夏競馬の3回中京開催は「逃げ・先行天国」な馬場?ーー昨年('16年)を振り返ると

f:id:hakusanten:20170630034227j:plain

春のグランプリ宝塚記念が終わるとJRAは函館・福島・中京の3場開催となり、いよいよ本格的に「夏競馬!」のシーズンが到来します。

GⅠ高松宮記念から3ヶ月ぶりの開催となる中京は開幕週らしい絶好の馬場コンディションでレースが行われるかと思いきや、金・土曜日と雨の予報が……。ただ、芝コースの排水性の向上を目的として、中京競馬場は昨年の夏に「暗渠排水材」の設置をしており、雨が降り続くことがなければ道悪にはなりにくい馬場へと変化しています。週末の雨がどれほど馬場に影響を与えるのかは、土曜日のレースをしっかりとチェックすることが大切です。

 

開幕週の中京芝は「逃げ・先行」が有利?

開幕週の中京競馬場の芝はコースリニューアル直後に比べて時計が速く、逃げ・先行馬が有利な馬場コンディションが目立ちます。昨年の7月の開幕週は、2歳新馬戦と3歳未勝利戦を除くと芝のレースが6鞍行われ、逃げた馬が(3 - 0 - 2 - 1)という好成績。今年は天気によってはパンパンの良馬場でレースが行われるかは分かりませんが、昨年のような馬場になる可能性もわずかながらあり、注意が必要です。

今回の記事では3回中京開幕週の芝レースを振り返ります。

 

7月の中京開幕週の馬場は?

'16年の7月2日(土)、3日(日)の中京競馬場では、2歳新馬戦と3歳未勝利戦を除くと芝のレースが6鞍行われました。その6レースを振り返ります。

 

7月2日(土)の3鞍

開幕初日の土曜日は芝のレースが3鞍組まれ、すべて1600m以下のレース。8R平場戦の1200m(3歳以上500万下)でいきなり1分8秒台を切る好時計が……。「中京の芝はこんなに速いの?」と色めき立った記憶がありますね。

 

8R 3歳以上500万下 芝1200m

頭数:18頭 馬場:良

勝ちタイム:1分7秒7

着順 馬名 歳性 騎手 人気 通過順
1着 ダンシングワンダー 4牝 川田将雅 5 1 - 1
2着 パーリオミノル 3牝 藤岡康太 4 4 - 4
3着 レッドリーガル 4牡 C・ルメール 6 10 - 10

解説

大外枠からダンシングワンダー騎乗の川田騎手が注文をつけてハナへ。内枠を利したパーリオミノルはインのポケットでロスの少ない競馬。直線に向いてダンシングワンダーが突き放したところを内を捌いたパーリオミノルが追いかけ、外からはレッドリーガル1頭だけ伸びて来ました。

イン有利、先行有利がはっきりとした1戦。パーリオミノルの藤岡康騎手は中京だと人気以上の活躍を見せるので注意が必要ですね。勝ちタイムの1分7秒7はこのクラスだとかなり速い時計です。

 

9R 御在所特別 3歳以上500万下 芝1600m

頭数:16頭 馬場:良

勝ちタイム:1分34秒0

着順 馬名 歳性 騎手 人気 通過順
1着 サトノアッシュ 4牡 福永祐一 2 4 - 3 - 3
2着 ロワアブソリュー 3牡 M・デムーロ 1 7 - 7 - 5
3着 ラクアミ 4牝 松山弘平 6 1 - 1 - 1

解説

ラクアミのスローペースの逃げで馬群はひとカタマリになります。レース上りが33.7ですから、直線までに中団に取り付けなかった馬にはノーチャンスの競馬。

勝ったサトノアッシュは逃げ・先行馬を見る形で3、4番手を追走。福永騎手はスローペースを読んで4コーナーからの仕掛けで逃げるラクアミを捕らえて1着。ロワアブソリューはサトノアッシュの通ったコースを伸びて2着。このレースも外からは4、5着に押し上げるのが「やっと」というレースになりました。サトノアッシュの1分34秒0はスローペースとしてはやや速いタイム。

 

11R 豊明ステークス 3歳以上1600万下 芝1600m

頭数:9頭 馬場:良

勝ちタイム:1分33秒6

着順 馬名 歳性 騎手 人気 通過順
1着 タガノエスプレッソ 4牡 M・デムーロ 5 1 - 1 - 1
2着 グァンチャーレ 4牡 武豊 2 5 - 5 - 4
3着 キャンベルジュニア 4牡 福永祐一 1 3 - 3 - 3

解説

スタートでいくらか出負けしたタガノエスプレッソのデムーロ騎手がハナを取りきりスローペースに持ち込みます。前半600mが9Rの500万下と同じタイムなのでかなりのスロー。キャンベルジュニアはタガノの直後のインのポケットの位置取りで、その外にグァンチャーレという並びでした。

直線ではタガノエスプレッソ、グァンチャーレ、キャンベルジュニアの並びのまま流れ込んでのワンツースリー決着。レースの上り3Fが33.6ですから9Rのリプレイを観ているような……。

それにしても、ミルコは「前に行かないとノーチャンス」という馬場では、スタートで遅れてもきっちりとポジションをリカバーするのはさすがですね。

頭数が9頭と少なかったこととスローペースになったことを考えれば、この勝ち時計はソコソコ。

 

7月3日(日)の3鞍

土曜日のレースを観て、GⅢCBC賞は「どのくらい速いタイムが出るのだろう?」とドキドキした日曜日。CBC賞を含むて3鞍が行われました。

 

9R 美濃特別 3歳以上500万下 芝2000m

頭数:10頭 馬場:良

勝ちタイム:1分59秒9

着順 馬名 歳性 騎手 人気 通過順
1着 サンライズクロンヌ 3牡 M・デムーロ 4 2 - 2 - 2 - 2
2着 グランディフローラ 4牝 川田将雅 3 3 - 3 - 3 - 3
3着 シャケトラ 3牡 浜中俊 1 5 - 5 - 5 - 4

解説

1年前はシャケトラがここに出ていました。1年後にはGⅠ宝塚記念で4着に入る馬ですから、この3着は角居調教師と浜中騎手にとってはショックな敗戦になったでしょうね。

この表には載っていないものの、逃げたピースマインドは4着。サンライズクロンヌ、グランディフローラ、シャケトラが逃げ馬を交わしてそのままのワンツースリー。

逃げ・先行有利な馬場としても、ここまで露骨に直線に向いた時の位置取りが着順に表れるのは珍しい……。それほどにインが有利な馬場だったと言えますね。ミルコはこの日も前目の意識が強く、さすがの一言です。

500万下の2000m戦で2分を切る時計ですから、「高速」とまではいかなくてもソコソコの馬場は継続中。

 

10R 有松特別 3歳以上1000万下 芝1600m

頭数:12頭 馬場:良

勝ちタイム:1分34秒7

着順 馬名 歳性 騎手 人気 通過順
1着 ウインガニオン 4牡 和田竜二 6 1 - 1 - 1
2着 ピエールドリュヌ 5牝 鮫島克駿 8 2 - 2 - 2
3着 マリオーロ 4牡 川田将雅 4 3 - 3 - 3

解説

このレースは今でも悔しさが蘇る1戦。ピエールドリュヌが内から逃げると考えて1着付けの馬券を買っていたら、外からウインガニオンにあっさりとハナを譲ってしまい……。ただ、まぁ、ハナを譲るのはOK、でもね、スローペースなのに逃げ馬との間をあれほど空けては……圧倒的1番人気のアンドリエッテがスタート後手で後ろからの競馬になっていたとは言え、鮫島克騎手は4コーナー手前から後ろをチラチラと気にしてばかりいて、イヤな予感はしましたよ。

で、道中の位置取りのままのワンツースリー。これだけ「逃げ・先行」天国が続くと、さすがにメインのCBC賞でも前に行く馬が売れるという……。スローペースにも関わらず、2番手以下が道中で離され過ぎてしまい勝ちタイムは遅くなりました。

 

11R CBC賞 GⅢ 芝1200m

頭数:13頭 馬場:良

勝ちタイム:1分7秒2

着順 馬名 歳性 騎手 人気 通過順
1着 レッドファルクス 5牡 M・デムーロ 3 9 - 9
2着 ラヴァーズポイント 6牝 松若風馬 7 2 - 2
3着 ベルカント 5牝 藤岡康太 2 1 - 1

解説

ベルカントが好スタートからすっとハナへ、ラヴァーズポイントも促して2番手のポジションを確保します。ベルカントの前半3Fの通過は33.8ですから、このクラスと馬場を考えるとスローペース。

直線ではベルカントとラヴァーズポイント2頭の叩き合いを、大外から一気にレッドファルクスが32.7の脚で差し切る強い競馬。イン有利の馬場をこの瞬発力で差し切るのですから、この馬はやはり1400mがベストのスプリンター。レッドファルクスは昨年の秋にスプリンターズSを制し、今年も高松宮記念3着、安田記念3着と好走していますから力が違ったのでしょう。

1分7秒2はスローな流れとしてはかなり速いタイムで、瞬発力に長けた馬に向く舞台でした。

 

芝の含水率が低いと「逃げ・先行」天国に

上記の6鞍で逃げ馬は(3 - 0 - 2 - 1)ですが、馬券圏内に入れなかったピースマインドも4着に残っていることから、昨年の7月開催の中京芝はハナに立ってしまえば掲示板に載れてしまう「逃げ・先行」馬場。それにしても、道中の位置取りがそのまま着順になるというレースが多く、かなりの「インベタ(インコース有利)」馬場だったと言えます。

芝の時計は馬場の含水率が低ければ速くなるので、今週末にどれほどの雨量があるのかはチェックしておきましょう。

 

まとめ

「夏競馬!」の到来を告げる中京開催が7月1日(土)に開幕します。昨年のような「逃げ・先行」天国が出現するのか、それとも雨が降って外差しの効く馬場になるのでしょうか?

CBC賞を検討する上でも、土曜日のレースで馬場の傾向をつかんでおきたいですね。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

夏の福島競馬が開幕!ーーコースと馬場の特徴についての簡単解説 - ずんどば競馬