阪神JF(2017年)はマドモアゼルとモルトアレグロに期待して!ーー予想

f:id:hakusanten:20171210005035j:plain

2歳女王を決める阪神JFは来年のクラシックを占う上で大切な1戦。ここ5年の1〜3着馬を見ても、ソウルスターリング、レーヌミノルらメジャーエンブレム、レッツゴードンキ、ハープスターなどが3歳時にGⅠを制しています。

阪神JFは来春のクラシックを好走するような馬が、その素質だけでぶっこ抜いてしまうレースです。阪神芝1600m外回りは脚質の有利・不利が少なく、各馬が能力を出し切りやすいコース。

そのため、クラシック級の素質馬がそのまま好走することがままあります。「桜花賞やオークスを展望する素質馬がいるのか?」がレースを予想する上での大きなポイントです。

 

ロックディスタウンとラッキーライラック

今年の1、2人気はロックディスタウンとラッキーライラックの重賞馬2頭が務めます。新種牡馬オルフェーヴルの産駒として注目を集めるこの2頭が、来春のクラシックを展望できる馬なのでしょうか?

ロックディスタウンとラッキーライラックについては記事を書いたので、よければ以下をご覧下さい。

 

2頭はクラシック級の馬なのか?

ロックディスタウンの母ストレイキャットはキャットコインやワンブレスアウェイなどのOP馬を出している好繁殖牝馬。クラシック級の馬を出すだけのポテンシャルをもっています。

ラッキーライラックは活力のある母系の出身で、安定したレースぶりが魅力の馬です。クラシックをぶっこ抜けるレベルの馬かは、ここでわかるでしょう。

 

阪神JFは近年、時計の速い決着に

ここ5年、阪神JFの勝ち時計は1分33秒後半〜34秒前半がデフォルトです。これは阪神芝そのものが高速化していることと、クラシックを好走できるA級馬が出走していたからです。

 

1400〜1600ベストの馬が好走

オークスを制したソウルスターリングが昨年のこのレースを1分34秒0で走破したように、ピュアなマイラーでなくても素質だけでマイル戦を乗り切れます。

ただ、素質の図抜けた馬がいれば別ですが、全体的な時計が速くなるマイル戦は中距離馬よりも1400〜1600mベストの馬に向く(✳︎)レースとなることも。そのため、昨年3着のレーヌミノルのような1400〜1600mベストのスピードタイプもピックアップしておきたいところです。

✳︎「全体の時計が速い=高いスピードで追走する」能力が問われるため、道中で脚を削がれないマイラーが優勢になります。

 

予想

ロックディスタウンとラッキーライラックが好走できるかどうかを考えるよりも、1400〜1600mベストのスピードタイプ+人気薄の馬を探します。ピックアップするのは2勝馬の2頭。

マドモアゼル

モルトアレグロ

(内枠から順に)

マドモアゼルは前走のりんどう賞(京都芝1400m)を1分21秒7の好タイムで勝ち上がっていることから高速決着OKのスピードタイプ。また、そのレースの5着馬サヤカチャンがアルテミスSを2着と好走しており、レベルの高かった1戦でした。

モルトアレグロは1000〜1400mしか経験がないものの、中団〜好位で流れに乗れる馬なので、距離延長はそれほど苦にしません。スピードが豊かなSpeightstown産駒で、今年のNHKマイルCを2着と好走したリエノテソーロと似た配合です。

 

◯マドモアゼル 2歳牝馬

父:ブラックタイド

母:ポールポジションⅡ(母父:Pivotal)

厩舎:斎藤誠(美浦)

母父Pivotalはブルードメアサイアーとして優秀なスプリンターで、日本でもミッキーロケットなどの重賞勝ち馬を出しています。

母ポールポジションはPivotal×デインヒル×Miswakiと代々一流のスプリンターやマイラーがかけられた好配合で、小倉2歳S2着のサイモンゼーレ(父キンシャサノキセキ)など産駒にはスピードを伝えます。

マドモアゼルは父がブラックタイドに替わり、母のスピードで好位につけて、父のスタミナで粘り込む脚質となりました。外回り芝1400mの前走でもしぶとく脚を使っており、阪神外回りでもパフォーマンスを落とすことはないでしょう。

 

阪神JFに向けて

GⅠ級の馬なのかは「?」がつくものの、レーヌミノル型の好マイラーですから、素質馬の間隙をすくっての2、3着は十分にありえます。スンナリと好位のポジションを取れるメンバーだけに、粘りこみに期待。

 

▲モルトアレグロ 2歳牝馬

父:Speightstown

母:Mo Chuisle(母父:Free House)

厩舎:武井亮(美浦)

Speightstown産駒としては、母系に豊富なスタミナが入る好配合。今年のNHKマイルC2着のリエノテソーロと似たような配合で、1600mの高速決着はOKのタイプでしょう。

スピードとパワーに優れ、びゅんと加速できるのが最大の長所です。気性そのものは素直とは言え、母系に揉まれ弱いVaguely Nobleを引くので、外枠に入ったのはプラス。

 

阪神JFに向けて

マドモアゼルと同じように、1着まで突き抜けられるのかは「?」がつくものの、素質馬の間隙を……というシーンは十分に描けます。初めての長距離輸送をこなせればチャンスも。

 

◎はナシで

今回の◯と▲の2頭は1着まで突き抜けられるのかが不安なので、この印に。今回のレースは上位人気の4頭、ロックディスタウンとラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアがアッサリと突き抜けてしまうこともあるので、できるだけ人気薄で2、3着に入れる馬をピックしました。

1〜4人気の4頭は大きく割り引く材料もないので、◯▲の馬券の相手には拾います。

 

買い目

馬連や3連複だとオッズが厳しくなるので、◯▲を2、3着に据えた3連単を。マークシートの1着にはロックディスタウンとラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアの4頭を塗ります。

 

3連単

1着:4. 7. 11. 17

2着:6. 16

3着:6. 16

合計8点

 

まとめ

今年の阪神JFはソウルスターリングやメジャーエンブレム級の馬が現れるのかに注目の1戦。馬券としてはマドモアゼルもモルトアレグロも関東馬というのが不安点の1つ。もし、ロックディスタウンとマウレアが1着だと、まさかの「関東馬の上位独占」になってしまうので……。

皆さまにとっても素晴らしいレースになりますように。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。