高速馬場想定のローズS(2018年)はしなやかにキレる◎レッドランディーニから!ーー予想

f:id:hakusanten:20180910235939j:plain

9月17日(日)、秋華賞トライアルのGⅡローズSが阪神競馬場の芝1800m外回りコースを舞台に行われます。今年は2冠馬アーモンドアイ、2歳女王ラッキーライラックなど、クラシックの上位組が不出走。その替わり、サトノワルキューレやカンタービレなどの重賞馬が顔を揃えました。秋華賞に向け、どの馬が好スタートを切るのでしょうか?

 

今年の1人気は非ノーザンファーム生産馬

今年のローズSで1人気に推されるのはオークス6着のサトノワルキューレ。フローラS(GⅡ・東京芝2000m)を制した素質馬で、このメンバーに入ると上位の実績をもつだけに、この人気も納得です。

角居厩舎の解散にともない、中竹厩舎へと転厩して迎える初戦。体調管理の面などのマイナス面はあるはずですが、M・デムーロ騎手を確保してレースに臨めるのは大きなプラスでしょう。

今年の桜花賞とオークスはノーザンファーム生産馬が1〜3着を独占しており、下河辺牧場生産のサトノワルキューレがこれを阻止できるのか、大きな期待がかかります。

 

阪神芝は標準よりも時計の速いコンディション

15日(土)の阪神芝は瀬戸内海特別(1000万下・芝1400m)の勝ちタイムが1分20秒9がマークされました。雨の影響があったとは思えないほどに速い時計が出ています。

ローズSの行われる16日(日)は雨が降らない予報となっており、阪神の芝はさらに回復して「高速」馬場へ……。昨年と同じような速い上りが出る馬場になるでしょう。

関連記事

馬場の考察については週中の記事に書いているので、よければ以下をご覧下さい。

ローズS(2018年)は重馬場になるのか?ーートニービンもちが好走するって本当? - ずんどば競馬

 

予想

今年のローズSはピュアな逃げ馬が不在のレース。どの馬が逃げるにせよ、前半1000mは60秒ソコソコのペースが想定されます。

ローズSの想定ペース

勝ちタイム:1分46秒0〜5

前半1000m:59.5〜60.0

後半800m:46.0〜46.5

昨年の2着カワキタエンカの逃げは前半1000mが58.6と速く、今年はこれよりも遅くなるはずです。2016年の2着クロコスミアや2014年の3着リラヴァティの作ったペースが想定され、差し馬が勝つには上り33秒台が求められます。

 

逃げるのは?

今年の逃げ候補はラテュロスのみ。横山典騎手のゴージャスランチが、スタートをポンと出るならハナを切る可能性もありますが……。ただ、少なくとも前半58秒台になるとは考えにくいメンバーです。

 

ノーザンファーム生産馬+上りの速い馬

今年のローズSを予想する上でのポイントは以下の3つ。

1. ノーザンファーム生産馬

2. 速い上りを使える馬

3. 逃げ馬

3の「逃げ馬」についてはラテュロスが該当しますが、1着になれるかが微妙なのでここは馬券の相手まで。◎は1と2から選びます。

 

1と2を満たすのは?

「ノーザンファーム生産馬+速い上りを使える馬」は以下の5頭です。

ウラヌスチャーム

サラキア

センテリュオ

フィニフティ

レッドランディーニ

青色でマークした4頭はすべてディープインパクト産駒。ただ、このなかでもっとも「スローの瞬発力勝負」が合うのは、新馬戦で上り3F32.0を使ったウラヌスチャームです。ただ、現在の馬場コンディションだと「大外バキューン」が難しいため、3〜4コーナーの区間で馬群が固まるような展開になればチャンスも……。

ディープインパクト産駒4頭のなかでもっとも「しなやかにキレる」のはレッドランディーニです。500万下を勝ち上がっていない格下馬なので人気薄になっています。内枠の追い込み馬なので、馬群を捌けるのかがポイント。もし、2014年2着のタガノエトワールのように、内をスルスルと差せるのなら……。

 

◎レッドランディーニ 3歳牝馬

父:ディープインパクト

母:レッドメデューサ(母父Mr. Greely)

厩舎:石坂正(栗東)

生産:ノーザンファーム

春はレッドサクヤ(オークス4着)の勝ったエルフィンSを3着好走したものの、GⅠ路線に乗ることができませんでした。今春は減った馬体がもどらない状態でのレースとなったのが、500万下を取りこぼした原因でしょう。

一夏を越して、しっかりと馬体がもどっているのかがポイント。2走前のカーネーションCは上り3F32.9の末脚で、ゴージャスランチの2着と好走しました。高速馬場もOKの走法と配合から、後は松山騎手が馬群を捌けるかどうか。大外を回すようだと、苦しいレースになるでしょう。

 

血統

母父レッドメデューサはJRA未出走。母父Mr. GreelyはGone West着仔で、BCスプリント2着のスプリンター。しなやかなディープインパクトは母父にパワー型のマイラー・スプリンターを配するのが好配合です。レッドランディーニはこの形にハマっています。

母系がスピード血脈のNasrullahを多く引くため、レッドランディーニはしなやかなストライドで走る馬となりました。また、Blushing Groom、Never Bendを引くのはミッキークイーンと同じ。阪神1800m外回りはベストなコースと言えます。

 

2着候補は?

ノーザンファームのワンツーは十分にあり得るので、サラキア、センテリュオ、ウラヌスチャームの3頭を拾います。フィニフティはもう少し馬体の成長が必要なので、現時点は外す方向です。

人気のサトノワルキューレは人気次第。土曜日のM・デムーロ騎手は、阪神の芝がイン有利なことをわかっている立ち回りでした。オークスと同じように、前半からポジションを取りに来るようだと好走の可能性も十分です。

ディープインパクト産駒のトーセンブレスは柴田善臣騎手が大外を回す騎乗をするのかどうか……馬群をさばけるなら、2着の好走もあります。

 

3着候補は?

逃げ馬のラテュロス、内枠からスッと動けるウスベニノキミをピックします。ゴージャスランチは逃げたときに粘る要員としてピック。

 

買い目

レッドランディーニの2着もあり得るので、「ノーザンファームのワンツー」馬連をメインに。サトノワルキューレとサラキアは人気なので、そこは3連単でカバーします。

 

馬連

1 - 5. 7. 14. 11

 

3連単

1着:1

2着:5. 8

3着:5. 7. 8. 14. 11. 2. 4. 12

合計18点。馬連でま十分な配当があるので、トリガミはありません。

 

まとめ

今年のローズSは例年と異なり、オッズ以上に混戦模様のレースです。ちょっとしたことでガラッと着順が入れ替わりそうなメンバーだけに、できるだけ人気薄から馬券を買いたくなります。

以上、お読みいただきありがとうございました。