MENU

捲りが最も速いのは?ーー若葉ステークス(2017年)予想

f:id:hakusanten:20170317233704j:plain

阪神の芝2000m内回りで行われる若葉ステークス(OP)は、2着馬までにGⅠ皐月賞の優先出走権が与えらるトライアルレース。

 

阪神の芝内回りコース

若葉ステークスが施行される阪神芝内回りは簡単に言えば「急坂+小回り+上りがかかる」コース。

小回りで直線が短いので、しなやかに切れる馬よりもパワーで捲る馬の方が信頼できます。差し・追込み馬だとしても4角手前からスピードに乗せていかないと直線だけでは差し切れません。

コーナーでもスムーズに加速できて、急坂を力強く駆けあがれるパワータイプをピックアップしたいレースです。

 

有力馬について

ここでは、前日オッズで1〜5人気の馬を取り上げて1頭ずつ簡単な解説を。

 

インヴィクタ

父:ハービンジャー

母:ラスティングソング(母父フジキセキ)

厩舎:友道康夫(栗東)

馬主が元メジャーリーガーの佐々木主浩氏、そこに友道厩舎ですから、ヴィルシーナ、ウィブロス、シュヴァルグランといった活躍馬と同じ好相性のコンビ。

母ラスティングソングはヴィルシーナの母ハルーワスウィートの半妹ですから佐々木氏にとっても馴染みのある牝馬と言えます。

インヴィクタは父ハービンジャー×母父フジキセキで、オープン馬トーセンバジルと同じ血統構成。インヴィクタが京都外回りの梅花賞2400mで外から鮮やかに差し切ったのも、トーセンバジルがハービンジャー産駒にしては斬れる脚をもっているのと共通していて、しなやかさがあるのが特徴です。

母母ハルーワソングの父Nureyevからパワーを補完しているので上りのかかる芝もOK

札幌の新馬戦でも3〜4角ですっと捲ったように小回りの加速力もあるタイプで阪神内回りも苦にはならないでしょう。

db.netkeiba.com

 

エクレアスパークル

父:ハーツクライ

母:プリティカリーナ(母父Seeking the Gold)

厩舎:中内田充正(栗東)

新進気鋭の中内田厩舎がクラシックに送り出す馬で、今年絶好調のトレーナーだけにこの馬がどんなレースをするのかは注目。

ハーツクライ×母父マイラーの組み合わせですから、新馬戦のように前で受けて粘りこむ競馬が合っていて、ストライドで走るのに4角手前から直線入り口にかけてのスピードの乗りが抜群でしたから、内回りもOK

芝2000mで勝ちタイムが2:05.3とスローの1戦だったので上り35.0は驚きませんが、ゴール前は手綱を抑える余裕を見せているなかで、ラストの200mのラップが失速していないのは優秀です。

馬っぷりが素晴らしいハーツクライ産駒で、スパッと斬れないおそれはありますが、内回りコースで先捲りの形であれば好勝負。パワーを感じさせるのに直線でストライドが伸びる走りをするのは母系に入るTom Foolの血が由来なのかもしれません。

db.netkeiba.com

 

アダムバローズ

父:ハーツクライ

母:チャチャリーノ(母父Unbridled's Song)

厩舎:角田晃一栗東

母チャチャリーノはUnbridled's Song(父Unbridled)×Mt.Livermore(父Blushing Groom)という柔らかさのある血統。そこにハーツクライがかけられたアダムバローズも比較的にしなやかな走りをする馬。

小倉、京都の内回りを3勝と小回りコースで結果を出していますが、直線の長いコースでも走れるのではないか…とも。

気性的な問題があって、スムーズな競馬ができないと脆さを見せてしまいます。パワーはあるので坂は苦にしないと思いますし、コーナリングもそれほどスピードを落とさずに回れるので…ただ、本質的に阪神内回りがずんどばなのかは微妙なところ。

db.netkeiba.com

 

シャイニーゲール

父:キングカメハメハ

母:クリスタルコースト(母父サンデーサイレンス

厩舎:石坂正栗東

半兄のシャイニービーム(父カンパニー)はダート1600万下の馬で、シャイニーゲールもストライドを伸ばしてパワーで走るところは兄と似ています。

新馬戦のように上りのかかる競馬がベストなので、阪神という舞台はOK。前走は無理をせずに後方からレースを進め、4角手前からスパートしての3着。福永騎手が連続騎乗というのはプラスで、このメンバーであれば好位のインをロスなく立ち回れそうです。

db.netkeiba.com

 

シロニイ

父:キングカメハメハ

母:シラユキヒメ(母父サンデーサイレンス

厩舎:池江泰寿栗東

シラユキヒメの仔は白毛が特徴的で、ユキチャン、ブチコなどアイドルホースとしても活躍しています。

シロニイもシラユキヒメの仔らしくダートで2勝を上げてここへ参戦。シラユキヒメはダートの活躍馬を多く出しますが、その仔は湿ったダートで戦績が上がるように芝も全く走れないわけではないと思います。

シロニイも白毛ということで実力以上に人気を背負ってしまうこともあり、阪神の芝はダートが得意な馬でも走れるとは言え、オッズとの兼ね合いでは手が出し辛い印象です。

db.netkeiba.com

 

予想

今年の若葉ステークスは逃げ先行馬がズラリと揃い、面白い1戦になりそうです。中盤が中弛みしない持続ペースのレースになったとすれば、GⅠの皐月賞で好走する馬が出るかもしれませんね。

 

ペース

タガノアシュラ、アダムバローズの先手争いにサンライズソアとエクレアスパークルが絡んで…という流れになりそう。

タガノアシュラもアダムバローズもがしがしと押して押して先手を取るタイプではないですから、内枠の分だけタガノアシュラがハナへ。逃げ馬が揃うと騎手の心理の影響でペースが上がらないことがままあるので、おそらくスロー。

ただ、有力馬のエクレスパークル、インヴィクタなどは捲りで勝負をするでしょうから、3〜4角にかけては厳しいペースになると思います。

 

◎ドリームソルジャー

父:ドリームジャーニー

母:カレイメモワール(母父アドマイヤムーン

厩舎:渡辺薫彦栗東

新馬戦から4戦は外回りや中京コースを使われましたが、前走は小倉の未勝利戦で好位のインからピッチで鋭く抜け出しての快勝。父ドリームジャーニーは内回り>外回りで、今回の阪神2000mは力を発揮できる舞台。ノーザンテーストのクロスが強く出ている体型と走りで急坂を駆け上がるパワーもあります。エクレアスパークル、インヴィクタ他の捲り合いの内からするするとピッチで抜け出せるのではないか、との読みで。

とにかくクロスのうるさい配合で、古馬になってからもどんどん成長していくかは分かりませんが、3歳春の若葉ステークスであれば、ノーザンテースト譲りのピッチに◎を。

db.netkeiba.com

 

◯インヴィクタ

ハルーワソングの牝系はコンスタントに活躍馬が出る名門。そこにクラシックはどんと来いの友道厩舎ですから人気馬の中では信頼のおける1頭。

インヴィクタも操縦性の高い馬で、半姉のクイーンズベストと同様にスピードの緩急が自在なところが最大の長所。おそらく捲りの勝負になると思うのですが、その後の直線でもっともストライドを伸ばせるのはこの馬ではないかとの見立てで◯を打ちます。

 

▲エクレアスパークル

新馬戦を観るかぎり、コーナーの加速力と直線でのパワー+ストライドの走りは母系のTom Foolの影響が出ていて、フォームの美しさが特徴的な馬です。中内田厩舎はどちらかと言えばダート>芝という成績なので、クラシックに向けた1戦では少し割り引きたいところ。

鞍上が川田騎手ですから前を残すような騎乗はしない強気な捲りでの勝負になると思うので、負けるとすれば後ろから差されるという展開を考えたいところ。

 

以下は3着候補で

サンライズソア

△ユノディエール

△シャイニーゲール

 

買い目

◎◯▲はどれも1着の可能性があるので、3連単で。

 

3連単

1着:1. 7. 8

2着:1. 7. 8

3着:1. 7. 8. 9. 6. 4

 

皆様にとっても素晴らしいレースになりますように。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。