GⅢクイーンC(2018年)はイン+タフな馬場を想定し、ルーラーシップ産駒のナラトゥリスに◎を

JRAは2月10日(土)〜12日(月)までの3日間開催。12日のメインレースはクラシックにつながる牝馬重賞「GⅢクイーンC」が組まれています。昨年末、2歳女王を決める阪神JFで3着と好走したマウレアが桜花賞→オークスを目指してここから始動とあって、注目のレー…

共同通信杯に出走するアメリカンワールドはKitten's Joy産駒としては異質なタイプ

北米で大成功を上げた種牡馬El Pradoは、パワーとスタミナに優れた欧州のリーディング・サイアーSadler's Wells直仔としては珍しく、スピードと器用さの勝った産駒を多く輩出しています。 El Pradoの代表産駒として知られるKitten's JoyやMedaglia d'Oroは、…

GⅡ京都記念(2018年)に出走するレイデオロは不思議な強さをもっているーー展望

「歴史的なスロー」と言われた昨年のダービーを制したレイデオロは昨秋、神戸新聞杯(GⅡ・阪神芝2400m)→ジャパンカップ(GⅠ・東京芝2400m)の2戦でハイレベルな走りを見せ、名実ともに現4歳世代のトップホースであることを示しました。 昨年の3歳牡馬は全体…

GⅢ共同通信杯(2018年)に出走するグレイルはここで好走することができるのか?

2歳の中距離チャンピオンを決めるホープフルS(中山芝2000m)が新GⅠとして創設されたことから、「内回り・小回り向き」の牡馬はクラシック第1弾の皐月賞(GⅠ・中山芝2000m)まで、直線の短いコースに絞ったローテーションを組めるようになりました。 共同通…

クイーンC(2018年)は3歳牝馬クラシックを展望する馬がズラリと揃った1戦にーーマウレア他の展望

東京競馬場の芝1600mで行われるクイーンCは、牝馬クラシック第1弾桜花賞(GⅠ・阪神芝1600m)への大切なステップレースのひとつです。近年、このレースは桜花賞だけではなくオークスとも関連性が強くなっており、春の牝馬クラシック路線を占う重要な1戦である…

キングカメハメハ産駒のダイワキャグニーはマイラーなのか?ーーGⅢ東京新聞杯(2018年)展望

多くのGⅠ勝ち馬を輩出している種牡馬キングカメハメハの特長は、芝・ダートだけではなく距離も不問の万能さにあると言えるでしょう。その代表産駒には1200〜1600mの芝で活躍したロードカナロア、3歳牡馬クラシック2冠のドゥラメンテ、中距離ダートのチャンピ…

アルアインの全弟ダノンマジェスティがGⅢきさらぎ賞へスタンバイ!ーー展望

きさらぎ賞(GⅢ・京都芝1800m)は春の3歳牡馬クラシック路線を展望したい馬たちが集まる重賞レースです。 これまでに行われた2歳〜3歳限定の重賞のなかで、1800m以上の芝レースは以下の5つ。 札幌2歳S(札幌1800m) 京都2歳S(京都2000m) 東京スポーツ杯2歳…

GⅢ根岸S(2018年)は東京ダートがずんどばなSeattle Slew系のキングズガードに◎を!

根岸SはGⅠフェブラリーSに向けた大切なステップレース。東京ダート1400mの舞台に今年も多くの力量馬が参戦してきました。ここからGⅠへと羽ばたく馬が出てくるのか、注目の1戦です。 根岸Sの特徴 根岸SはダートのコースとしてJRA最長の直線を誇る東京競馬場で…

GⅢシルクロードS(2018年)は内枠+四位騎手のアットザシーサイドに◎を!ーー予想

GⅢシルクロードSは、春のスプリント・チャンピオン決定戦「GⅠ高松宮記念」へのステップレース。重賞勝ち馬が揃い、白熱したレースが期待できます。 シルクロードSの特徴 京都芝1200mはスタート直後に上り坂があることと、すぐに3コーナーに入ることから、前…

厳冬期はダートでホットに!ーー1月27日(土)の銀蹄Sを中心に予想!

1月27日(土)のJRAは東京・京都・中京の3場所開催。今週から2018年初の東京開催となり、馬場状態などをしっかりと見極めたいところです。 日本列島に寒波が襲来 今週は日本列島に寒波が到来し、東京でも雪が降り積もりました。この寒波は……身体的にとてもツ…