レース予想

GⅢエルムS(2018年)は外枠からスムーズに先行するディアデルレイとブラゾンドゥリスに注目!ーー予想

エルムS(GⅢ・札幌ダート1700m)は上がり馬と実績馬がぶつかり、秋のGⅠを占う意味でも大切な1戦です。今年は上がり馬のハイランドピーク、実績馬のミツバとロンドンタウンなどが出走し、白熱したレースが期待できます。 JBCとチャンピオンズCに向けて勝ち名…

関屋記念(2018年)は高速決着が得意なディープインパクト産駒に◎と◯を!ーー予想

サマーマイルシリーズの第2戦「GⅢ関屋記念」はJRA最長を誇るホームストレッチをもつ新潟競馬場を舞台に行われます。夏のマイル・チャンピオン、そして秋の大舞台へと飛躍するのはどの馬なのでしょうか? 関屋記念のポイント 関屋記念のポイントについては週…

レパードS(2018年)はDeputy MinisterとNureyevを併せもつイダペガサスに◎を!ーー予想

3歳限定のダート重賞「レパードS(GⅢ)」は、過去にトランセンドやホッコータルマエなどのGⅠ馬を輩出した出世レース。今後のダート路線の主役を張る馬が現れるのかに注目の1戦です。 ユニコーンS(GⅢ・東京ダート1600m)→ジャパンダートダービー(JpnⅠ・大井…

函館2歳Sは人気薄の「内枠+関東馬」を2・3着にマークした3連単で高配当を!ーー予想

函館2歳S(GⅢ・芝1200m)はJRAにおける最初の2歳重賞。デビューして間もない若駒たちがスピードと完成度、そして素質を武器に世代初のステークスウィナーを目指します。開催最終週の重賞レースを勝ち上がるのはどの馬なのでしょうか? 函館2歳Sのポイント 函…

中京記念(2018年)は時計の速い馬場もOKな先行馬コウエイタケルに◎を!ーー予想

サマーマイルシリーズの第1戦「中京記念(GⅢ・芝1600m)」はフルゲートとなる16頭が揃いました。安田記念4着の実績をもつグレーターロンドン、気温の上昇とともに調子が上がる「夏馬」ウインガニオンなどが上位の人気に推されているものの、その他にも多くの…

函館記念(2018年)は2桁人気の先行馬ロジチャリスの2着付けで!ーー予想

サマー2000シリーズの第2戦として行われる函館記念(GⅢ・芝2000m)は、1人気トリコロールブルーの単勝オッズが3.9倍(14日午後5時現在)を示しているように、今年も混戦模様のレース。昨年は3連単が935,320円の大波乱となっており、「今年も2桁人気馬が好走…

ラジオNIKKEI賞(2018年)はRobertoのパワーをもつ◎ロードアクシスのイン捲りに期待して

「夏競馬!」シーズンの開幕を告げる3歳ハンデ重賞「ラジオNIKKEI賞」が福島芝1800mを舞台に行われます。今年は新馬→500万下と2連勝の上がり馬フェエールマンが1人気に押され、メイショウテッコンやイェッツトなどのOP実績馬がそれに続く人気となり、ハイレ…

CBC賞(2018年)は高速馬場の前残りを狙って、2桁人気の先行馬たちに期待!ーー予想

JRAは中京、福島、函館の3場所開催となり、本格的に夏競馬がスタートします。その中京開幕週を飾るのはサマースプリントシリーズの第2戦・CBC賞(GⅢ・中京芝1200m)。過去の勝ち馬にはスプリンターズSを連覇したレッドファルクスなどがおり、注目度の高いレ…

宝塚記念(2018年)は「良(稍重)馬場+スロー」を想定してステファノスに◎を!ーー予想

6月18日(日)の阪神競馬場は開催3週目にも関わらず、メインレースの米子S(OP・芝1600m)で1分31秒9のタイ・レコードがマークされるほどに芝が「高速」化しました。これは、梅雨の時期に入っても好天に恵まれたため、芝や路盤の含水率が低下したことによる…

ユニコーンS(2018年)は軽いダートがずんどばなヘニーヒューズ産駒に◎を!ーー予想

3歳春のダート路線の最大目標と言えるユニコーンSは例年、GⅠ・フェブラリーSを見据える素質馬・有力馬がズラリと集まる注目の1戦です。 今年は全日本2歳優駿を制したルヴァンスレーヴ、OPの青竜S勝ち馬グリム、ヒヤシンスSと鳳雛Sを好走したグレートタイムの…

函館スプリントS(2018年)はラインスピリットとライトフェアリーに◎○を!--「高速+インベタ」馬場の前残りに期待して

函館競馬の開催とともに、いよいよ「夏競馬!」がスタートします。春のグランプリ・宝塚記念(GⅠ・阪神芝2200m)が終わるとシーズン本番のムードになるので、それまでは函館で夏のハシリを存分に味わいましょう! 函館競馬の開催週のメインレースはサマース…

マーメイドS(2018年)は名繁殖ピラミマの仔エマノンに◎を!ーー重馬場ではなく高速馬場を想定

春の東京開催のおける5週連続のGⅠが終わると、「あ〜、これから夏競馬が始まるな〜」と寂しさとワクワクさが同居した不思議な気持ちになります。この時期は函館競馬がスタートするまで、東京・阪神の2場所開催、そして、降級馬が下のクラスで「無双」するこ…

高速馬場のエプソムC(2018年)は名繁殖牝馬クロウキャニオンの仔ベルキャニオンに◎を!ーー予想

春の東京開催のおける5週連続のGⅠが終わると、「あ〜、これから夏競馬が始まるな〜」と寂しさとワクワクさが同居した不思議な気持ちになります。この時期は函館競馬がスタートするまで、東京・阪神の2場所開催、そして、降級馬が下のクラスで「無双」するこ…

安田記念(2018年)は1分31秒3の好タイムでモズアスコットがGⅠ初制覇!

春のチャンピオン・マイラーを決める安田記念は、後方からの追走となったモズアスコットが直線で鋭く伸びると、先に抜け出したアエロリットをゴール前で捕らえ、これが嬉しいGⅠ初制覇となりました。勝ちタイムは1分31秒3(良)。 1分31秒台の決着 現在の東京…

高速馬場の安田記念(2018年)は1分31秒台の決着になると想定して、1400mベストのモズアスコットに◎を!ーー予想

JRAのマイル路線はピュアマイラーとは言えないイスラボニータがトップレベルを引っ張っていたように、「ハイレベル」と呼べない現状です。また、この路線の絶対王者だったモーリスが不出走となった一昨年のマイルCSから、マイル重賞はコロコロと勝ち馬が替わ…

日本ダービー(2018年)は高速馬場+東京コース向きのステルヴィオに◎を!ーー予想

日本ダービーの季節が巡ってきて、3歳馬たちの若々しい走りをまた堪能できると考えただけで、思わず幸せなため息が出てしまうーー。 ダービーはいろいろな切り口がある 競馬の祭典として商業的価値の高いダービーは、さまざまなメディアでどの馬がダービー馬…

名繁殖牝馬ライラックスアンドレースとオークス(2018年)についてのアレコレーー予想

米GⅠ4勝などの名牝ステラマドリッドは日本でも枝葉が広がる名繁殖牝馬です。ミッキーアイル、アエロリット、ラッキーライラックは3代母にこの血を引く芝GⅠ馬。ステラマドリッド牝系の日本における活躍馬は、前向きな気性とスピードを活かした先行で、前々か…

ヴィクトリアマイル(2018年)は高速馬場を利して1400mベストの人気薄から高配当を!ーー予想

5月13日(日)、東京芝1600mを舞台に4歳以上牝馬のマイル・チャンピオンを決める「GⅠヴィクトリアマイル」が行われます。ここ数年、牡馬混合の安田記念を好走できる牝馬のトップ・マイラーが現れていなことから、ヴィクトリアマイルは今年も混戦模様です。 …

NHKマイルC(2018年)はダノンスマッシュとアンコールプリュから高配当を狙って!ーー予想

春の東京開催は5週連続でGⅠが行われます。その開幕を飾るのは、3歳馬のマイルチャンピオンを決める「NHKマイルC」。スピードだけでは乗り切れない東京芝1600mを舞台に、今年はどの馬が栄冠をつかむのでしょうか? 近年のNHKマイルCの傾向は? 創設されたばか…

皐月賞(2018年)は高速馬場か重馬場かが読めないのなら、その2パターンを想定しての買い目を!ーー予想

3歳牡馬クラシックの第1冠・皐月賞は、圧倒的な1人気が想定されたダノンプレミアムが回避したこと、レース当日に降雨の予報が出ていることなどから、混戦ムードとなっています。 1、2人気を分け合うワグネリアンが1枠、ステルヴィオが8枠に入ったこと、そし…

アーリントンC(2018年)は名繁殖牝馬の仔◎レッドヴェイロンに期待して!ーー予想

NHKマイルCへのステップ・レースとなるアーリントンC(GⅢ・阪神芝1600m)は、朝日杯FS3着のタワーオブロンドン、毎日杯3着のインディチャンプ、きさらぎ賞3着のラケットなど重賞で活躍した馬が揃い、3歳マイル路線を占う重要な1戦となりました。 タワーオブ…

GⅠ桜花賞(2018年)は高配当を期待してマイラー色の強い馬をピックアップーー予想

3歳牝馬クラシックの第1冠「桜花賞」は、2014年のハープスターから昨年のソウルスターリングまで、4年続けて1人気の単勝オッズが1倍台となりました。ただ、1人気馬の成績は(1 - 0 - 1 - 2)と高い支持を集めたほどには走れていません。 今年の主役は4戦4勝…

ニュージーランドT(2018年)は内枠の人気薄の馬とケイアイノーテックに期待して

3歳のマイルチャンピオンを決めるNHKマイルカップ(GⅠ・東京芝1600m)のステップレース・ニュージーランドT(GⅡ)は中山の芝マイルで各馬がスピードを競います。 近年、3歳春の1200m〜1600m戦はそれほどハイレベルな争いにはなりません。昨年のNHKマイルCを…

阪神牝馬Sは名繁殖エリモピクシーの仔レッドアヴァンセに◎を!ーー予想

阪神牝馬ステークスは、4歳以上牝馬のマイル・多ャンピオンを決める「ヴィクトリアマイル(GⅠ・東京芝1600m)」へのステップレース。今年はトップレベルの牝馬が出走し、GⅡとは思えない好メンバーが揃いました。 ハイレベルと呼ばれる4歳馬からはソウルスタ…

ドバイターフ&シーマクラシック(2018年)をスバっと予想!ーー日本馬は好走できるのか?

ドバイミーティング(Dubai World Cup Day)はメインレースとなるドバイワールドカップを含め、1日に4つのGⅠレースが行われます。今年はレイデオロやリアルスティールなど日本から総勢14頭が出走。質で量ともに申し分のないメンバーが遠征することから、レー…

Bコース替わりのGⅠ大阪杯(2018年)はノーザンファーム生産馬が1着になるのか? それともーー予想

大阪杯(GⅠ・阪神芝2000m)は古馬の芝中距離路線を拡充するため、昨春にGⅡからGⅠへと格上げされたレースです。これにより、4歳以上の芝・中長距離馬は大阪杯→天皇賞・春→宝塚記念と3つのGⅠレースを目標とするローテーションが組めるようになりました。 昨年…

GⅠ高松宮記念(2018年)は2015年のヴィクトリアマイルをイメージして、3連単で高配当を!

春のスプリント・チャンピオンを決めるGⅠ高松宮記念(中京芝1200m)はスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが1人気に推されています。 「世界のロードカナロア」がターフを去ってからのスプリント路線は、コロコロと重賞の勝ち馬が変わるほどの混戦模…

GⅡ日経賞(2018年)はコテコテの欧州血統+時計のかかる中山がスンドバのガンコに◎を!

天皇賞・春のステップレース「GⅡ日経賞(中山芝2500m)」は昨年の菊花賞馬キセキ、香港ヴァーズ2着のトーセンバジルなど15頭が顔を揃えました。GⅠ好走馬を多く出す伝統の長距離重賞だけに、今年のレース内容にも注目が集まります。 日経賞は「コース適性」が…

毎日杯(2018年)はハービンジャー産駒の◎ブラストワンピースから3連単1点で!

春の3歳牡馬クラシックへと繋がる重賞「GⅢ毎日杯(阪神芝1800外回り)」は、出走馬が10頭と落ち着いた頭数になったものの、素質馬と目される馬がズラリと揃い、馬券以上に見応えのある1戦となりました。 昨年このレースを制したアルアインのように、今年はこ…

GⅡスプリングS(2018年)は社台系ファーム生産馬と中山を捲れる馬に◎をーー予想

今年の3歳牡馬クラシック路線における大きな特徴のひとつは、トップレベルの馬たちの多くがRobertoの血を引いていることです。 2歳牡馬チャンピオンで弥生賞を完勝したダノンプレミアム、昨年GⅠに昇格したホープフルSを制したタイムフライヤー、その他にもジ…