MENU

レース予想

WIN5でずんどば!ーー宝塚記念(6月25日)デーの予想

宝塚記念は春の古馬中長距離GⅠ3連勝を狙うキタサンブラックが登場。11頭立てのレースということもあって、キタサンブラックの絡む馬券はかなりの低配当が予想されます。今年の宝塚記念のように圧倒的な1番人気馬が出走する場合は、配当を期待して「WIN5で勝…

高速馬場の阪神芝はどうなるのか?ーー垂水S、出石特別、京橋特別の予想

6月17、18日の阪神競馬場は開催3周目にも関わらず、メインのオープン特別戦でレコードタイムが出るほどに芝が「高速」化しました。これは、梅雨の時期に入っても好天に恵まれたため、芝や路盤の含水率が低下したことで時計の速い馬場になったと考えられます…

春のグランプリ宝塚記念('17年)は凱旋門賞を勝てる馬に◎を!ーー予想

宝塚記念は春のGⅠ3連勝がかかるキタサンブラックの1強ムード。今秋に海外遠征を視野に入れているキタサンブラックにとって、宝塚記念は「凱旋門賞へ向けての壮行レース」とも言われています。 同じく凱旋門賞への挑戦を表明しているサトノダイヤモンドは宝塚…

京成盃GM・SⅢの予想ーー各馬のポジショニングが難しい1戦に

船橋競馬場で開催されているハートビートナイターの3日目、6月21日(水)のメインレースに組まれているのが京成盃GM・SⅢ(船橋ダート1600m)。 JRAから船橋に移籍したグレナディアーズ、前走、的場文男騎手を背に川崎マイラーズを制したリアライズリンクスな…

GⅢユニコーンSはダービーのようなスローもあり得るメンバーだけにーー予想

春の3歳ダート路線の最大目標と言えるユニコーンSは例年、GⅠフェブラリーSを見据える素質馬・有力馬が集まる注目の1戦です。 今年はアディラート、リヴェルディと言った有力と目された馬が除外され、NHKマイルC2着から参戦する牝馬リエノテソーロの1強という…

函館スプリントSは高速馬場でのレースに?ーーセイウンコウセイの馬場適性とレース予想

函館競馬が開催とともに、いよいよ「夏競馬!」が始まります。宝塚記念が終わるとシーズン本番のムードになるので、それまでは函館で夏のハシリを存分に味わいましょう! 函館競馬の開催週のメインはサマースプリントシリーズの第1戦「函館スプリントS」が組…

エプソムカップ('17年)予想ーーアストラエンブレムは勝てるのか?

近年は秋のGⅠ戦線への「登竜門」という位置だけになりつつあるGⅢエプソムカップ(東京芝1800m)。 過去10年、4歳馬が(7 - 5 - 2 - 10)と好成績を上げているのも素質のある馬がここを重要なステップの1つとして出走してくるからだと言えます。 ここ2年、4歳…

マーメイドS('17年)予想ーー今年は持続戦で映える馬を!

牝馬限定の重賞マーメイドSは少頭数ながら、面白いメンバーが揃って混戦模様。上位人気に支持されるのはGⅢ中山牝馬Sを制したトーセンビクトリーとGⅢ愛知杯を制したマキシマムドパリの重賞馬2頭。ハンデ戦のレースだけに、力量馬がそのまま好走を果たすことが…

アハルテケSと安芸Sの予想

6月10日の土曜日は東京競馬場でアルハテケS、阪神競馬場で安芸Sがメインレースに組まれています。 今週の土曜日は重賞競走がないため、今回の記事ではこの2レースを張り切って予想していきます。 アハルテケS 東京ダート1600mのオープン競走。16頭と頭数が揃…

'17年の安田記念はスピードとパワーを振り絞るレースに期待してーー予想

モーリスのような、パワー満点の走りで東京も京都も香港のコースもぶち抜けるマイラーが不在の安田記念。 今年はスプリント路線からレッドファルクス('16年スプリンターズS1着)、中距離路線からステファノスとアンビシャスが参戦し、いかにも層の薄いマイ…

鳴尾記念('17年)予想ーーインベタ阪神内回りを立ち回って

6月の阪神競馬場は春のグランプリ・宝塚記念が掉尾を飾る1ヶ月間の開催。その開催初日に組まれているのが、宝塚記念へのステップレースとなるGⅢ鳴尾記念(阪神芝内回り2000m)です。 今年の鳴尾記念は出走が10頭と寂しい顔ぶれになったものの、実力の拮抗し…

目黒記念('17)予想ーー8歳馬の春

東京優駿の興奮も冷めやまぬ中で行われるのが、恒例の古馬中距離重賞「GⅡ目黒記念」。 この時期の古馬重賞は明け4歳馬vs5歳以上馬の対決に注目が集まります。目黒記念は過去5年で4歳馬が2勝。今年の出走馬の中ではカフジプリンスとラニの2頭が4歳馬ですが、…

第84回東京優駿('17年)予想

東京優駿が行われる東京競馬場の土曜日の芝レースは、ピンク(桃)色帽祭りが開催され、全5レースを8枠が勝利しました。 午後からは馬場が乾いてきたこともあり、インコースを通った馬も伸びていて、日曜日はこの土曜日ほど外枠有利ではなくなると考えられま…

欅ステークス他、土曜日のレースをまとめて予想

東京優駿(ダービー)ウィークは東京と京都の2場所開催。土曜日のメインは東京がダートのOP戦、京都が芝の1600万下のレースが組まれています。 今回の記事では東京のメイン「欅ステークス(ダート1400m)」と京都メイン「朱雀ステークス(芝1200m)」を中心…

ダービーの喧騒の前にーー馬券的な予想

また今年も競馬の祭典、ダービーがやって来ます。 ダービーが近づくと、胸が高鳴ってドキドキするというより、ぎゅっと心臓を掴まれたような、胸を締め付けられる感じがあって、それはきっと「また今年もダービー馬が1頭誕生する」ことへの妙な哀しさから生…

分かり合えているからこそ、美しく大胆にーーオークス('17)予想

第78回優駿牝馬(オークス)が5月21日に東京競馬場で行われます。 ハイレベルと言われる3歳牝馬の世代を引っ張る3頭、ソウルスターリング、リスグラシュー、アドマイヤミヤビがオークスに揃って出走。また、桜花賞馬のレーヌミノルもNHKマイルカップではなく…

平安にはおさまらない? 淀みのない平均ペースの平安S('17)予想

JRAのダートGⅠ競走は2月のフェブラリーSと12月のチャンピオンズCの2レース。フェブラリーSが終わるとダートの中距離路線を歩む馬はドバイWCや地方交流重賞などを目標に切り替えます。そのため、5月に行われる平安SはJRAのダート重賞アンタレスSやマーチSから…

栗東S、赤倉特別ーー予想

ヴィクトリアマイルの行われる5月14日は、東京、京都、新潟の3場所開催。 京都のメインはダート短距離のオープン競走「栗東S」、新潟のメインは芝1000万下の「赤倉特別」が組まれています。どちらのレースもハンデ戦でなかなかに難解です。 今回の記事ではWI…

馬場は重くなる?ーーヴィクトリアマイル('17年)予想

春の古馬牝馬チャンピオン決定戦ヴィクトリアマイルは5月14日、東京競馬場で行われます。 1番人気は前走マイル戦の渋った馬場で快勝した5歳のミッキークイーン。2、3番人気にもルージュバック、レッツゴードンキと'15年のクラシック路線を賑わせた馬たちが支…

新潟大賞典('17)予想ーー今年も前が薄い組み合わせ

GW開催の新潟競馬場ではメインに「GⅢ新潟大賞典」が組まれ、NHKマイルカップと同じようにこちらも混戦模様のレース。 京都のメイン鞍馬ステークスともども、日曜日の3場のメインはそれぞれに難解でWIN5購入者泣かせの番組になっています。 NHKマイルカップだ…

NHKマイルカップ('17年)予想ーー混戦の3歳マイル路線

現3歳世代は、昨年から「牝馬のレベルが高く、牡馬は……」と言われていました。それを象徴するように、昨年の朝日杯FSはミスエルテが、今年の皐月賞にはファンディーナが参戦してそれぞれ1番人気に支持されたの記憶に新しいところです。 ミスエルテもファンデ…

エトルディーニュを倒してクラシックへーープリンシパルS(2017年)予想

GWの5月6日のJRA開催は日本ダービーに向けて、西では京都新聞杯、東ではプリンシパルSがメインレースとして組まれています。 今年のプリンシパルSは12頭と少頭数ながら関西の有力馬も参戦し、ダービーへ残されたわずかなチケットを目指して、白熱したレース…

「帯に短し襷に長し」なメンバーの京都新聞杯(2017年)予想

ダービー最終便と言われる京都新聞杯。同日の東京競馬場で行われるダービー・トライアル「プリンシパルS」にも力のある馬が出走するため、京都新聞杯は混戦模様になりました。 12頭と少頭数ながら、不安が先立つ馬がゴロゴロといて、「帯に短し襷に長し」と…

かしわ記念(2017年)+SPAT4ロト 予想

船橋競馬場で行われるJPNⅠかしわ記念は、フェブラリーSから望むJRA勢の取捨がポイントとなるレースです。 今年は(「も」と言ってもよいのですが)フリオーソのようなJRA勢と対等に戦える地方馬の参戦がないのはいくらか寂しくもあり……。6頭が参戦するJRA勢…

かきつばた記念(2017年)予想ーー地方競馬三昧の一日に

いよいよGWに突入して、JRAは週末にGⅠのNHKマイルカップが、地方競馬ではJPNⅠかしわ記念が行われます。競馬が好きな人にとっては文字通りゴールデン・ウィークですね。 5月3日(祝)の今日は名古屋競馬場で地方交流重賞の「かきつばた記念」が、南関競馬は船…

Haloクロスで京都の坂を下るーー天皇賞・春(2017年)予想

JRAの最長距離GⅠ天皇賞・春は、キタサンブラックが2枠3番、サトノダイヤモンドが8枠15番に入り、人気の2頭の明暗がはっきりと分かれました。 開催2週目に行われる天皇賞・春は芝の生え揃ったインコースを距離ロスなく走れる内枠が有利。枠順だけの比較で言え…

春光Sその他の特別戦予想ーー逃げて、逃げて、逃げまくれ!

4/29(土)の特別戦をまとめて予想。 東京、京都、新潟の3場開催で特別戦もなかなか面白いメンバーが揃った土曜日。お出かけ日和で、競馬場で観戦したくなる陽気に……。

青葉賞(2017年)予想ーー人気馬が揃ってピッチ走法だから、ストライドの馬を狙いたい

「クラシック路線の遅れてきた大物」と呼ばれるアドミラブルが鞍上にM・デムーロ騎手を迎え、ダービー・トライアルのGⅡ青葉賞に登場。 大物が人気に応えてダービーへの切符をつかむのか、それとも、伏兵の台頭があるのか、見応えのある1戦が東京競馬場を舞台…

フローラS(2017年)はイーブンな馬場でのレースにーー予想

春の東京開催は4月22日から開幕。東京の開催週のメイン競走はオークス・トライアルのフローラSが行われます。今年も牝馬にとってはハードと言える東京の芝2000mに18頭がゲートイン。 2連勝中のホウオウパフューム、アドマイヤミヤビやリスグラシューと言った…

開幕週だけど力の要る京都芝ーーマイラーズC(2017年)予想

春開催の京都は4月22日から開幕し、「いつものインベタ+高速馬場」かと思いきや、パワーのある馬が台頭する芝のコンディション。 開催前に路盤を柔らかくするエアレーション作業をしなかったことからも、京都の芝は前開催のパワーの要る馬場がそのまま続い…

福島牝馬S(2017年)は高速決着? それとも1分47秒台の決着になるのか? 予想

GⅠヴィクトリアマイルを目指す牝馬16頭が集まった福島牝馬Sは、出走メンバーを見ても混戦模様。ローカルの福島で行われる牝馬重賞とあって、過去3年は2桁人気馬が3着内に入る波乱の決着になっています。今年は順当に人気馬が好走を果たすのか? それとも人気…

福島芝も高速化?ーー福島民放杯(2017年)予想

皐月賞の裏開催、福島競馬場のメインレースはハンデ戦の福島民放杯(オープン、芝2000m)がフルゲート16頭で行われます。メンバーを見渡しても目がくらむくらいの大混戦。 WIN5としてはこのレースと皐月賞が鬼門になるのでしょうね。

ディープインパクト産駒風味の高速馬場へ!?ーー皐月賞(2017年)予想

牡馬クラシックの1冠目GⅠ皐月賞は中山開催の最終週に行われます。春開催の中山は内側の芝の傷みが目立つコンディションがデフォルトでしたが、'14年の路盤改修によって排水性(水はけのよさ)が向上し、馬場が荒れにくくなりました。 路盤改修後に行われた'1…

ダートの名繁殖の血が騒ぐアンタレスS(2017年)予想ーーグレンツェントを負かすのは?

ユニコーンS3着、レパードS1着と昨年の3歳ダート路線の主要な重賞で好走したグレンツェントがアンタレスS(GⅢ)に出走します。年明け初戦となった東海S、重賞としてはかなりスローなペースを直線で差し切った脚からも、他馬とは力が違ったという内容での勝利…

雨でも重馬場でも桜花賞で◎を打ちたい馬はーー桜花賞(2017)年 予想

2017年、牝馬クラシックの第1冠目「桜花賞」は雨の影響を受けるなかでのレースに。 ソウルスターリングの「1強」というムードが次第に強くなっている桜花賞。雨の影響で馬場が重くなることを考慮に入れたとしても波乱の要素はどこかにあるのでしょうか?

道悪外差し馬場に映える2頭の牝馬ーー阪神牝馬S(2017年)予想

GⅠヴィクトリアマイルの前哨戦、阪神牝馬Sは昨年から内回り1400万下→外回り1600mへとコースが変更されました。外回りのマイル戦になったことで、マイラーだけではなく中距離馬も出走しやすくなった印象。 今年はミッキークイーン、クイーンズリングなどのGⅠ…

池江厩舎のNHKマイルC担当、クライムメジャーが登場ーーNZT(2017年)予想

NHKマイルCのステップ・レースとなるNZT(GⅡ)が4月8日、中山競馬場の芝1600mで行われます。3歳のマイル王を目指す馬たちが繰り広げる熱い戦いに注目です。 と書いてから出馬表を見ると、クライムメジャーの名前がありました… 池江泰寿厩舎+アドマイヤミヤ…

エイシンハドソンでインを切り裂く岩田康誠ーー御堂筋S(2017年)予想

2017年、4月2日のWIN5対象の1レース目に組まれた御堂筋Sは、出走馬8頭の内、単勝10倍を切るオッズの馬が6頭と混戦模様になっています。 「WIN5は少頭数の方が難しい」とはよく言われますが、御堂筋Sも勝ち馬を「ビシッ!」と当てるのがなかなかハードなレー…

マカヒキとキタサンブラックの名勝負となるのか?ーー大阪杯(2017年)予想

新設GⅠの大阪杯は阪神芝2000mの内回りコースで行われます。 昨年の古馬チャンピオンのキタサンブラック、ダービ馬のマカヒキなど好メンバーが揃った大阪杯の初代王者はどの馬でしょうか? 今からレースが楽しみですね。 阪神の芝状態 土曜日の芝は稍重でレー…

ヨシトミ先生のマイルドな外差しに期待ーーダービー卿CT(2017年)予想

ダービー卿CTで1番人気の支持を集めるのでは? と想定されていたグレーターロンドンがレースを回避しました。 1年以上の休養を挟みながらの5連勝、「遅れてきた大物」と期待が高かった馬の回避で、ダービー卿CTは一転して混戦模様になりそうです。人気を集め…

ハイレベル世代の4歳馬4頭が激突するマーチS(2017年)予想

フェブラリーSを制覇し、ドバイワールドカップに出走するゴールドドリーム、東海Sを勝ったグレンツェントを見てもわかるように、4歳馬のダート路線はハイレベル世代と言われています。 中山競馬場のダート1800mで行われる今年のマーチSには4頭の4歳馬がスタ…

天気も馬場もペースも読めない高松宮記念記念(2017年) 予想

中京競馬場の3月26日の天気は雨模様。出走メンバーを見ても混戦模様。逃げるのはどの馬なのかも分かりにくく、ペースも乱戦模様。 予想をする上で読みにく要素は 予想をする上で読みにくい要素は3つあります。 1. 雨が降った時の馬場はどうなるのか? 2. ど…

大物牝馬ファンディーナが登場ーーフラワーC(2017年)予想

ソウルスターリング、アドマイヤミヤビなどのハイレベルな牝馬が出走を予定している今年のGⅠ桜花賞。 フラワーCはクラシック戦線に新しく名乗りを挙げる馬が現れるのかに注目が集まるレースです。 今年のフラワーCは「最後の大物」とメディアでも広く取り上…

ジリ脚を尻目に粘り込め!ーー但馬ステークス(2017年)予想

3/19(日)のWIN5の対象レースにもなっている阪神10Rの但馬ステークスは、有力馬にジリ脚のタイプが揃いました。 阪神の芝内回り2000mは最後の直線が短く、ゴール前で急坂が待ち構えていることから、後半3Fの上りがかかりやすいコースです。また、コーナーで…

またサトノダイヤモンドの走りを見ることができるーー阪神大賞典(2017年)予想

2017年、サトノダイヤモンドの始動戦として選ばれたのは阪神大賞典。 菊花賞と有馬記念を連勝して「現役最強馬」とも称されるサトノダイヤモンドの始動戦は、結果だけではなく「どのようなレースをするのか?」という内容も問われることになりそうです。 hak…

捲り3銃士ーースプリングS(2017年)予想

共同通信杯、弥生賞、若葉ステークスと皐月賞の主要なステップレースが終わっても、「今年の3歳牡馬は強い馬が…」というムードが漂っています。 3着までにGⅠ皐月賞への優先出走権が与えられるスプリングS。2017年の牡馬クラシックの主役を担える馬が現れるで…

どれだけタイムが速くなるのか? それが問題ーーファルコンステークス(2017年)予想

ファルコンSを予想する上で、今週の中京芝はどれだけ速いタイムが出るのかも注目で、芝のレースで当日の傾向を掴みたいところです。 ですが、芝は未勝利戦が2Rと500万下の牝馬限定戦が1Rと、参考に出来るのかは不透明… ただ、3/12(日)のトリトンステークス…

捲りが最も速いのは?ーー若葉ステークス(2017年)予想

阪神の芝2000m内回りで行われる若葉ステークス(OP)は、2着馬までにGⅠ皐月賞の優先出走権が与えらるトライアルレース。 阪神の芝内回りコース 若葉ステークスが施行される阪神芝内回りは簡単に言えば「急坂+小回り+上りがかかる」コース。 小回りで直線が短…

スローをピッチ走法で駆け抜けろ!ーー中山牝馬S(2017年)予想

今年の中山牝馬Sは、プリメラアスール、トーセンビクトリー、シャルールのどれが逃げるにしろスローが濃厚です。 名手の2人がペースを握る トーセンビクトリーとシャルールの鞍上は武豊と横山典騎手。 トーセンビクトリーもシャルールも足の回転が速いピッチ…

阪神芝1400mは特殊な条件ーーGⅡフィリーズレビュー(2017年)予想

阪神芝1400mで行われる、桜花賞トライアルのGⅡフィリーズレビューは馬の能力もさることながら、コースの適性も重要なレースです。 フィリーズレビューは阪神芝1400m適性で決まる? フィリーズレビューが阪神芝1400mの適性で決まりやすい理由は2つあります。