ジャスタウェイ産駒のヴェロックスは東京スポーツ杯2歳Sを好走できるのか?ーー展望

11月17日(土)、東京競馬場のメインとして行われる東京スポーツ杯2歳S(GⅢ・東京芝1800m)は、来春のクラシックを目指す馬が揃う出世レースです。 昨年1着のワグネリアンはダービー馬となり、一昨年2着のスワーヴリチャードはダービー2着の成績を残しました…

マイルCS(2018年)はピュアマイラーと1800mベストのどちらの馬に有利か?ーー1分32秒台の決着に?

マイルCSの行われる京都競馬場の芝は「軽い馬場」と表現されることが多く、勝ちタイムと上り3Fが速くなる傾向があります。軽い芝に高い適性をもつディープインパクト産駒が京都を得意とするのも、速い上りを使ってバキューンと差せるからでしょう。 秋の京都…

GⅠレーシングのペルシアンナイトとジュールポレールはマイルCS(2018年)を好走できるのか?

11月18日(日)、淀の1600mを舞台に行われるマイルCS(GⅠ)はモズアスコット、アエロリット、アルアイン、ペルシアンナイト、ジュールポレールなどのGⅠ馬が「秋のマイル王」の座をかけて争います。 上位人気が予想されるペルシアンナイトとジュールポレール…

マイルCS(2018年)はアエロリットなどのノーザンファーム生産馬が好走するのか?ーー注目はレッドアヴァンセ!

2018年・下半期のGⅠ(✳︎)はファインニードルの制したスプリンターズSを除くと、秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯とすべてノーザンファーム生産馬が1着となっています。 ✳︎JBCなどのJpnⅠを除く ▼2018年・下半期のGⅠ スプリンターズS 1着:ファ…

エリザベス女王杯(2018年)はハーツクライ産駒のリスグラシューが上り3F戦を制す!ーー回顧

2018年のエリザベス女王杯(GⅠ・京都芝2200m)は、ハーツクライ産駒のリスグラシュー(4歳牝馬・矢作芳人厩舎)が直線・馬場の中央から逃げるクロコスミアをゴール前で捕らえてGⅠ初制覇。着順上位馬は「好位」で立ち回った馬たちばかりなので、差し切ったリ…

エリザベス女王杯(2018年)は今年も「スロー+上り3F勝負」が濃厚なので、買い目は2パターンを!ーー予想

4歳以上の牝馬が出走できるJRAのGⅠは、春のヴィクトリアマイル(東京芝1600m)と秋のエリザベス女王杯(京都芝2200m)の2レースです。 エリザベス女王杯の特徴は? 1800〜2000mの距離を得意とする4歳以上の牝馬は、どうしても似たローテーションとなり、同じ…

福島記念(2018年)は1800mベストの◎トーセンビクトリーと◯マサハヤドリームに期待して!ーー予想

エリザベス女王杯当日の福島競馬場メインレースは、ハンデ重賞の福島記念(GⅢ・福島芝2000m)が組まれています。 福島はローカルの小回りとあって、コーナーで加速できる器用さの活きるコースです。コーナーを俊敏に捲れるのはどの馬なのでしょうか? 時計の…

武蔵野S(2018年)は最内枠から逃げる良血馬の◎マイネルオフィールに期待して!ーー予想

GⅠ・チャンピオンズCへのステップレースとなる武蔵野S(GⅢ・東京ダート1600m)は、今年のフェブラリーS3着のインカンテーションと同4着のサンライズノヴァが出走し、上位の人気となっています。 この他にも、今夏にダートに転向してから高いパフォーマンスを…

ハーツクライ産駒のリスグラシューは上り3F戦になるエリザベス女王杯(2018年)を好走できるのか?ーー展望

エリザベス女王杯(GⅠ・京都芝2200m)に出走予定の4歳馬リスグラシューは、これまでに阪神JF、桜花賞、秋華賞、ヴィクトリアマイルを2着と好走しているものの、後1歩のところでGⅠに手が届いていません。 昨年のエリザベス女王杯は「Bコース替わり+スローペ…

武蔵野S(2018年)はしなやかなストライド走法の馬が好走する?ーー展望

GⅠ・チャンピオンズカップへのステップレースとなる武蔵野S(GⅢ)は東京ダート1600mを舞台にして行われます。直線の長いコースでのダート重賞とあって、ストライドを伸ばす馬が有利なレースです。 昨年は1着インカンテーション、2着サンライズソアともに父系…