のスピードが活かせる展開になったこともリエノテソーロの好走を後押ししました。

リエノテソーロとアディラートが人気のユニコーンSーー上位人気の馬はどうなの? - ずんどば競馬

 

予想

東京競馬場のダートコースはJRA全10場所の中で、ゴールまでの直線が最も長いレイアウトです。そのため、ダートを走るためのパワーだけではなく、ストライドを伸ばすしなやかも必要とされます。直線の長い東京で末脚を発揮できる馬を探すのがユニコーンSを予想する上での手掛かりです。

週中のユニコーンSの展望記事では、ストライド走法の馬について書いているので、そちらもご参照下さい。

GⅢユニコーンSはストライド走法の馬を探そう!ーー展望として - ずんどば競馬

 

レース展開

逃げるのはテイエムヒッタマゲかシゲルベンガルトラの2頭で、どちらがハナに立つにせよペースはダートのマイル戦としてはスローになります。

上位人気の先行馬サンライズソアが大外枠に入り、この他に積極的に好位を取りに行くのがアンティノウスくらいで、中団がごった返しそうなメンバー。テイエムヒッタマゲの田中健騎手もシゲルベンガルトラの横山典騎手もペースを落とせるだけ落とすはずなので、インコースが大渋滞を起こす展開なることも想定しなければなりません。

スローになるのであれば、外目をスムーズに回れる先行馬と、馬群が凝縮した時に瞬発力で追い込める馬をピックアップしたいですね。

 

◎サンオークランド

ダート馬としてはしなやかなストライドで走る中距離馬。東京コースは適性としては合っていて、これから成長するにつれて2000mがベストにシフトするのでしょうが、スローであればマイルもOK。

父ロージズインメイは強いクロスを持たないので、母系の良さを引き立たせる晩成傾向の種牡馬。サンオークランドは母系に素軽いスピードを持つ種牡馬が配されていないにも関わらず、3歳のこの時点で2勝を上げているのは持っている能力が高いからでしょう。

前走の500万下は3角過ぎから外目を捲る強引な競馬で、2着に追い上げたウォーターマーズの追撃を退けて1着。長く良い脚が使えるのがこの馬の長所で、東京コースでスムーズに走れれば好走の可能性も十分にあります。

不安な点は、フォームの大きな馬なのでスローで馬群に包まれるようだとストライドを伸ばせず持ち味が半減してしまうこと。北村宏騎手が早めに外へと誘導して進路を確保できれば……。また、本質的には中距離馬なのでマイル戦のハイペースは不向きです。

 

◯サンライズノヴァ

首をぐっと下げて前肢を伸ばして走る姿は東京コースへの高い適性を感じさせます。東京ダート1600mの新馬戦をしなやかなストライドで快勝したように、広々としたコースが合っている馬。

ダート馬としてはしなやかな走りは母系のMr. Prospectorとサーペンフロ(Sir Ivor直仔)から受け継いだもので、新馬戦以来の東京コースで持ち前の末脚を爆発させたいところでしょう。

この馬の好走の条件としてはスムーズに追走できるかどうかで、しなやかなフォームですから馬群の中で包まれてしまうと力を発揮できません。

前走はハイペースの中を強引に先行したことから、音無調教師が差す競馬を示唆していることが不安の一つ。鞍上の戸崎騎手は強引に馬群を割るような競馬を好まず、中団で構えた時に進路が開くかどうか……。4枠に入ったのも微妙で、展開面で少し割引したいところです。

能力は十分なので、先行勢を見る形での外目追走であれば、突き抜けるだけの脚はもっています。

 

▲サンライズソア

シンボリクリスエス産駒らしい胴の長い馬体からもしなやかにストライドを伸ばす走りをする馬です。

ダートは2戦2勝で、今回と同舞台の前走青竜Sは速い馬場だっとしても1分35秒2を余力十分に駆け抜けての勝利。いかにも東京コースが合う印象で、揉まれずに先行すれば力は発揮できます。

スローが想定されるメンバー構成にあって、揉まれずに好位が取れる大外枠は歓迎。ストライド走法ですから、スムーズに外目を走れるのも有利。

不安な点は2つあります。

1.連続して長距離輸送

テンションの高い馬で、前走に続いての長距離輸送は不安な点。デビューから馬体重も減らし続けており、今回は河内厩舎お得意の「謎の馬体減」もあり得るので、当日の気配には注意が必要です。

2.パサパサのダートは?

含水率の低い乾いたダートの経験がなく、パワーを要した時に伸び切れるのかは……これは走ってみないと分かりません。

上記の不安点を差し引いても、今走はこの馬にとって重賞制覇の条件は整っています。

 

△ウォーターマーズ

サンライズソアと同じくシンボリクリスエス産駒で、胴の長い馬体をしています。大きなフォームで走るため、コーナーではスピードが乗り切らず、直線の長い広々としたコースが合うタイプ。

後肢にパワーがつき切っていないからか、スタートがもっさりとしており、現状ではどうしても追い込む競馬しかできません。

今回はスローで馬群が凝縮した形になれば、後方で離されずに追走するこの馬にもチャンスはあります。ストライドを伸ばしてどこまで追い込めるのかに注目です。

 

△シゲルベンガルトラ

プリサイスエンド産駒はダートを得意とする馬であってもしなやかなフォームで走るため、東京や中京などの直線の長いコースに良績があります。

鞍上の横山典騎手は、テイエムヒッタマゲを目標にペースをスローにコントロールするはずで、ここは残り目があり得ます。3歳春の主要なダート戦をほぼ走っているように、タフネスな馬で目に見えない疲労だけが心配です。

 

△テイエムヒッタマゲ

こちらも逃げてペースを落として……という競馬をするはずで、あり得ないほどのスローな展開になれば残り目も。

 

買い目

◎◯を1着固定にした3連単を

 

3連単

1着:10. 8

2着:10. 8. 15. 13

3着:10. 8. 15. 13. 9. 12

 

まとめ

人気のリエノテソーロは馬群に包まれる可能性が高いだけに、そこをこじ開けることができるのかが注目です。内枠に入ってしまったので、このメンバーであれば逃げた方が力を発揮できると思うのですが、ここまでハナに立つ競馬したことがない馬ですから……。

上位人気に支持されているアンティノウスももう少し外枠が欲しかったところで、好位より後ろはかなりゴチャつく展開になりそうです。

リエノテソーロが人気に応えて、他馬をまとめて差し切ることができるのか?

今からレースが楽しみですね。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。