MENU

【小倉競馬場'17年8月5日(土)】の特別戦3レースをドーンと予想ーー九州スポーツ杯を中心に

f:id:hakusanten:20170805055752j:plain

6週間におよぶ小倉開催が7月29日からスタート。芝はエアレーション作業を実施したことも影響し、逃げ・先行だけではなく差しもソコソコ決まるレースが見られました。ただ、良好な馬場で競馬が行われたため、差すとしてもコースロスなくインを突いた馬が上位に。

今回の記事では8月5日(土)に小倉競馬場で行われる都井岬特別、指宿特別、九州スポーツ杯の特別3レースをドーンと予想していきます。

 

8月5日(土) 小倉競馬場の特別戦

8月5日(土)、小倉競馬場の特別戦は芝のレースが2鞍、ダートが1鞍組まれています。芝1200mを舞台に争われるメインレースの九州スポーツ杯(3歳以上1000万下)は、前走で500万下を勝ち上がった5歳牝馬のサトノフラムが1番人気に支持されているように混戦模様の1戦。

 

9R   都井岬特別 3歳以上500万下 芝2000m

10R 指宿特別 3歳以上500万下 ダート1700m

11R 九州スポーツ杯 3歳以上1000万下 芝1200m

 

9R都井岬特別は降級馬のエッジースタイル(4歳牝馬)と勢いのある3歳馬たちとの対決になります。10R指宿特別は古馬混合の500万下で好走した3歳馬2頭が人気の中心に押されるレース。3歳馬の勢いが勝るのか、それとも古馬が経験を活かして若駒を押しのけるのかに注目です。それでは1戦ずつ見ていきましょう。

 

9R 都井岬特別 3歳以上500万下 芝2000m

GⅡフローラSで5番人気に支持されたシャケトラの半妹ザクイーンが3ヶ月半の休養を経てここへ出走します。その前走は内枠から好スタートを切って流れに乗ったものの、直線では伸びずバテずの0.7秒差の11着と敗退しました。未勝利戦の1着からの重賞挑戦だったため、経験の差が出たのかなという敗戦。秋のGⅠに向けて500万下は一発でクリアしたいところでしょう。

 

3歳馬3頭と降級馬のエッジースタイルが人気の中心

人気を集める3歳馬はザクイーンの他には、未勝利戦を33秒台の末脚で勝ち上がったキャンディストーム、ディープインパクト産駒+池江寿厩舎+武豊騎手といかにも人気になる組み合わせのユイフィーユの2頭。降級馬は前走で500万下を勝ち上がり、同条件への出走となるエッジースタイル。

 

ザクイーン 3歳牝馬

父:ヴィクトワールピサ

母:サマーハ(母父:シングスピール)

厩舎:角居勝彦(栗東)

シャケトラ(父マンハッタンカフェ)の半妹という血統背景から、フローラSでも5番人気に支持された素質馬。兄と同じくパワフルなピッチ走法のため、小回りの小倉コースは適性としてずんどばな舞台です。阪神外回りコースで行われた未勝利戦もギリギリまで仕掛けを遅らせて一瞬で他馬を突き放したように、本来は直線の長いコースは不向き。

今走は大外枠に入ったことで小細工なしに3コーナーからの捲り勝負になることから、休養明け初戦から「能力全開」となるのかに注目が集まります。

 

ユイフィーユ 3歳牝馬

父:ディープインパクト

母:スクービドゥー(母父:ヨハンクライフ)

厩舎:池江泰寿(栗東)

前走の未勝利戦を快勝し、一息(3ヶ月の休養)入れての昇級初戦となります。池江寿厩舎は夏の小倉と好相性。先週の小倉では(2 - 1 - 0 - 4)とソコソコの成績を上げ、今年もこの開催でガッチリと勝ち星を量産することが考えられます。先日、池江寿厩舎と夏の小倉開催については記事にしたので、そちらもご参照下さい。

池江寿厩舎は夏のローカル・小倉開催に強いのか?ーー小倉記念に出走するストロングタイタンの展望 - ずんどば競馬

母父ヨハンクライフはデインヒル直仔のパワーマイラーですから、ディープインパクトとは好相性の配合。ユイフィーユも牝馬としては馬格があり、未勝利戦の内容を観るかぎりパワーとピッチでビュンと加速できるのが長所で小回りの小倉コースは合っています。3コーナーから捲れる外枠に入ったのもプラスで体調面が整っていれば好勝負。

 

キャンディストーム 3歳牝馬

父:ストーミングホーム

母:キャンディス(母父:カーリアン)

厩舎:千田輝彦(栗東)

父ストーミングホームはヴィクトワールピサ、ヴィルシーナ・ヴィブロス姉妹の母父として知られるMachiavellian直仔。キャンディストームの馬主H・H・シェイク・モハメド殿下が代表を務めるダーレジャパンで繁養されているストーミングホームは、函館SSを制したティーハーフや牝馬限定重賞を2勝したマコトブリジャールなど、パワーとキレ味を兼ね備えた馬がオープンで好走しています。

キャンディストームが重厚なストライドで走るのは母系に入るMill Reefの影響でしょう。父系がMachiavellianですから器用さも備えており小回りはそれほど苦にしません。秋山騎手がこの最内枠をどのように乗るのかは興味深いですね。

 

レース展開

テイエムフタエマルの単騎逃げはほぼ間違いのないメンバー構成。この馬がどのようなペースで逃げるのかは難しいのですが、小回りの小倉ということを考えると離し逃げのパターンにもち込むシーンも若干は……。現在の小倉は速い時計が出る馬場コンディションなので、1000m通過が60秒を切るペースを想定します。離れた2番手にアオイテソーロやナルハヤが続き、人気の3歳馬3頭と降級馬のエッジースタイルは中団から後方を追走する形に。

 

◎テイエムフタエマル 5歳牝馬

小倉の芝2000mは逃げ切りを決めるのが難しいコースのひとつ。3〜4コーナーの下り坂で差し・追い込み馬がスピードを上げて押し上げてくるので、ここをしのげるかどうか……。逃げイチが確定のメンバーですから、田中健騎手がここは思い切って離し逃げの形にもち込めるのならチャンスもあります。ザクイーンとユイフィーユは外から捲り気味に押し上げ、エッジースタイルとキャンディストームはインコースをスルスルと上がって来ることが予想されるので、少なくとも3コーナー手前で後ろを引き離しにかかりたいところです。

 

◯サウンドパラダイス 4歳牝馬

3歳時には君子蘭賞でGⅠ3着馬のカイザーバルと好戦歴のあるサウンドパラダイス。そこから1年2ヶ月の休養を挟んで、今回は叩き4戦目になります。少しずつレース感覚も戻ってきている印象で、半姉のエバーキュート(1600万下 現役)も小回りをスイスイと捲る脚に長けているように、こちらも器用さを兼ね備えたタイプ。

小倉の2000mの内枠は願ってもない舞台で、テイエムフタエマルが淀みのないペースで逃げるのであれば、ジリジリと脚を使えるこの馬が内をスルスルと縫って好走するシーンも十分に描けます。和田騎手を確保できたのも大きく、これだけ人気がないのであれば積極的に狙いたい1頭です。

 

3歳馬の3頭とエッジースタイルについて

ザクイーン、ユイフィーユ、キャンディストームの3歳馬3頭と降級のエッジースタイルはいずれも大きな減点はなく、ともにタイミングよく捲れるのかがポイントになります。このなかでインからスルスルとポジションを上げられそうなのはエッジースタイルとキャンディストームの2頭。ただ、どの馬が来てもおかしくはありませんから、なかなか絞って買いにくいのが……。

 

買い目

ここは◎◯の馬連1点と◎◯の単勝を。

 

馬連

4 - 8

 

単勝

8. 4

 

10R 指宿特別 3歳以上500万下 ダート1700m

夏の時期のダートの500万下クラスは3歳馬が優勢。この世代はダートの中距離路線であれば1000万下を勝ち上がっている馬もチラホラといるため、500万下では力が上位です。後はどの馬を軸としてピックアップするのかというのが問題。また、指宿特別は和田騎手が'14〜'16年にかけて3連覇をしており、今年4連覇がなるのかにも注目ですね。

 

人気上位の3歳馬2頭

ここはすでに古馬混合の500万下で好走している3歳馬2頭、サウスザスナイパーとムイトオブリガードが人気の中心。前者は先行馬、後者は差し馬と脚質も異なるため、この2頭の取捨、または上げ下げは難しい……。

 

サウスザスナイパー 3歳牡馬

前走は逃げたナムラヘラクレスの2番手につけてスムーズに追走していたものの、3コーナー手前から勝ったダンサクドゥーロに捲られ、そのまま流れ込んでの2着。サウスヴィグラス産駒らしくピュンとキレる脚があるわけでないので、前々で粘り込みを図れれば。今回はサウスザスナイパーよりも外の枠に逃げ・先行馬が入ったために、すんなりと外目の2、3番手のポジションが取れるのかが微妙……。4、5番手に下げてから巻き返しを図るときに、川田騎手があまりにも強気に乗ってしまうと差し馬台頭のシーンも十分にあり得ます。好スタートを切ってすんなりと2番手追走の形がこの馬にとっては理想です。

 

ムイトオブリガード 3歳牡馬

スタートで行き脚がつかずにどうしても中団よりも後方のポジションになってしまうのが難点です。今回は3枠に入ったために一度後方まで下げて、外から押し上げて行く形になりそうですが……。ここ2走は体勢が決してからの差し脚発揮ですから、浜中騎手であればもうワンテンポ早く仕掛ける公算が大。サウスザスナイパーと同じく積極的に乗ってしまうと差し馬台頭の流れを誘発してしまう可能性があります。

 

レース展開

テンの速さは藤懸騎手のナムラミラクルで、大外枠のナムラヘラクレスは田中健騎手といえどもここは控えて2番手が濃厚。ラインフィールとサウスザスナイパーがそれに外から続き、ペースはソコソコ流れます。ナムラミラクルは緩いペースだともち味が活きないのでかなり積極的に乗ってくることが考えられます。サウスザスナイパーが速いペースに戸惑うことなく捲れるのかがキーポイント。ムイトオブリガードとしてはサウスがしっかりと前にプレッシャーを掛けてくれるのであれば、外から捲りやすくなりますね。

 

◎ワールドリースター 5歳牡馬

前走は出遅れて最後だけ脚を使った8着。この馬の能力は3〜5走前に示しており、そのときの勝ち馬オウケンワールド、シンゼンドリーム、ジョーダンキングの3頭は500万下クラスでは抜けた力のもち主。4走前は直線で騎手が手綱を引っ張る不利があっての0.4差4着で、流れさえ向けば500万下は勝ち上がれる力は十分にあります。今回は内枠、締まった流れが期待できるので、内をスルスルと押し上げて行ければ「アっ!」と驚く好走が期待できます。

 

買い目

びっくりするほどにワールドリースターの人気がないので、馬連と単勝を。どの馬が相手にくるのかわからないので、馬連はほぼ総流しで。単勝は1着になったときの配当アップを見込んで。

 

11R 九州スポーツ杯 3歳以上1000万下 芝1200m

小倉の芝1200mはスタートから4コーナーまで緩やかな下り坂があるため、どうしても前半が速くなる傾向があります。今年の出走メンバーを見渡すと、前半はゆったりと入りたい逃げ・先行馬が多く、短距離ながらも緩いペースで捲りが決まるのか、それとも平均ペースで差し馬に苦しい流れになるのかは微妙なところ。

開幕週の小倉の芝は時計が速く、前半でオーバーペースになる可能性は十分に。そもそもウイングパラダイスにしろブラッククローバーにしろディアエナにしろしっかりとペースを作れるかが疑問の残る先行勢なだけに……。

 

レース展開

ウイングパラダイスが飛び出して、ブラッククローバーとディアエナは前にスペースがあればOKなので控えて2、3番手に。その後の並びは微妙であたりの強いホワイト騎手が大外枠でポップオーヴァーをしっかりとなだめられるのかは「?」がつきます。もし、ポップがためを利かせられずに早目に捲るような展開になればズブズブもあり得るメンバー構成。速い時計に対応でき、長く脚を使える馬をピックアップします。

 

◎スノーエンジェル 5歳牝馬

スタートセンスが良く思い通りのポジションを取れ、他馬がバテたところを最後にジリジリと脚を使って我慢できるのがこの馬の長所です。今回のレースでは外目の4、5番手が取れるメンバー。ポップオーヴァーが先に捲る展開になりますが、そこで仕掛けて最後まで脚を出し切れれば好走のシーンも十分に。

取消し後に休養を挟んでの出走となることから体調面での不安はあるとは言え、ここまで人気がないのであれば。短距離馬としてはトビが大きく、インに入るのはマイナスですから外目をスムーズに回れればチャンスはあります。

 

買い目

11頭立てということもあって、◎から馬連で総流しを。また、頭まで突き抜けもあり得るので単勝を。ノーブルルージュが来てくれた嬉しいですね。

 

まとめ

小倉は土曜日の段階ではまだ雨の影響はなさそうなので、芝は先週に引き続きかなり速い時計の出る決着になりそうです。9R、11Rの芝のレースはともに難しく、波乱があっても驚けません。

皆様にとっても素晴らしいレースになりますように。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。